昭和レトロ喫茶店巡り

名古屋・栄 錦『川口屋』、創業300年1月のお正月和菓子

お正月明け、久々の川口屋さんへ。

去年はなかなかタイミングが合わなくて行けず、年明けにお店が始まるのを待ってやっと行ってきました。

お正月の和菓子はとっても華やか、特別感ありますね。

お店の場所は?

こちらは夏に撮影したもので秋冬はのれんが黒です。

お店の場所は名古屋錦、地下鉄栄駅1番出口を出てから歩いて3分ほどの場所にあります。

ビルが立ち並ぶ中、こちらだけオーラが違うのでわかるかと思います。

お正月の和菓子

1月初旬に並んでいた和菓子、去年と同じですね。

  • 花びら餅
  • 五葉松(ごようまつ)
  • 鶴薯蕷(つるじょうよう)
  • 紅梅(こうばい)
  • 若松きんとん
  • 我が春
  • 椿餅(つばきもち)
  • 松笠(まつかさ)

2020年に購入した6点。

2021年購入した5点。

葩もち(羽二重餅製味噌庵牛蒡)

平安時代の新年行事『歯固めの儀式』を簡略化したもので、600年にわたり宮中のおせち料理(宮中雑煮を簡略化したもの)の一種です。
新年の初釜に使われる和菓子の一つでもあります

ふんわりと柔らかな羽二重もちの中には柔らかく炊いた牛蒡とピンクに染めた味噌餡が入っています。

川口屋Instagramから引用させていただきました。

『葩もち(はなびらもち)』(370円税込)、真っ白なお餅にうっすらと見えるピンクのあんがかわいらしいです。

中のあんはとってもきれいなピンク! かわいらしい見かけによらず牛蒡の風味と味噌餡の塩味がクセになるお味。

鶴薯蕷(薯蕷製紅餡)

『鶴薯蕷(つるじょうよう)』(340円税込)、こちらは去年購入したもの。
赤い小さな点で丹頂鶴で風情ありますよねぇ。

翼を休めて寝ているところでしょうか。くぼみの部分は尾っぽみたいだけどどうなんでしょう?
あれこれ想像してみるのも楽しいです。

中は紅餡、花びら餅とは若干固さが違うようです。

若松きんとん(練り薯蕷製道明寺芯)

お正月になると必ず目にする松は常に青々とした葉を保つことから、日本や中国などで古来から縁起の良い食物とされています。
お正月に使用される松の中で門松やしめ飾りなどで使われる”若松”を意匠とした和菓子。

練り薯蕷を綺麗な黄緑に染め若松に、中はおこわ状の道明寺となっています。

川口屋Instagramから引用させていただきました。

『若松きんとん』(340円税込)、2020年購入したもの。
若草色のきんとんに小豆がのっかっています。

中は道明寺、絶妙な色合いがなんとも美しい。

五葉松(草餅製粒餡)

『五葉松(ごようまつ)』(320円税込)、2020年購入したもの。 見た目が渋い!

もっちり蓬餅に粒あんがたっぷり、よもぎの味がしっかりとしておいし~。

我が春(道明寺もち製黒糖こし餡)

『我が春』(320円税込)、今年の干支「丑」の焼き印。うっすらとピンクと黄色のあんが透けて見えてます。

2020年は「亥」でした。

道明寺に黒糖こし餡、道明寺も黒糖も大好きなのでマスト買いです。

紅梅(こなし製こし餡)

梅には全部で300もの種類がありますが、大きく分けると”紅梅(こうばい)”と”白梅(はくばい)”に分けられます。
紅梅の絵だの断面は赤く、白梅は白いので開花前でもどちらの花が咲くかわかるようです。

赤く染めたこなしで梅の格好をつけました。
中にはこし餡が入っています。

川口屋Instagramから引用させていただきました。

『紅梅(こうばい)』(340円税込)、ふっくらとした肉厚感と上品な赤、思わず見とれてしまいます。

置き物のオブジェみたい。

去年も割ったけど、やはり中も覗かないと気がすまない(笑) 絶妙な3カラーのハート。

松笠(粒餡付き求肥黒羊羹かけ)

『松笠』(340円税込)、こちらはお初にいただきます。
見た目クランチチョコみたいだけど、持つと”ふにゅう”とやわらかい。松の枝も本物です。

やわらかな求肥を粒餡で包んで黒糖の羊羹でコーティング。なにこのふにゅふにゅのおいしさ。

わらび餅(こし餡)

『わらび餅』(330円税込)、きな粉の香ばしい香りがします。川口屋さんは”こし餡”か”粒餡”を好みで選べます。

去年からパパンがわらび餅が食べたいと言っててやっと入手、「めちゃくちゃうまい!」と喜んでました。

名古屋でわらび餅と言えば芳光が有名ですが甲乙なしでどちらもおいしいです。

予約してから行くのがおすすめ

現在コロナ対策として入店は2人までに制限しており、予約しやすいように当日販売する和菓子をTwitterInstagramで毎朝告知されてます。

わたしも少しだけで予約するのも?と思いましたが、後ろに並ぶ方がいたら寒い中気の毒かなと電話で予約して伺いました。 名前を言ってお会計するだけなので楽チンですよ。

消費期限は?

消費期限はわらび餅のみ当日限り、他は翌日までの2日間です。

生菓子のお取寄せも

Instagramに”生菓子の発送も始めました”とのお知らせがありました。

予約は詳細お電話にて、気さくな女将さんなので気軽にお問合せくださいね。

さいごに

川口屋さんの和菓子はやっぱり見るだけでも楽しいし、食べるとさらに嬉しい。 今年はもっと行けたらと思います!

見た目は同じでも中が若干変わっていた時があったので、2020年に購入したものは明記しております。

※ 記事の情報は公開日月時点のものです。
最新状況については公式サイト、お電話にてご確認くださいませ。

全国の和菓子屋さんを歩いた高島屋バイヤー畑さんの本でも冒頭で紹介されています!

川口屋の記事をもっと見てみる

名古屋・錦「むらさきや」老舗の極上あんこ和菓子おすすめ5点、名古屋松坂屋にもお店があります 林修先生も絶賛!名古屋・東区『芳光』のわらび餅はとろけるような口どけ

店舗情報&MAP

<店舗情報>
川口屋
住所:愛知県名古屋市中区錦3-13-12(google mapで見る
電話:052-971-3389
営業時間:9:30~17:30
定休日:日祝・第4土曜日
駐車場:無(近隣にコインパーキング有)
食べログで口コミを見る

コメントを残す