名古屋レトロ喫茶店巡り

国際センター『ロウズ コーヒー ROWS COFFEE』芒種の食パンでモーニング!スタイリッシュなコーヒースタンド

円頓寺散策スタートは『ロウズ コーヒー (ROWS COFFEE)』でモーニング。

大通沿いのガラス張りでスタイリッシュなコーヒースタンド、モーニングで芒種の食パンが食べられると聞いて寄ってみたのでレポ。

お店の場所は?

お店の場所は地下鉄桜通線 国際センター駅から徒歩5分ほど。

お店の前にはテラス席もあります。

自転車スタンドも完備です。

店内の雰囲気は?

ガラス張りなので明るい店内、ウッドのテーブルが並びます。

若者好みの雰囲気ですが、常連さんらしきおばあちゃんやおじいちゃんもいて地元に馴染んでる感じ。 この日も賑わっていました。

カウンター席もあり、ふらりとお一人様で気軽に寄れるのもいいですね。

まずはレジカウンターで注文、支払いを済ませます。

レジ横にはケーキ&カフェ ニコルの焼菓子、ここのフィナンシェ大好き!

モーニングメニューの種類と値段

モーニングの時間は芒種の食パンを(+150円税込)で追加でき、スプレットを選べます。

「本日のスプレット」と書いてあるので不定期で変わるのかも。

  • バター(四つ葉乳業)
  • アップルバター
  • レッドラズベリージャム
  • ピーナッツバター
  • 蜂蜜チーズ(+150円)
  • ピザトースト(+200円)

ドリンクメニューの種類と値段

  • ドリップコーヒー・・480円~
  • カフェラテ・・550円
  • カプチーノ・・550円
  • アメリカーノ・・480円
  • エスプレッソ・・400円
  • マキアート・・580円
  • チョコラータ・・680円
  • 抹茶ラテ・・580円

カフェラテ 500円+芒種トースト150円

朝から暑かったので『アイスカフェラテ』(550円税込)に『バタートースト』(150円税込)を。

コーヒーの苦味もしっかりしておいしいカフェラテでした。

四つ葉バターの『トースト』、通常メニューでは(300円税込)なのでモーニングタイムの11時までは半額で食べられるってことですね。

国産小麦粉と天然酵母にこだわった食パン、卵も使ってないので小麦粉の味わいを楽しめるシンプルな味わいです。

ブックコーナーもあったけど、置いてある本がこじゃれすぎた。

円頓寺商店街・四間道エリアのグルメをさらにチェック!

さいごに

シンプルな雰囲気は大須のmillに似てるかな? millの方がコスパ断然にいいけど。
そうそう、millさんは7月末までリニューアル準備でお休み中で8月1日オープンだそうですよ。

トーストとカフェオレ、芒種の食パンとは言え700円はモーニングプライスじゃないなぁ。

お店の雰囲気もスッキリとしすぎて個人的には殺風景すぎかなぁ。

おばさんの那古野おすすめカフェはこっち↓
四間道・古民家カフェ『カフェドサラ』アンティークに囲まれて贅沢モーニング四間道『月のうさぎ』大正ロマン隠れ家カフェ限定20食のお値打ちランチ、アンティークな店内が素敵!メニューや駐車場など名古屋駅近く『kakoカコ花車本店』のモーニング!メニューは?何時まで?駐車場はある?

店舗情報&MAP

<店舗情報>
ロウズ コーヒー (ROWS COFFEE)
住所:愛知県名古屋市西区那古野2-21-5(google mapで見る
アクセス:国際センター駅から359m
電話:非公開
営業時間:9:00~18:00
定休日:不定休
喫煙・禁煙:全席禁煙
座席数:13席(2人かけテーブル4組、カウンター3席、外に1テーブル)
駐車場:無(近隣にコインパーキング有)
食べログで口コミを見る

※ 記事の情報は公開日月時点のものです。

コメントを残す