>>ららぽーと名古屋グルメ大特集!<<

『スイートオブオレゴン』フルーツたっぷりの贅沢パフェはまさにキングオブスイーツ!

名古屋・名東区にある、チーズケーキの専門店「Sweet of Oregon (スイート オブ オレゴン)」。
チーズケーキだけではなく、フルーツをたっぷりと使ったカフェのスイーツがよくメディアに出てますよね。

あの「ティンバー」のパフェが食べたくて名東区のお店まで行ってきました。
ちょっと不便な場所ですが、テイクアウトと隣接したお店は高級レストランようにおしゃれでびっくり。
パフェも期待通りにボリュームたっぷりでおいしくて大満足だったのでした。

お店の場所は?

お店の場所は名東区牧之原、駐車場が充実しているので車が便利です。
公共機関だと地下鉄星が丘駅から市バスで10分ほど、バスは1時間に5本ほど往復しています。

おしゃれな高級レストランのように緑に囲まれた素敵なカフェ、お隣はテイクアウトになっておりかなり立派な建物です。

こちらはカフェの入り口、順番待ち用のベンチがいくつか並んでいました。

店内の様子と雰囲気

平日のこの日は10分前に到着したら5組目、開店までには10組ほどが並んでいました。
開店5分ほど前にドアが開いて店内の待合室に入れてくれますので、そこで順番に名前を書いてさらに待ちます。

こちらが待合室ですが、ゆったりとしたソファーもありインテリアも素敵。街中ではこれほどゆったりとした待合室なんてありませんよね。

待合室のすぐ奥は、右がキッチンで左がテラス席になっています。
手前のショーケースの前を通り過ぎて奥がカフェになっており、一人づつ名前を呼んでくれて案内してくれました。

テーブルは2人掛けがメイン、大きなテーブルは相席で奥はテラス席になっています。

この日は暑くてさすがにテラス席には案内されていませんでした。

パフェメニューの種類と値段

お目当ては何といってもパフェ!7月中旬にうかがったのでメインのフルーツは旬の白桃とブルーベリーでした。メニューは季節ごとに変わります。

  • ティンバーマンゴーパフェ・・1,620円税込
  • 白桃のキングパフェ・・1,600円税込
  • フレッシュブルーベリーとチーズ・・800円税込
  • 丸ごと桃のチーズケーキ・・864円税込

 

ティンバーマンゴーパフェ 1,620円税込

一つめは、メキシコ産アップルマンゴー(アーウィン産)を丸ごと1個使用した「ティンバーマンゴーパフェ(1620円税込)」。
上から、チーズコルネ、マンゴーチーズクリーム、マンゴー、ブルーベリー、チーズクリーム、マンゴー、バニラアイス、自家製マンゴーピューレ、ブルーベリー。

別にお皿を用意してくれるので、こちらに”ティンバー”していただきます。ティンバーとは「木を倒す」って意味なんですって。
これだけで出てきてもおいしそうですよね!

たっぷりのクリームはマンゴーチーズクリーム、センターにはチーズクリームを詰め込んだコルネです。
このクリーム、生クリームだったらクドそうなんですがあっさりめのチーズクリームでおいしいのです。

さらにはパフェグラスにもマンゴーがたっぷり、こちらはしっかりと熟したマンゴーでめちゃうまでした。
バニラアイスとマンゴーピューレがこれまたうまうま、ブルーベリーの爽やかな酸味がちょうどいいアクセントでした。

白桃のキングパフェ 1,600円税込

2つめはももを2個丸ごと使った「白桃のキングパフェ(1,500円税込)」。
上から、大きな桃丸ごと1個、ダークチェリーとチーズクリーム、パイクラム、スライス白桃1個、チーズクリーム。

本当に大きな白桃で大満足です。

桃の真ん中にはダークチェリーが入ってたんですが次女子に盗られました。食べ頃でスッとフォークが入って甘くてジューシー。

こちらのスポンジのクッションと白桃スライスの土台に支えられ、白桃の女王様が鎮座されていたようです。
パフェグラスは次女子が平らげたので味はわかりませんが、「めっちゃうま~~。」とはしゃいでいたのでおいしいのでしょう。

ボリューミィなパフェですが、ほとんどがフルーツなので案外ペロリと食べられちゃいました。
マンゴーも桃もおいしかったしね、ここのお店のチーズクリームは生クリームよりもたれないですね。

お会計はテーブルで

さて帰ろうかと思ったらレシートがない?と思ったらこちらがテーブルに置いてありました。
スタッフさんを呼んで「お会計お願いします。」というと、テーブルまでレシートを持ってきてくれてテーブルでお会計を済ませます。

その他のメニューは?

