>>名古屋の食パン専門店13選!<<

伊勢神宮『神代餅(かみよもち)』蓬の香がたまらない!創業100年「勢乃國屋」名物まんじゅう

伊勢神宮のお土産と言えば「赤福」があまりにも有名ですよね。
とはいえ昔々その昔から全国より参拝者が訪れる伊勢神宮には、神様のお供え物としされてきたお餅で作った名物まんじゅうが多くあります。

その一つが「勢乃國屋(せのくにや)」の『神代餅(かみよもち)』、天然の蓬(よもぎ)を使った『神代餅』、さっそくご紹介しましょう。

伊勢で100年以上の歴史を持つ勢乃國屋

大正2年、伊勢神宮前「茶房 太助庵(たすけあん)」が始まり。昭和44年に店名を改め現在の「勢乃國屋」に改めたそうで、創業100年以上の老舗です。
看板商品の『神代餅』は、1975年に皇太子殿下(今上天皇)に献上した由緒ある和菓子だそうです。

ちなみに「赤福」は創業1707年で300年!伊勢神宮の奥深さを感じます。

お店の場所

勢乃國屋の店舗は伊勢神宮近辺にいくつかありますが、今回伺ったのは”おはらい横丁”から歩いてすぐの「茶房 太助庵(たすけあん)」。
おかげ横丁からだとこちらのお店が一番近いです。

1934年から倉庫として使用していた建物を出来る限りそのまま残してリノベーションし、2008年にオープンしたそうです。

右手が茶房になっており、真っすぐ進んだ先が売店です。

和菓子の種類と値段

茶房がメインのようで売店はこぢんまりしていました。
すぐ近くにレストランを併設した大きな店舗があるようですが、和菓子の種類は揃っているので十分ですね。

粒あんの入った看板商品『神代餅』と、蓬餅にきなこをまぶした『みゆき餅』の2つを試食させていただきました。どちらもおいしかったです。

  • みゆき餅(8個入)・・650円
  • 神代餅(紅・白)・・各200円
  • 神代餅・・550円(6個入)/1,000円(12個入)
  • モナカ勢乃國(3個入)・・550円
  • 勾玉もなか 五季節の祈り5個入・・950円

神代餅6個入 550円税込

看板商品『神代餅(かみよもち)6個入』(550円税込)です。

パッケージが素敵なのでお土産にもぴったりですね。

中はちゃんと真空パックしてありました。

一つはちょっと小ぶり、ちょうどいい大きさです。
北海道産小豆、天然よもぎ、玄米から精米したもち米とすべて国産素材を使っています。保存料と着色料は一切使用せずに作っているそう。

やわらかくもっちりとした餅に粒あん、蓬が鼻に抜けておいしい。

本来は節句の日には邪気を払うと言われている蓬を入れた草餅を食べるのが習わしだそうですよ。
そういえば蓬って薬草としても使われますよね。

原材料はこちら

賞味期限(日持ち)は?

賞味期限(日持ち)は製造日から3日間です。

メニュー豊富!茶房 太助庵

お隣の倉庫をリノベーションしたという「太助庵(たすけあん)」、のれんがかかっていましたが入口の扉が素敵!倉庫が建てられた当時のものをそのまま残してるそうですよ。

あれこれ食べ歩いてしまったので、メニューだけチェックしてきました(笑)
なかなかに魅力的なラインナップ!今度は茶房も利用したいです。

  • ミニ伊勢うどん+あられ茶漬け・・700円
  • ミニ伊勢うどん+お餅3種・・700円
  • ミニ伊勢うどん+いもなか勢乃國・・700円
  • お餅のアラカルト・・煎茶セット550円/ドリンクセット700円
    (神代餅+みゆき餅(2個)+焦がし餅)

さいごに

名古屋では「赤福」は駅やデパ地下で買えるので茶屋では食べますが、お土産は赤福以外を買って帰ります。
伊勢神宮には他にもおいしい名物まんじゅうがたくさんあり、お店でいただけるものもあるのでぜひ食べ比べを楽しんでくださいね。

伊勢・おはらい町「赤福本店」創業310年、築140年の縁台でいただく赤福は格別!赤福『いすず 野あそび餅』当日先着順販売へ!どこで買える?行列は?何時に並ぶ?駐車場は?お味は?伊勢名物『二軒茶屋餅』がうまい!販売場所は?値段は?賞味期限は?黒糖もあるってホント?伊勢名物「へんば餅」をお土産に、おはらい町の店内でもお茶と一緒にいただけますおかげ横丁「ふくすけ」の伊勢うどん、定番と手打ち麺を食べ比べ!お土産もマスト!

店舗情報&MAP

<店舗情報>
茶房 太助庵 
住所:三重県伊勢市宇治今在家町144-10(google mapで見る
電話:0596-29-2323
営業時間:9:00~16:30(LO.16:15)
定休日:不定休
喫煙・禁煙:完全禁煙(テラスのみ喫煙可)
座席数:25席
駐車場:有
食べログで口コミを見る

※ 記事の情報は公開日月時点のものです。

コメントを残す