犬山城下町 食べ歩き28選!御朱印や体験も!

吹上『ビケット』彩り豊かなフルーツタルトがおしゃれでおいしい!メニューは?駐車場は?

11月はわたしと次女子のWバースデー、今年は名古屋市千種区・吹上の『ビケット (biquette)』へ!

彩り豊かなフルーツタルトが並ぶ人気店、カフェでは季節のパフェもsnsでよく見かけて気になっていました。

さて、どんなタルトが並んでいたのかさっそくレポです。

お店の場所は?

お店の場所は名古屋市千種区の吹上、古井ノ坂交差点の角にあります。
地下鉄桜通線『吹上駅』より徒歩約5分ほどの場所ですね。

こじゃれたブルーのお店、お持った以上に広いです。

店内の雰囲気は?

店内に入って正面にはケーキが並ぶショーケース!ちょうどフルーツの女王「いちご」の季節で華やか。

売り場センターのテーブルには焼き菓子が美しく並びます。

アンティークテイストの落ち着いた店内。

カットチョコレートもオシャレにディスプレイ。

ケーキの種類と値段

11月後半に並んでいたケーキたち。

抹茶ティラミス(600円)/フロマージュ・クリュ(600円)

タイムでアンフュゼしたオレンジ、フランス産はちみつのタルト(550円)/イングリッシュ・カスタード アップルパイ(550円)

タルトクワトロ・フロマージュ(600円)/グレープフルーツとピスタチオ~ローズマリーの香りで(550円)

タルト・キャラメル・ノワ(550円)・スイーとポテト・キャラメル・ポンム(600円)

シャインマスカットとアールグレイのタルト(650円)

パンプキンとプラリネのタルト(600円)

苺とほうじ茶ミルクティーのタルト(650円)

いちじくとゴルゴンのタルト(600円)/苺とピスタージュのタルト(650円)

なごみのモンブラン(700円)

タルト・フリュイ・ルージュ(650円)

アンジー(500円)/タンドル(500円)/ショコラ・ムー(500円)

今回はこちらの4つをチョイス。

苺とほうじ茶ミルクティーのタルト 650円税別

『苺とほうじ茶ミルクティーのタルト 』(702円税込)。
苺タルトは3種類も並んでましたが、ほうじ茶が気になってこちらをチョイス。

ほうじ茶ミルクティー、ほんのりと花に抜ける感じ。 イチゴとほうじ茶は相性よいですよね。

パリッと焼けたタルト生地、おいしいけどもう少しホロっと薄い方が好みかな。

シャインマスカットとアールグレイのタルト(650円)

葡萄好きの次女には『シャインマスカットとアールグレイのタルト』(650円)。

アールグレイは鼻に抜けるくらいだけど香り豊か。
サンシャインマスカットはもらえませんでした(笑)。

パンプキンとプラリネのタルト 600円税別

『パンプキンとプラリネのタルト』(648円)。
ナッツをトッピングしておしゃれ、濃厚でおいしそうだけどこれは食べてません。

アーモンドをベースにしたプラリネクリーム、スポンジ生地、カスタードクリーム? これはかなり贅沢。

どこから見てもおしゃれに仕上げてます。

なごみのモンブラン 700円税別

『なごみのモンブラン』(756円税別)、毎回飽きもせずにモンブランをチョイスする相方。

モンブランクリーム、生クリーム、スポンジ、アーモンドプラリネ、これも贅沢!

一口もらったけど、中にカシスが入ってるの。丁寧な仕事してます。

カフェスペースもあり!

お隣はカフェスペースになっています。

コーヒーや紅茶は(480円税別)。
カフェでは月替わりのパフェが人気、11月は『栗のモンブランパフェ』(1,500円税別)で一日10食限定だそうです。

駐車場は?

駐車場は道を隔てた前に8台あります。

さいごに

高級感のあるお店でお値段はそれなりですが、一つがかなりボリューミィーでリーズナブル!
フルーツタルトもクリームが凝っていて、かなり丁寧に作ってる印象でした。

フルーツ盛りだくさんなので、季節ごとに通いたくなりますね。
焼菓子も食べてみたいです。

店舗情報&MAP

<店舗情報>
ビケット (biquette)
住所:愛知県名古屋市千種区千種1-30-2(google mapで見る
電話:052-887-5350
営業時間:[月~水・金~日]10:00~19:00
定休日:木曜日、第4水曜日、不定休(インスタグラムにて告知)
喫煙・禁煙:完全禁煙
座席数:
駐車場:8台(店舗向かい)
食べログで口コミを見る

※ 記事の情報は公開日月時点のものです。

コメントを残す