犬山城下町 食べ歩き28選!御朱印や体験も!

リバージュモンシェール『名古屋限定オムレット』200円で堂島ロールWクリームを満喫!

名古屋・納屋橋に4月7日(土)にオープンした、パティスリー・オープンテラスカフェ『リヴァージュモンシェール( rivage-moncher)』。
堂島ロールが看板商品のモンシェールが展開する新ブランドのカフェです。

カフェメニューはオープンホットサンド、フルーツサンドなどフードメニュー、スイーツメニューに小倉トーストクリーム、クリームフォンデュ、ドリンクメニューはフルーツティやオリジナルブレンドのコーヒーが楽しるとのこと。
今回、堂島ロールのクリームとカスタードクリームがダブルで味わえる、名古屋限定の「クリーム・オムレット」をテイクアウトしてみました。

お店の場所

お店の場所は名古屋・納屋橋の堀川沿い、広小路通と錦通の間です。
堀川沿いの散歩道からも店内に入ることができ、こちら堀川側のテラス席からの入り口になります。

お店の様子と雰囲気

店内は3分の2が販売スペース、カフェスペースは1階と2階、テラス席が堀川沿いにあります。

天井が高くて開放的で明るい雰囲気です。

カウンター側に堂島ロールや生ケーキ、プリンやクリーム・オムレットなどが冷蔵ショーケースに並びます。
生ケーキはカフェスペースでいただくこともできます。

窓際にきれいにディスプレーされ、閉店した伏見店を思わせますね。

名古屋限定「クリーム・オムレット」とは?

今回は名古屋限定の「クリーム・オムレット」をテイクアウトしました。
たった216円で、堂島ロールのクリームとカスタードクリームを堪能できてしまうという夢のような1品です。

もう一度言いますが1個216円、2個432円で立派な箱にいれてくれるという太っ腹ぶり。
それなのに1個は生クリームが崩れてしまい、色々申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

なんと金粉つきなんですよ!「名古屋」というとゆかり黄金缶と言い、なんで”金”なんでしょうね?
重さは38gと小さめですが、クリームはたっぷりです。

生クリームの下にはバニラビーンズの入ったカスタードクリーム。
ダブルでクリームが味わえて200円、名古屋に生まれてよかった!

ふわふわのオムレットにたっぷりのクリーム、シンプルな材料だけにしっかりとクリームを味わえます。

テイクアウトのケーキの種類

看板商品の堂島ロールも各種揃っていますよ。

生ケーキは450円前後で5種類が並んでいました。

 

右上が名古屋限定の「クリーム・オムレット(216円税込)」。
手前の苺がのっているのが季節限定の「苺のハッピーポーチ432円(税込)」です。

おすすめの焼き菓子

他に名古屋限定のパウンドケーキも5種類、かわいらしいクッキーの詰め合わせなど多数。
その中で気になったものをご紹介しますね。

 

名古屋限定「ケーク・オ・テ・ジャンジャンブル」/1,609円

パステルカラーのマカロンがのったかわいらしいビジュアルながら、なんとしょうがを使ったパウンドケーキ。
上にゴロゴロとのっかっているんはりんごのドライフルーツなんだそうですよ。

単品のクッキー&バラのフィナンシェ

左がクリーム・フォンデュのメニューにも使われている、バラのフィナンシェのミニサイズ(216円税込)。
右はクッキー(162円税込)と単品で購入できる焼き菓子、自宅でちょっと食べたいって方にはおすすめ。

3つの味が楽しめる!「春の三色ロール」/1,780円(税込)

こちらは一度に3つの味が楽しめてしまうという、嬉しいロールセット!
定番の堂島ロール、桜のロール、カフェモカロールの3色、こちらも季節限定なので買い逃しなく!

さいごに

堂島ロールの2つのクリームが気軽に味わえる「クリーム・オムレット」は絶対おすすめ!
ワンハンドの食べきりサイズで、手土産にするにも堂島ロールよりいいかも。

カフェメニューにも自慢のクリームを堪能できるメニューがいっぱいです。
さらにはフルーツサンドやフルーツティーなど果物を使ったメニューも充実していますよ。
オープンテラスでティータイムを楽しんでみてはいかがでしょうか。

店舗情報&MAP

<店舗情報>
リバージュモンシェール(rivage-moncher)
住所:名古屋市中村区名駅5丁目24番5号(google madでみる
電話:052-446-7220
営業時間:10:00~
定休日:無休
駐車場:無(近隣にコインパーキング有)
食べログで口コミをみる

※ 記事の情報は公開日月時点のものです。

コメントを残す