>>犬山城下町 食べ歩き21選!御朱印や体験も!<<

大須『たとか』古民家カフェでは最高かも!週末隠れ家カフェでほっこりモーニング

大須に古民家をリノベーションした素敵なカフェがオープンしたと聞き、さっそく足を運んできました!
築68年になる一軒家の実家をそのままカフェにしたそうで、品の良い姉妹で営んでいらっしゃいます。

古い家具やレコードなど思い出深い品ばかりだそうで、”いにしえ好き”には心躍るモノがいっぱいで宝の山!
「景観的文化的価値を有する建物」として登録されている建物は大きな建替えはない様子、家族の思い出と一緒に大切にされていたのが伝わるお店でした。

お店の場所は?

お店の場所は若宮大通沿い、大須観音駅をエレベーターで上がって歩いて4分くらい。

若宮北交差点を右折したところです。

入口も民家そのもの、まるでお友達の家に遊びにきたみたいです。

店内の雰囲気

入口の土間で靴を脱ぎ、靴箱に入れてあがります。入り口にスリッパが用意されていますよ。

入り口から部屋が見えるのが昭和風、このガラス扉もいい感じです。
戦後すぐにこの辺りで「一番小さい家」を購入されたそうですが、ふすまや鴨居や床の間、階段下収納など立派な造り。

二間を抜いたカフェスペース、和風ですがゆったりとしたテーブルとソファー席になっています。

あわよくば写真を撮らせていただこうとオープンと同時に伺うと一番のり!
写真を撮ってよいですか?と伺うと「どうぞどうぞ、お好きなだけ。」と快く言っていただけたのでバシャバシャやってきました(笑)

雑誌のラックに入っているのは「団塊の世代史」(笑)。
読もうと思ってたけど、写真に夢中になりすぎ忘れたのでまた今度。

メニューの種類と値段

ドリンク

  • コーヒー
    ブレンドコーヒー・・400円
    アメリカンコーヒー・・400円
    カフェオレ・・450円
    エスプレッソ・・350円
    カプチーノ(泡立てミルクのせ)・・450円
  • ティー
    セイロン紅茶(ポット出し)・・400円
    アールグレイ(ポット出し)・・400円
    ダージリン(有機・ポット出し)・・450円
    アイスティー・・400円
  • ラテ
    有機豆乳ココアラテ・・450円
    有機豆乳抹茶ラテ・・450円
  • その他
    オレンジ・りんご・トマト・ミルク・カルピス・・各450円
    ジンジャーエール・コーラ・・各400えん

デザート

  • 手作りデザート
    シフォンケーキ・・350円
    チーズケーキ・・350円
    クリームブリュレ・・350円
    ワッフル・・350円
  • ホットサンド
    ベーコンピザ・・500円
    ダブルコロッケ・・500円

10時のおやつ(10時~11時半)

  • ミニホットサンド・・ドリンク代のみ
    小倉あん・玉子・コロッケ

アフタヌーンセット(2時~4時半)

  • デザートセット・・600円
  • ホットサンドセット・・700円

空間だけでなく、お値段も「ほっこり」!
紅茶がポットサービスで400円、デザートセットで600円ってなんと人にもお財布にもやさしい。

ランチタイム

メインメニュー

  • 枯れ節ごはん・・700円
    (おかず・小鉢・サラダ・味噌汁付き)
  • チキンカツ・・700円
    (小鉢・ライス・味噌汁付き)
  • 牛すじカレー・・800円
    (サラダ付き)
  • スパイシーカレー(サラダ付き)・・700円

おすすめは「枯節ご飯」だそう。
おお!わたしが大好きな「ねこまんま」じゃん!キッチンで削りたての鰹節をだしてくれるんだそうですよ。ランチもいかねば!

10時のおやつ ミニ小倉ホットサンド

お手拭きは手縫いの布、母親の浴衣を縫いなおしているそう。

『ブレンドコーヒー』(400円税込)に小倉ホットサンドをつけてもらいました。
コーヒーちゃんとおいしいです。

熱々パリパリの小倉サンド、これはモーニング的な?

ランチョンマット代わりのレコード(本物)。
父親がレコード好きだったそうで、2Fにもかなり古いレコードプレーヤーが置いてありました。

壁には「丸栄」の1967年度カレンダー。

2階もこれまた素敵!

良かったら2Fも見て!と言っていただいたので「ハイ!喜んで!」と尻尾を振りつつ2Fへ。
ちなみに2Fはカフェスペースではありません。

階段横には収納スペース。階段に置かれた「足袋」がセンス良い。

ミシンは母親が実際に使っていたそう。姉妹マダムも小さな頃はこのミシンで服をつくってもらっていたんでしょうね。

古い建物はほぼそのまま、最低限手を加えているようです。これだけの姿を保っているのは、大切にしていたのはもちろん造りもしっかりしてたんでしょうね。

置かれているものもセンスが良く上品で、「センスの良い古民家」ランキングではダントツ一位!
2Fの家具はご両親が使っていたものを一つづつ丁寧にきれいにされたそう、きっとどれにも思い出が詰まっているんでしょうね。

これはいつの三ツ矢サイダー?

「そうそう、三ツ矢サイダーの箱見る?」と、マダムが見せてくれたのがこちら。

なんともかわいらしい「三ツ矢サイダー」の空き箱!

「朝日麦酒株式会社」「1打入(1ダース入)」と書いてあり、かなり古いものだと思われます。

公式サイトで調べると、「朝日麦酒株式会社」の設立が1949年(昭和24年)。1955年(昭和30年)のポスターには「アサヒビール」と書かれているので1950年代初期のモノかと思われます。
貴重なモノを見せていただきました!

さいごに

営業は週末「金・土・日」3日だけ、秘密にしておきたいような素敵なカフェです。
また「ねこまんま」食べにいかなくちゃ!

店舗情報&MAP

<店舗情報>
古民家カフェ たとか
住所:愛知県名古屋市中区大須2-2-10(google mapで見る
電話:052-898-4028
営業時間:10:00~17:00
定休日:月~木曜日
喫煙・禁煙:完全禁煙
座席数:
駐車場:無(近隣にコインパーキング有)
食べログで口コミを見る

※ 記事の情報は公開日月時点のものです。

コメントを残す