『大須deステーキ』富士溶岩石で焼く激安ステーキが激ウマ

スポンサーリンク



9月1日にオープンしたステーキ専門店「大須deステーキ」に行ってきました。
大須観音から歩いてすぐのロケーションで、地下鉄を降りてからもすぐの場所です。
以前は「ホテルアベスト」のティールームだったところですね。

 

この日は土曜日、11時半のオープンから少し遅れて40分に着くとお店の外にまで行列が!!
もうそんな人気なのかと思ったら、券売機で食券を買うために並んでいるようでした。
券売機で食券を買い、チケットを店員さんに渡すと席に案内していただけます。

大須deステーキの200gがお得感たっぷり

大須deステーキ サーロイン ヘレステーキ
100g 980円 1,200円 1,500円
150g 1,800円 2,200円
200g 1,200円 2,400円 2,800円
250g 3,000円 3,400円
300g 1,800円 3,600円 4,000円
400g 2,400円

お肉の種類は看板の「大須deステーキ」、「サーロインステーキ」「ヘレステーキ」。
この日は相方と一緒に行ったら、いきなり「サーロイン食う。」と言うので肘鉄で止めました(笑)
まずは看板商品の「大須deステーキ」を食べて、美味しかったら次回ランクアップでしょ!と。

ってな流れで「大須deステーキ」をオーダーです。
わたしは100gでと思ったのですが、よく見てみると100gと200gのお値段が220円しか違わないんですよね。
これはもう「200gを食いやがれ!」ってことでしょう。

ランチタイムがお得

ランチタイムは11:30-14:30で特典がつきます。

  • ライス・サラダ・スープが無料
  • +200円でソフトドリンク(瓶入り)がセットになる(夜は500円!)

こちらが食べ放題のサラダ。
といってもほとんどキャベツの野菜サラダ・ポテトサラダ・お漬物ですね。

スープはこの日はコンソメスープでした。

ご飯は白飯と雑穀米。

お水もセルフです。

昼間から相方はビール(500円)、冷えはイマイチらしいです。
ビールは席に座ってすぐに出てきましたが、お肉がくるまで30分ほど待たされました。

まあ、開店してすぐにほぼ席が埋まっちゃいましたしね。
オープンして2度目の週末なのでこれくらい待つのは想定内でしょう。

富士溶岩石プレートに乗ってやってきた

とうとう来ました!
オーブンペーパー?に包まれて出てきましたよ。

やっとご対面。
これが富士溶岩石プレートってやつです。
まだ熱々で煙が沸いています。

お~っ、何と肉々しい!
30分待ったかいがありました、おいしそうです。

ステーキのソースはお好みで7種類から選べます。

  • ステーキソース
  • おろしニンニク
  • ポン酢
  • しょうゆ
  • わさび
  • マスタード
  • こしょう

テーブルに無いおろしニンニクとかは、ウォータージャーの隣にあります。

焼き具合にはご注意を!

レアやウエルダンの焼き具合はそれぞれお好みで!と書いてありますが、この溶岩石プレートはなかなかの保温力です。
そのままにしておいたら裏側がこんがりと焼けてしまいました。
食べている途中でひっくり返したほうがよさそうです。
「レア」がお好みならプレートからお皿に移したほうがいいかもですね。

おススメはカウンター席?

店内はインテリアオールドアメリカンといった雰囲気です。
テーブル席は4人×2、2人×16、カウンターが16席くらい。

正直テーブルは溶岩石プレートにコップ、お皿などを並べるといっぱいいっぱい。
通路も狭く、店員さんやランチのサラダやご飯を取りにいくお客が行き来すると落ち着きません。
そう思うとコーナーにあるカウンター席の方がいいかもしれません。

一日限定5食!迫力の爆肉丼1.2kg!!

こちらは一日限定5食のみ提供される「でら盛!爆肉丼」。
総重量1.2kgの迫力の丼は、概算でも軽く3,000円超えの激安丼!

激安限定メニューは月替わりで食べられるとのこと。
トライしてみたいという勇者は開店前には並びましょうね。

さいごに

待たされること30分、狭いテーブルで窮屈な感じはありましたが、運ばれてきたお肉の塊の迫力ですべては吹っ飛びました(笑)

今のところ、さほど混んではいませんが人気店になりそうな予感です。
近いうちに今度は「サーロインステーキ」を食べに行きたいと思います。