昭和レトロ喫茶店巡り

熱田神宮『みなもカフェ』名物きよめ餅とお抹茶を!非公開「勾玉苑」歴史ある登録文化財を眺めながらいただく

令和3年秋にむけてリニューアル中の熱田神宮、きよめ餅やぜんざいがいただける「お休み処 清め茶屋」が閉店し一息つける喫茶が境内になくなってしまいましたね。

久々に訪れると大楠奥のいつも閉ざされている建物の入口が解放され、カフェがオープンしているではありませんか!

なんとこちらは一般参拝者には開放されない勾玉苑(まがたまえん)という神殿挙式の式場、何年も熱田神宮に来ているわたしも初めて見る景色が広がっていました。

お店の場所は?

お店の場所は手水のお隣にある大楠の奥、こちらの建物に人が出入りしているのを見るのは恐らく人生初なんじゃないかな。

入り口にカフェの案内が置かれていて気づきました。

みなもカフェとは?

みなもカフェとは一般参拝者には公開されていない勾玉苑を臨むカフェルーム。

「みなも神殿挙式」のウエイティングルームを利用したカフェで、勾玉苑の景観を楽しみながらドリンクや熱田名物きよめ餅が楽しめます。

「みなも神殿」にちなんでみなもカフェ、挙式が行われる日はお休みになります。

店内の雰囲気は?

結婚式のウエイティングルームに使われているだけあって広々と落ち着いた雰囲気、3面はガラス張りになっており景観を楽しめるよう窓際に机が並んでいます。

先客も帰り貸切状態になったので、初めてみる景色に席を立ってキョロキョロしているとスタッフさんが丁寧に説明してくださいました。

正面奥の奥にあるのが「みなも神殿」、水面で二艘小舟に支えられています。

雅楽の演奏に続き透廊を渡り、緑に囲まれた水面の神殿にて厳かに式が行われるそう。

両側には「龍影閣(りょうえいかく)」「又兵衛(またべえ)」「千秋閣(せんしゅうかく)」と歴史的価値のある個性豊かな3つの建物が祝宴の場として用意されています。

例えば「又兵衛(またべえ)」じゃ合掌造りの原型とされる江戸時代前期の建物で登録文化財、岐阜からこちらに移築された貴重な建築物。

「龍影閣(りょうえいかく)」は明治天皇のご休憩場所として造られ、こちらも登録文化財にしていされています。

「千秋閣(せんしゅうかく)」は源頼朝が元服祝賀の際にお手植えさたと伝えられる老松で昭和25年に建てられた数寄屋造りの建築物。

ガラス越しにチラリと眺められるだけですが、こんな素晴らしい歴史的建造物が隠されていたとは驚きです。

メニューの種類と値段

  • ブレンドコーヒー・・500円
  • 紅茶(レモン・ミルク)・・500円
  • オレンジジュース・・500円
  • アップルジュース・・500円
  • 抹茶・きよめ餅・・700円

せっかくの熱田神宮、お抹茶ときよめ餅を。

緑の庭園を眺めながらのお抹茶はまた格別です。

お土産も買える

入ってすぐのレジ前には「きよめ餅」や「宮きしめん」のお土産も販売しています。

さいごに

一般参拝者に非公開の勾玉苑がガラス越とは言え眺められるのは貴重な場所ですね。

挙式がある日はお休みなので、土日やお休みの確立が高いかもしれません。

営業日など詳細は公式サイトにてご確認くださいね。
http://www.atsutajingu.or.jp/kaikan/

熱田神宮で1日の日に開催される朔日市はいかがでしょう↓
「あつた宮餅」の入手方法も!名古屋・熱田神宮「あつた朔日市」へ行こう!

名鉄神宮前駅すぐにはきよめ餅直営店「喜与女茶寮」もありますよ。
熱田神宮【喜与女茶寮 】熱田名物『きよめ餅』土産で!和カフェでお抹茶とも楽しめます

お昼を食べるなら宮きしめんで、仮店舗で営業中です↓
熱田神宮【宮きしめん】1月限定『金しゃちきしめん』とお正月駐車場情報の裏ワザと注意点!

改装中になってから神鶏様の姿を見つけられなくなったのが寂しい。

※ 記事の情報は公開日月時点のものです。
最新状況については公式サイト、お電話にてご確認くださいませ。

店舗情報

<店舗情報>
みなもカフェ
住所:愛知県名古屋市熱田区神宮一丁目1番1号 熱田神宮境内(google mapでみる
アクセス:名鉄神宮前駅すぐ
電話:
営業時間:10:00~16:00(L.O.15:30)
定休日:不定休(結婚式や茶席がある日はお休み)
駐車場:熱田神宮駐車場(無料)

※ 記事の情報は公開日月時点のものです。

コメントを残す