>>名古屋の食パン専門店13選!<<

井村屋『えいようかん』が「災害備蓄品」として超優秀な10の理由

ネットで羊羹の賞味期限が話題になっていたので、我が家で備蓄している「井村屋 えいようかん」を思い出し、引っ張り出して食べちゃいました(笑)

「えいようかん」は、5年間長期保存だけでなく、やわらかくのど越しがいいので小さな子どもやお年寄りも食べやすく、水も火も不要で手を汚さずに食べられと、災害用備蓄にピッタリ!
新潟で大きな地震もあり、ぜひ備蓄に加えて欲しいので災害備蓄におすすめの理由5つご紹介します。

①5年長期保存が可能

「えいようかん」は5年間の長期保存が可能です。
井村屋の同じサイズの通常商品の賞味期限は1年間ですが、井村屋が長年の羊羹製造技術を生かして長期保存を実現したそうです。

わたしがネットでみた羊羹の消費期限についてのツイートと、和菓子屋さんの返答です。
わたしも賞味期限が過ぎても食べられそうなら食べちゃう人ですが、災害備蓄用ならちゃんとした賞味期限のものを揃えたいですよね。

羊羹は保存食。
メーカーはとりあえず賞味期限を2年に設定したが、「合成保存料を使っているのか!」とクレームが相次いだ為に一年とした。
羊羹は賞味期限が2年に設定しているが、実際には30年持つ。

羊羹は確かに保存食ですが、現代では配糖率を下げた羊羹も多く、またパウチされていない物も多くあります。
芽胞菌食中毒の恐れもあるパウチ食品の過信は死亡事故にもつながりかねないので、こうゆう事を安易に流布することも信じる事も本当にやめてもらいたい。

②かさばらず食べきりサイズ

一本の大きさはこのくらいなので場所を取りませんよね。
食べきりサイズで、1個あたり171kcalです。

③道具を使わずに開けられる

手で後ろの切り込みを横に引いて、力を入れなくても簡単に開けられます。
ハサミ不要で手を汚さずに開封することが可能です。

④手を汚さずに食べられる

下部を指で押さえながら押し出せば、手を汚さないまま食べきることができます。
水が貴重な災害時、手を汚さずに食べられるのは衛生的にも助かりますね。

⑤水も火も不要

羊羹なので水も火も不要。調理も温めもする必要がありません。

⑥やわらかくのど越しがいい

やわらかくのど越しがいいので、小さな子からお年寄りまで食べやすいです。

⑦アレルギー指定原材料等不使用

原材料

  • 砂糖
  • 生あん
  • 水あめ
  • 寒天

原材料は極めてシンプル。アレルギー指定原材料不使用で心配なく食べられます。
保存食品と言えど砂糖たっぷりという訳でもなく、ちょうどよい甘さです。

⑧値段もリーズナブル

「えいようかん」は一箱5本入りで(540円税込)、一本当たり100円ほどとお値段もお手頃です。
災害用備蓄商品だと割高なものが多いのですが、こちらはコスパも優秀です。

⑨賞味期限前の消費が苦でない

災害用の備蓄商品って、フリーズドライや乾パンなど普段は食べないようなものが多いですよね。
おいしくはないので、賞味期限が過ぎる頃に食べて消費するのがかなり苦痛じゃないですか?

「えいようかん」は普通の羊羹なので、これならおやつとしておいしく食べられます。
地味だけど有難い!

⑩災害伝言ダイヤルの説明書付き!

「えいようかん」の箱の裏には、「災害用伝言ダイヤル」の使い方が詳しく印刷されています。
スマホで調べることもできますが、貴重な電池を使わず説明書を見ながらスマホの操作ができます。

さいごに

さて、いかがでしょうか。
残念ながら普通のスーパーには置いていないのでネットで購入してますが、送料を考えるとAmazonが一番安いです。
東京ハンズでも見かけますが定価(540円税込)なので、Amazonで送料無料になる5個セットで買った方がお得ですよ。

撮影用と言い訳して食べちゃったので、また追加で頼んじゃいました!

 

わたしは断然あんこ派ですが、チョコ味もあるみたいです。

コメントを残す