>>ららぽーと名古屋グルメ大特集!<<

名古屋城『二の丸庭園』でお抹茶と和菓子と水琴窟(すいきんくつ)を楽しもう

名古屋城の東門近くにある二の丸庭園にある「二の丸茶亭」でお抹茶と和菓子をいただいてきました。

二の丸庭園は大名庭園として国の「名勝」にも指定された貴重な庭で、『水琴窟(すいきんくつ)』の妙音を楽しむことができます。
さらには二の丸茶亭で和装のスタッフが点ててくれるお抹茶、名古屋老舗の和菓子をいただけるんですよ。

 

 

二の丸庭園って?

二の丸庭園とは名古屋城内二之丸にある庭園で、これまで何度も手が加わったため、当初よりかなり改変されたが、築山や大形の庭石、青石を用いた石組等が残存していることなどから、昭和28年に国の名勝に指定されています。

築庭はニ之丸御殿の造営に伴う元和元年(1615)頃、初代義直の傾倒する儒教思想を取り入れられた庭で、昭和42年以降に名古屋市によって主要部と東部分が整備され、昭和54年に全面公開されました。

現存する数少ない大名庭園の一つとして貴重な歴史遺産となっています。
場所は名古屋城東門を進んで間もなく右側にありますよ。

庭園の様子

「二の丸茶亭」は”名勝 名古屋城 二之丸庭園”の奥にあります。手入れされた美しい庭を通って奥へ進みましょう。茶亭に入らなくても庭園の見学だけでもOKですよ。

緑の屋根の茶亭。

木の案内板が趣ありますね。

二の丸茶亭

二の丸庭園にある『二の丸茶亭』では、お抹茶と和菓子をいただくことができます。
冬季はぜんざい、夏季はあんみつもいただけるようです。

茶亭に入ってすぐのところにレジがあるので、そちらでまずはお会計を済ませましょう。

支払いを済ませると「茶券」をいただけるので、好きな席に座って待ちます。

茶亭の雰囲気


赤い番傘と金の茶釜が中央に備えられ、趣のある店内です。
金の釜はレプリカだそうですが、金曜日にはこちらの釜で沸かしたお湯でお抹茶がいただけるそうですよ。

周りはガラス張りで、晴れていれば明るく開放的です。

周りの庭園も楽しめますね。

奥はお座敷の茶室になっています。

お抹茶と和菓子

和菓子は地元名古屋の「松河屋老舗」の和菓子。創業150年の老舗和菓子屋さん、和菓子は日替わりとのことです。

庭園を眺めながら、お抹茶で一服とは贅沢ですね。この日は平日の夕方だったので人も少なくまったりさせていただきました。
今度は金曜日に伺って、金の茶釜でいれたお抹茶をいただきたいものです。

水琴窟(すいきんくつ)の澄んだ音を聞いてみよう

二の丸茶亭の裏側には『水琴窟(すいきんくつ)』があります。
こちらもお茶をいただかなくても誰でも楽しめるので是非体験してみてくださいね。

水琴窟(すいきんくつ)とは?


水琴窟(すいきんくつ)とは、手水鉢の近くの地中に作りだした空洞の中に水滴を落下させ、その際に発せられる音を反響させる仕掛け。
手水の排水処理を兼ねた日本庭園の装飾の一つです。

地中から僅かに聞こえる澄んだ音のことを「妙音」というようです。

妙音を効くコツ

それでは水琴窟の妙音を聞いてみましょう。

①手桶鉢から柄杓ですくった水をゆっくりと落とします。

②落とし水が少ないほど良い音ができあmす

③柄杓で円を描くようにして時間をかけて水を落とします。

④左に立ててある竹筒から音を聞いてください。

⑤気長に聞けば心に残る琴の音に似た妙音を聞くことができます。

実際にやってみた

置いてある柄杓に水を汲み、静かにお花の周りに回しかけます。

かけ終わったら、左側の竹筒の□にカットした部分に耳を傾けて静かに音を待ちます。

時間差があるので慌てなくても大丈夫。ほんとうに僅かな音なので周りの人も静かにしてもいましょう。
澄んだ風情のある音が聞けますよ。

名古屋城限定の和菓子のお土産も

二の丸茶亭の中には、限定のお土産も販売しています。
茶菓子や茶道具なども売っていますよ。

名古屋城限定の「ばいこう堂 千代箱 名古屋城650円(税込)」のお土産もありました。名古屋城をかたどった干菓子ですね。

海外からの観光客なのか、和風の小物やお茶セットもありました。
「本丸御殿」を見学に何度か足を運んでいますが、日本人よりアジア系の観光客が多いですね。

さいごに

正門横の金シャチを眺めてから帰りました。二の丸庭園を回り、水琴窟を楽しむだけでも十分ですね。

けれど「二の丸茶亭」では和装のスタッフが丁寧に点ててくれたお抹茶と和菓子を、風情のある茶亭でいただけるので雰囲気もご馳走です。
540円とさほど高くもないので是非寄ってみてはいかがでしょうか。

店舗情報

二の丸茶亭
住所: 愛知県名古屋市中区本丸1番1号 名古屋城内
電話:052-231-1655
営業時間:9:00~16:30
定休日:無休
駐車場:名古屋城駐車場
参考サイト:http://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/

地図

コメントを残す