レトロ純喫茶を巡る旅

『ロイズ オリジンチョコレート』4つの産地カカオを食べ比べ!70%カカオはチョコ好き要チェック

今年のロイズのバレンタイン折込チラシで面白いチョコレートを見つけたのゲットしてきました。

一箱で4つの産地のチョコを食べ比べができる『ロイズオリジンチョコレート』、香料未使用なので香りの違いも楽しめちゃいますよ。

どこの産地のチョコなのかさっそくご紹介!

4つの産地別カカオが楽しめる!

今回見つけたのがこちら『ロイズオリジンチョコレート』(810円)。

ロイズにシングルオリジンのハイカカオがあったとは見落としてましたね、生チョコレートやポテトチップチョコレートのイメージでした。

高級感のあるパッケージ

カカオポットが描かれ、ちょっと高級感のあるパッケージ。 お値段お手ごろでチョコ好きが喜びそうです。

4種類のチョコレートが5枚づつ、計20枚入っています。 一枚は4gと薄く計80g入り。

産地はこちらの4つ。

  • エクアドル
  • ベトナム
  • ベネズエラ
  • マダガスカル

カカオ産地で食べ比べ!

カカオは産地で香りも味も異なりますが、一箱で4つの産地を食べ比べできるなんて贅沢ですよね!

エクアドル フローラルな甘い香りが特徴。
華やかな香りとともに、穏やかな酸味と甘みが広がります。
ベトナム ドライフルーツを思わせる凝縮感のある酸味が特長。
芳醇な酸味と心地よい苦味が好印象です。
ベネズエラ ローストしたネッツのような香ばしさが特長。
軽やかな酸味と苦味が独特のナッティ感を引き立てます。
マダガスカル 柑橘系のようなフルーティな酸味が特長。
甘酸っぱく清涼感あふれる味わいが広がります。

それぞれの個性はBOXの裏にも書かれているので、こちらをチェックしながら食べ比べを味わってみると面白いですよ。

すべてカカオ70%ですが、それぞれ色味もパキッと割れる感じも微妙に違います。香料不使用なので香りの違いも確かめてね。

5枚づづ入っているので、誰かと一緒に好みの産地や味の感じ方の違いなんかを楽しみながら食べ比べてみてくださいね。

ぞれぞれおいしいですが、わたしはベトナムが一番好みかな。

楽天広場に【公式】ロイズ 楽天市場店があるのでそちらでもどうぞ。

meijiザ・チョコレートも4つの産地別70%カカオチョコレートをお手軽に食べ比べできちゃいますよ。

 

meijiは希少なホワイトカカオをバレンタイン限定で販売していますよ↓

 

 

賞味期限は?

約3カ月

カロリーは?

  • エクアドル・・24kcal
  • ベトナム・・24kcal
  • ベネズエラ・・24kcal
  • マダガスカル・・24kcal

原材料名&栄養成分

エクアドル カカオマス(カカオ豆(エクアドル))、砂糖、ココアバター/乳化剤、(一部に乳成分・大豆を含む)
たんぱく質 0.4, 脂質 1.7g 、炭水化物 1.8g 食塩相当量 0.0g
ベトナム カカオマス(カカオ豆(ベトナム))、砂糖、ココアバター/乳化剤、(一部に乳成分・大豆を含む)
たんぱく質 0.4, 脂質 1.7g 、炭水化物 1.8g 食塩相当量 0.0g
ベネズエラ カカオマス(カカオ豆(ベネズエラ))、砂糖、ココアバター/乳化剤、(一部に乳成分・大豆を含む)
たんぱく質 0.4, 脂質 1.7g 、炭水化物 1.9g 食塩相当量 0.0g
マダガスカル カカオマス(カカオ豆(マダガスカル))、砂糖、ココアバター/乳化剤、(一部に乳成分・大豆を含む)
たんぱく質 0.4, 脂質 1.7g 、炭水化物 1.8g 食塩相当量 0.0g

さいごに

4つの産地のシングルオリジンチョコレートの食べ比べが810円で楽しめちゃうなんて、さすが「ロイズ(ROYSE’)」!

他にもカカオ全体に占めるのは5%のみの希少なクロリオ種の性質を強く持つベネゼエラ産「スール デル ラゴ」のチョコレートを使用した『ロイズアロマティックカカオ』(648円)もまたレポしますね。

いつもは生チョコレートしか目がいかなかったロイズ、じっくりと見て回ると楽しいチョコがいっぱいあったのであれこれゲット!
ロイズはお値打ちだし、そんなに並ばずに買えるし、ほんっと穴場でした!

北海道展やフェアなどでロイズはたびたび出店するので要チェックですね。

ロイズのおすすめをさらにチェック!

※ 記事の情報は公開日月時点のものです。
最新状況については公式サイト、お電話にてご確認くださいませ。