犬山城下町 食べ歩き28選!御朱印や体験も!

名古屋・錦『川口屋』若鮎など7月の和菓子6点ニッポンドリル林修先生

創業300年の老舗、名古屋・錦「川口屋」へ。店頭には夏らしい、涼し気な和菓子が並んでいました。

ニッポンドリルで林修先生が押していた若鮎、水ようかんも店頭にならんでますよ。

お店の場所は?

お店の場所は名古屋錦、地下鉄からは栄町ビルを地上にあがり、歩いて4分ほどの場所にあります。

7月中旬店頭に並んだ和菓子たち

  • 若鮎(わかあゆ)
  • 青嵐(せいらん)
  • 水中花(すいちゅうか)
  • 夏衣(なつころも)
  • 葉末の露(はずえのつゆ)
  • うず潮

いつもより少し遅い11時過ぎだったからか、タイミングが悪かったのか、今回並んでいたのは6点。
川口屋さんは値段が書いてありませんが、基本320円(税込)で20円ほど高い品もあります。

やっぱり6点全部をお買い上げ、食べすぎちゃうから少しにしとこうといつも思うんだけど、、、。

夏になったので冷蔵庫に入れたいところなんだけど、寒天で作られた「水中花」以外は常温でとのことでした。

若鮎(わかあゆ)

林修先生のおかげですっかり有名になってしまった「若鮎」。
わたしが伺っただけでも放送後店頭に並ばない間も、「若鮎は?」とお店にいらっしゃった方を2回目撃したので、皆さんお待ちかねかな。

もっちりとした生地に、粒あんを混ぜた道明寺が挟んであります。
こちらは鮎の解禁から8月末までと長い間作っているそうです。

青嵐(せいらん)

青い紅葉をのせた「青嵐(せいらん)」。
”初夏の青葉を揺すって吹き渡るやや強い風”のことだそう。

もっちりとした葛に散りばめた青、美しい。

割るのに失敗しちゃいましたが、中は白あん、そのまた中になめらかなこしあん。のどごしよい一品です。

水中花(すいちゅうか)

寒天にかかっているのは「ブルーベリー」、珍しく洋風ですね。

うっすらと中が透けて見えるのが絶妙。

中身は白あんと?? ブルーベリーとあんのコラボが新鮮。

夏衣(なつころも)

5月の唐衣から衣替えしたようです。

上品な水色と白はういろ。白あんの中にはこしあんが隠れていました。

葉末の露(はずえのつゆ)

「葉末の露」、風流な名前です。上にのった寒天が”露”かな。

中のあんは道明寺、あんは「ずんだ」が入っているのか甘さ控えめでさっぱり味でした。

うず潮

蒸かしたおまんじゅうの皮を丁寧に剥いているそうです。砕いた胡麻が渋いっ。

中は「粒あん」。女将が「素朴おいしい」とおっしゃってましたが素朴というには上品すぎ、でもホッとする味わいでした。

さいごに

季節ごとに風情のある和菓子を堪能できる川口屋さんです。

川口屋水ようかんはこちら↓
林先生絶賛『川口屋』の水ようかんを食べてみました!予約がおすすめ名古屋・栄にお店があります

むらさきや水ようかんはこちら↓
名古屋で水羊羹といえば【むらさきや】名古屋駅「高島屋」栄「松坂屋」でも購入可 ニッポンドリル林修

林修先生おすすめの名古屋和菓子屋さんはこちら↓
林先生おすすめ名古屋の和菓子屋「むらさきや ・川口屋・芳光」実食まとめ ニッポンドリル

全国の和菓子歩いた畑さんの本でも冒頭で紹介されています!

川口屋の記事をもっと見てみる

名古屋・錦「むらさきや」老舗の極上あんこ和菓子おすすめ5点、名古屋松坂屋にもお店があります 林修先生も絶賛!名古屋・東区『芳光』のわらび餅はとろけるような口どけ

店舗情報&MAP

<店舗情報>
川口屋
住所:愛知県名古屋市中区錦3-13-12(google mapで見る
電話:052-971-3389
営業時間:9:30~17:30
定休日:日祝・第4土曜日
駐車場:無(近隣にコインパーキング有)
食べログで口コミを見る

※ 記事の情報は公開日月時点のものです。

コメントを残す