>>犬山城下町 食べ歩き21選!御朱印や体験も!<<

名古屋・錦『創業300年 川口屋』5月下旬の和菓子5点

林先生も子どもの頃から通っているという、創業300年と言われる中区・錦の和菓子の老舗「川口屋」。

去年は6月の始めに伺い、紫陽花の和菓子をいくつかいただいたのでその前に足を運んでみました。
季節ごとに和菓子が入れ替わる川口屋、ついつい通いたくなります。

今回はお初の和菓子5個を購入。つつじ、菖蒲、杜若、燕の和菓子が並んでましたのでご紹介しますね。

お店の場所は?

お店の場所は名古屋錦、地下鉄からは栄町ビルを地上にあがり、歩いて4分ほどの場所にあります。

5月下旬に店頭に並んでいた和菓子

5月下旬、12時頃に伺いました。
川口屋は価格の表示はなく、(320円税込)くらいです。

  • 岩瀬のつつじ
  • 菖蒲薯蕷(あやめじょうよう)
  • わらびもち(こしあん・つぶあん)
  • 岩清水
  • 初かつを
  • ぬれ燕
  • 唐衣(からころも)

購入した5点

いただいたのはこちらの5点、すべてお初です。

菖蒲薯蕷(あやめじょうよう)

なんとも上品なあやめ、やさしい色合いが絶妙です。

もっちりとした生地にこしあん。安定のおいしさです。

ぬれ燕(ぬれつばめ)

「ぬれ燕」。定番の和菓子で、梅雨の時期に雨に濡れながら飛ぶ燕のことで春の季語だそう。
同じ名でつばめの姿を描いたお饅頭が多いようですが、濡れた燕が羽を縮めている姿かしら?

中は粒あん、透明感のある黒糖寒天が美しい。
黒糖好きとしてはこれが一番おいしそう!と買って帰ったら、次女子もこちらが一番気になったみたいです。母子だなぁ、、、。

岩瀬のつつじ

「岩瀬のつつじ」。説明の必要なく美しいです。

中はしそ味の道明寺。塩気がきいておいしい。

唐衣(からころも)

「唐衣 着つつなれにし 妻しあれば はるばる来ぬる 旅をしぞ思ふ」
六歌仙の一人「在原業平(ありわらのなりひら)」が都に残してきた妻をしのび、杜若を見て詠んだ歌。

それぞれの句頭に「か・き・つ・ば・た」の五文字を折り込んだこの有名な和歌に因み、杜若を唐衣に見立てた和菓子なんだとか。

唐衣って十二単のことかと思ったら(正確には十二単の一番上に着る丈の短い服)、それは「からきぬ」らしい。
同じ唐衣と書いて「からころも」は、めずらしく美しい着物のことなんだとか。

あわい藤色に凹んだ部分にうっすらと黄色が透けて見えます。

まとった薄い藤色は外郎、中は白こしあんに粒あん。手間かかってます。

初かつを

「初かつを」、美濃忠が有名ですよね。笹の葉は本物です。

「かつを」というよりマグロの刺身?←情緒がなさすぎ、、、。

さいごに

今回もご馳走様でした。

全国の和菓子歩いた畑さんの本でも冒頭で紹介されています!

川口屋の記事をもっと見てみる

名古屋・錦「むらさきや」老舗の極上あんこ和菓子おすすめ5点、名古屋松坂屋にもお店があります 林修先生も絶賛!名古屋・東区『芳光』のわらび餅はとろけるような口どけ

店舗情報&MAP

<店舗情報>
川口屋
住所:愛知県名古屋市中区錦3-13-12(google mapで見る
電話:052-971-3389
営業時間:9:30~17:30
定休日:日祝・第4土曜日
駐車場:無(近隣にコインパーキング有)
食べログで口コミを見る

※ 記事の情報は公開日月時点のものです。

コメントを残す