これだけは食べておこう!名古屋で食べる老舗の王道かき氷の保存版




夏といえばかき氷。
やっぱりかき氷といえば、抹茶や黒蜜でしょ?って方に、名古屋の老舗の王道のかき氷をご紹介しますね。
夏だけのおいしさを楽しんでくださいね。

 

 

赤福茶屋の赤福氷

 

なんといっても一押しはこちら赤福茶屋の赤福氷。
少しこぶりですが、氷の中からは赤福のこしあんと白玉がでてきます。
抹茶のシロップも農耕で甘すぎず後味さっぱり。

これで520円とリーズナブルなので行列は必須です。
並んででも食べたい夏の1品です。

[blogcard url=”https://juno.nagoya/entry/%E5%A7%8B%E3%81%BE%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F%EF%BC%81%E8%B5%A4%E7%A6%8F%E6%B0%B7/”]

甘味処 柴ふくの黒柴ミルク

金山と大須の途中の住宅街にある「甘味処 柴ふく」。
便利な場所でもないのに、夏には暑い中いつも行列ができる人気店です。

こちらのお店の一番人気は「黒柴ミルク」。
けれどお店の魅力はおいしいかき氷だけではありません。
人懐っこい看板犬のくるみちゃん。
そして築100年の古民家のお店構え、店内に並んだアンティーク家具。
盛り沢山の深い味わいをぜひどうぞ。

[blogcard url=”https://juno.nagoya/entry/%E7%AF%89100%E5%B9%B4%E3%81%AE%E5%8F%A4%E6%B0%91%E5%AE%B6%E3%81%A7%E5%91%B3%E3%82%8F%E3%81%86%E7%B5%B6%E5%93%81%E3%81%8B%E3%81%8D%E6%B0%B7%E9%BB%92%E6%9F%B4%E3%83%9F%E3%83%AB%E3%82%AF/”]

老舗氷問屋の澤田商店

老舗の氷問屋が営む「澤田商店」。
気取らないお店の、どこか懐かしい素朴なかき氷。
クーラーのかからない店内で食べるかき氷は素直においしいです。

氷のプロの作るかき氷はシロップもお手製でまろやかな味わい。
気取らない本物のかき氷をいただけます。

[blogcard url=”https://juno.nagoya/entry/%E8%80%81%E8%88%97%E6%B0%B7%E5%95%8F%E5%B1%8B%E3%81%AE%E3%80%8C%E6%BE%A4%E7%94%B0%E5%95%86%E5%BA%97%E3%80%8D%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%AE%E3%81%8B%E3%81%8D%E6%B0%B7%E3%81%AF%E3%81%B5%E3%82%93%E3%82%8F/”]

両口屋是清のまんまるかき氷

名古屋老舗の和菓子屋「両口屋是清」さんが作るかき氷です。
まんまるの形がかわいらしいかき氷は上品な味わい。

名古屋にある4店舗それぞれに、限定の味が用意してある心憎い演出。
西尾抹茶のかき氷には両口屋自慢のあんが入っていますよ。

[blogcard url=”https://juno.nagoya/entry/%E4%B8%A1%E5%8F%A3%E5%B1%8B%E6%98%AF%E6%B8%85%E6%A0%84%E5%BA%97%E9%99%90%E5%AE%9A%E3%81%AE%E7%A6%8F%E5%B2%A1%E3%81%82%E3%81%BE%E3%81%8A%E3%81%86%E3%81%84%E3%81%A1%E3%81%94%E3%81%AE%E3%81%BE%E3%82%93/”]

さいごに

何度目からのかき氷ブームだそうですね。
けれどアラフィフ管理人は紫のかき氷とか、生クリームたっぷりのかき氷とかインスタ見ただけでお腹いっぱいです。
やはりかき氷は王道で勝負!の老舗のかき氷を名古屋でぜひ味わってくださいね。

老舗のかき氷には、ちゃんと熱いお茶がついてきますね(澤田商店さんは除きます)。
熱いお茶は冷えた身体だけでなく、麻痺した舌も温めて次の一口をおいしくしてくれます。