昭和レトロ喫茶店巡り

とらや×ピエールエルメ『イスパハン』とらやパリ店40周年記念コラボ和菓子が9月限定販売!どんなお味?

フランス「とらや パリ店」オープン40周年を記念し、「ピエール エルメ パリ」とのコラボ和菓子が9月から期間限定販売されます。

ピエール・エルメ・パリの代表作とも言える、バラとライチとフランボワーズの3つのハーモニー「イスパハン」を組み合わせた和菓子、さっそくゲットしてきたので食レポします。

小形羊羹「イスパハン」9月1日から発売

異国の地フランス・パリに1980年出店した「とらや」と、1998年に日本でオープンした「ピエール エルメ パリ」。
異国の地で自国の菓子と文化を広めるべく歩んできた2つのブランドが夢のコラボレーション!

第一弾「小形羊羹」が9月1日に販売開始、9月末からさらに新商品が登場します。

『小形羊羹(5本入)』(1,998円税込)、真っ赤な箱も素敵。

今回はバラで2個購入、一つ(368円税込)です。

一緒にいただいた案内チラシ、とらやパリ店のロゴなのかな? 手元に楊枝に刺した羊羹、前髪が”merci”、かわいいです。

小形羊羹「イスパハン」

2個だけどちゃんと紙バッグに入れてくれました。 袋は無料。

ポップな3カラー、食べきりサイズ。

切れ目を引いて一周すると道具なしで簡単に開封できます。

手も汚れないワンハンドスイーツ。

こしあんの羊羹よりも色目が赤味かかって美しい。

口に入れるとあずきの味ですが、鼻からはフラボワーズやライチのフレーバーが抜けます。 なんだか不思議ですがクセになる味わい。

後味のほんのりとした苦味はバラなかな? でもやっぱり羊羹。

定番の羊羹と一緒に食べると、微妙な違いがよりわかっていいかも。

販売期間は?

2020年 9月26日(土)~11月1日(日)(なくなり次第終了)

賞味期限は?

製造日から180日

愛知県での販売場所

●愛知県名古屋市中区栄3-16-1 松坂屋名古屋店 本館B1階

●愛知県名古屋市中村区名駅1-2-1 名鉄百貨店 本店 本館地下1階

●愛知県名古屋市中区栄3-5-1 名古屋三越 栄店 地下1階

●愛知県名古屋市中村区名駅1-1-4 ジェイアール名古屋タカシマヤ 地下1階

9月26日にも続々登場!

9月26日からも生菓子やあんペーストなど続々と登場します。

ただし店舗限定で、生菓子は東京と京都でしか販売されません。一部はオンライン販売もあります。

名古屋(全店舗)の店舗で購入できるのはこちらの「小型羊羹 イスパパン」とカカオ珈琲羊羹「昼下がりのカフェ」(2,160円) 。
「小型羊羹 イスパパン」1個から購入できるのでぜひ味わってみて!

詳細はとらや特設サイトでどうぞ
https://www.toraya-group.co.jp/toraya-paris/ja/40th/

さいごに

「とらや」と「ピエール エルメ パリ」とのコラボ羊羹、なかなかクセになる味わいでした。 次はカカオ珈琲羊羹も狙います!

それにしても「ピエール エルメ パリ」、ミスドともコラボしてるし懐深いですよね!

※ 記事の情報は公開日月時点のものです。

コメントを残す