テーブルには日付入りの紙のメニュー表が置かれてました。
季節によってこまめにメニューが変わるんでしょうね。

ドリンクはコーヒー500円~、ハウスティー500円~、オレゴンパンケーキ900円~。

チーズケーキ各種650円~、白桃のチーズタルト810円、マンゴーと自家製キャラメルのパンケーキ1,800円など。
チーズケーキは7種類から選ぶことができます。

ランチメニュー 1,200円税込


お得な「チーズパンケーキセット(1,200円)」がランチのようで、パフェ以外はほとんどの方がこちらのセットを頼んでいました。
平日は終日オーダーできますが、土日祝日はオープン~午後2時までの限定になっていました。

本日のパンケーキにドリンクと好きなチーズケーキ1/2(ハーフサイズ)がつくのでかなりお得ですね!
もっと近かったらわたしも食べに行くのになぁ。

パフェ、タルト、チーズケーキなどは季節によって変わるようです。

他には低糖質、グルテンフリーの”クラウドブレッド”各種。これもおいしそうですねぇ。

予約は?

残念ながら席の予約は今年2018年6月で受付を終了、順番に並ぶしかないようですね。
商品の予約は可能なので、0120-875-201へ 月~金 9:00~17:00に電話予約をしましょう。(月曜日は定休日ですが電話可能のようです)

平日のこの日は開店前に10組ほどが並び、15分ほどで席が埋まってしまいました。帰る頃にはすでに待っている方は数組みいらっしゃいましたよ。
土日はかなりの行列になるようです。

駐車場は?

駐車場は第1~4までとかなりの台数があります。
第3駐車場は手のの東側で少し離れているのでご注意くださいね。

8月からカフェのオープン時間が変更になります

2018年8月1日(水)より、カフェのオープン時間が11時から12時に変更になるそうです。
さらにはお盆休みが13日(月)~15日(水)まであるのでこちらもご注意を。

今年の名古屋は朝から猛暑なのでくれぐれも早くついて熱中症なんてことにならないでくださいね。

名古屋駅にもお店があります

わたしも初めてしりましたが、ジェイアール名古屋タカシマヤの地下食品フロアにもテイクアウトのお店があるそうですよ。
ぜひそちらにも行ってみたいと思います!

さいごに

「スイーツオブオレゴン」のオレゴンは、アメリカ合衆国オレゴン州でオーナーパティシエが出会った、チーズケーキ名人『グランマ・ギルス』から秘伝のレシピを受け継いだのが名前の由来のようです。

「スイート」は、「甘い・スイーツ」という意味だけではなく「優しい」という意味合いも。
ひとつづつ丁寧に作られるチーズケーキ、季節や旬の素材を使い自然で優しいおいしさを感じられるチーズケーキに仕上げてるんだそうですよ。

広い待合室、豪奢な洋館のようなお店、高い天井、テーブル会計、気持ちの良いスタッフなどなど。
オーナーパティシエがスイーツだけでなく、わたしたちお客にも愛情を注いでくれているのが伝わるお店でした。
また是非うかがいたいですね。

MAP

<店舗情報>
Sweet of Oregon 本店 (スイート オブ オレゴン)
住所:愛知県名古屋市名東区牧の原2-607
電話:0120-875-201
営業時間:テイクアウトショップ 10:00~19:00/カフェ 12:00~17:00
定休日:定休日:月曜日(祝日の場合は営業、翌日火曜日定休)※TELは月~金9:00~17:00
駐車場:有/第1~4駐車場あり※第4駐車場は~16:00まで
参考サイト:http://www.ccake.jp

※ この記事は2018年7月時点の情報です。

コメントを残す