犬山城下町 食べ歩き28選!御朱印や体験も!

瑞穂区『山田餅本店』ブルータスでも紹介!地元で愛される創業80年の老舗お餅屋さん!

名古屋・瑞穂区、瑞穂通りに面した『山田餅本店』へ行ってきました。

子どもの頃はご近所に住んでおりまして、おやつにここの鬼まんじゅうやういろ、蒸しカステラを食べてましたし、お正月にはお餅を予約して買ってました。

今年ブルータスで初の名古屋特集でも紹介され、なんだか誇らしい気持ちになってしたったのでした。

お店の場所は?

お店の場所は地下鉄桜通線「桜山」駅下車、5番出口より徒歩5分ほどあるいた場所。
博物館の通りを隔てたお向かいになります。

わたしが子どもの頃には、年末になるとお店の前にはお餅を蒸した木箱が高く積まれて並んでいたのを覚えてます。
昔は大らかでしたねぇ、、、。

お店には昔と変わらぬ大福、草餅、おはぎ、鬼まんじゅう、赤飯なんかが並んでました。

おまんじゅうを木箱に並べて、箸で取り出すのもそのままだった気がします。

さらにこちらの包装紙もそのまま! 昔はプラパックじゃなくて紙にくるんでましたけどね。

和菓子巡りツアー2軒目、芳光でわらび餅を購入した後だったので3個だけ購入。
どら焼きはお土産にいただきました。

ブルータスで紹介「古代米おはぎ」130円税別

「ブルータス」で紹介された「古代米おはぎ」。
こんなのあったっけ?と思ったら10年くらい前に登場したらしいです。

もっちりとした古代米にずんだあん、外はココナッツ。

ずんだあん、粒が粗く残してあり食感が楽しいです。 古代米もかなりもっちり!

ゆかりおはぎ 150円税別

”新発売”と書かれていた「ゆかりおはぎ」(162円税込)、老舗の人気店でも新商品にチャレンジしているところはさすが!

ゆかりとこしあん。 「桜餅っぽい味」と相方がいってましたが確かにそうかも。
ゆかりの塩気がいい塩梅です。

鬼まんじゅう 150円税別

あまりの懐かしさに購入した「鬼まんじゅう」、すごくおいしい。
よくおやつに食べてました。

めいしどらやき

名市大(名古屋市立大学)の学生とのコラボで「めいしどらやき」だそう。
栗の粒がはいってボリューミィで美味しいどら焼きでした。

若雀のういろう

和菓子ツアーの最後は山田餅本店の後、お向かいの博物館並びにある若雀へ。ツアーガイドの大竹さんにういろうを薦められ購入して帰りました。

「黒糖外郎」は確か550円くらいでしたが、昔ながらの製法で作られたもっちりとおいしいういろう、また食べたい。

さいごに

昔食べた和菓子屋さん、まだ現役で頑張っており新商品まで出しているのは本当に嬉しいです。

今では4店舗まで増えているそうで、それぞれのお店でわたしのように「思い出の味」になっているんでしょうね。
また買いに行きたいです。

店舗情報&MAP

<店舗情報>
山田餅本店
住所:愛知県名古屋市瑞穂区瑞穂通1-18(google mapで見る
電話:052-841-1501
営業時間:9:00~19:00
定休日:火曜日(祝日の場合営業)、第3水曜日
駐車場:無(近隣にコインパーキング有)
食べログで口コミを見る

※ 記事の情報は公開日月時点のものです。

2 COMMENTS

わんこなり

名市大のどらやきだ〜(卒業生なので…)
でも、タイトルが「まいしどらやき」…

返信する
じゅの

わんこなりさま
ご指摘ありがとうございます

遥か昔、名市大の小さな裏山で冬に雪が降ると段ボール敷いてスキーしてました(笑)

返信する

コメントを残す