>>ららぽーと名古屋グルメ大特集!<<

【ららぽーと名古屋】行列人気店はココ!3Fフードコート全10店舗メニューまで詳しく紹介!

特別ご招待日の9月25日(火)から、毎日賑わっているのがららぽーと3Fにあるフードコート「ララキッチン」。
ランチや夕方には1時間待ちの長い行列になっています。

愛知県初上陸の日本橋の人気店「つじ半」や「金子半之助」、ミシェランガイドブック東京に2年連続掲載された「一福」、京都の人気店「勝牛」、さらには名古屋の行列人気店「柴ふく」と「アンティキ」のコラボ店など話題のお店がいっぱい!

「ララキッチン」に入っている10店舗の看板商品とメニューを一気にご紹介しちゃいます!
さらに、子連れにもお一人様にもやさしいフードコートの全貌もご紹介!キッズコーナーはお子様連れは要チェックですよ!

 

ららぽーと名古屋3Fの10店舗を一気に紹介!

日本橋 天丼 金子半之助

高温のごま油で揚げた香ばしい天ぷらをてんこ盛りにのせた豪快な天丼が、なんと900円税別~と庶民的な価格でいただける行列店。
海外にもお店を持つ「金子半之助」がいよいよ愛知初上陸!待ち焦がれていた方も多いのでは。

メニューは■天丼(900円税別)■上丼(980円税別)■江戸前天丼(1,200円税別)の3種類。
お持ち帰りも可能です(半熟卵はお持ち帰り用には入りません。)

オープンからお昼や夕方のピーク時には1時間待ちの行列になっています。
グランドオープン後の土日にはさらに行列が長くなると思われます。

詳しいメニューと食レポはこちら↓
『金子半之助』名古屋ららぽーと!名店の天丼をテイクアウトでも!行列情報も

日本橋 海鮮丼 つじ半

山のように積まれた海鮮を崩し、黄身醤油とわさびをまわしかけていただきます。
〆は温かな鯛だし汁で海鮮茶漬け、まるで名古屋のひつまぶしの海鮮版のように2度、3度とおいしい丼です。

メニューは■梅(880円税別)■竹(980円税別)■松(1,280円税別)■特上(1,580円税別)の4種類。
マグロをメインに具材が豪華になっていきます。

東京日本橋の人気店は、やはりららぽーとでも大人気。
お昼と夕方のピーク時には1時間待ち、グランドオープン後の週末にはさらに行列になると思われます。

詳しいメニューと食レポはこちら↓
海鮮丼「つじ半」名古屋ららぽーとに!〆は鯛出汁で一杯で2度おいしい贅沢丼は必食!

甘味とぱすた 柴ふく

東別院駅近くの行列ができる人気かき氷のお店「甘味処 柴ふく」と、東区の人気イタリアン「アンティキ」がコラボした話題のお店「甘味とぱすた 柴ふく」。

お店には柴ふくの看板犬「くるみちゃん」がイラストや写真でお出迎え!
くるみちゃんのおせんべいを飾ったららぽーとだけのオリジナルスイーツなども要チェックです!

オープン前から話題のお店は常に行列になっていますが、列の進みが早いためランチも夕方も30分待ちくらいでした。

生パスタを使った本格的な和パスタが食べられます。
おすすめメニュー「こくうま粗びきみーとパスタ(730円税別~)」は名古屋の赤味噌を使ってコクをだしているだそう。名古屋コーチンの玉子を使った「名古屋コーチン玉子のかるぼなーら(830円税別~)」も見逃せません。

かき氷は本店と同じラインナップ、かき氷の提供は2時からなのでご注くださいね。

詳しいメニューと食レポはこちら↓
ららぽーと名古屋「柴ふく」!行列は?待ち時間は?かき氷は限定フレーバーも!

海老専門店 えび吉

オープン以来30㎝もの特大海老フライが話題に!
他にも海老天ぷら、海老チリ、海老カレー、海老クリームコロッケなどのメニューが並ぶ「えび専門店 えび吉」。

実はショッピングセンターのフードコートでおなじみの「穂波グループ」の系列店。
豊富な定食のほとんどが890円税別というお値打ち価格でおなかいっぱい食べられます。

こちらも行列の人気店、ランチや夕方には1時間待ちにとなっています。
天丼や海老フライ丼、カレーなどはお持ち帰りも可能です。

詳しいメニューと食レポはこちら↓
30㎝の巨大エビフライ!『えび吉』ららぽーと名古屋にNEWオープン!

京都勝牛

京都の割烹をコンセプトに、ミディアムレアの「牛ロースカツ膳(1,380円税込)」「牛たれ丼(960円税込)」が看板商品。
サクサクの薄い衣の牛カツをわさび醤油でいただきます。

牛カツの他に牛カルビ丼(917円税込)やステーキ丼(1,186円税込)なども気になります。

ちららも牛カツがまだまだ名古屋に浸透していないのもあってか、平日の客層では行列はまずまず。
土日がメインといったとこでしょうか。

鶏三和

名古屋の老舗鶏肉店「三和(さんわ)」が飼育から販売まで自社一括管理した究極の鶏「名古屋コーチン」を使った親子丼が看板商品。

親子丼の他にも「鶏かつ丼」や鶏そばも。

唐揚げ(130円税別)、手羽唐(130円税別)、つくね串(200円税別)などはお持ち帰りも可能です。

栄など他にもお店がある安心感からか、ランチや夕方のピーク時もほどほどの行列。

中華そば専門 田中そば店

喜多方ラーメンをベースに「気軽に食べる田舎のラーメン」をテーマにした一杯。
平打ちちぢれ麺と豚骨と塩だれのスープが絶品。

メニューは基本の中華そば「850円税込」にねぎや味玉のトッピング、肉そば、「山形本味噌らーめん(980円税込)」の5種類とシンプル。

メニューはシンプル、■ねぎそば(980円税別)■中華そば 味玉入り(980円税別)■中華そば(850円税別)■肉そば(1,080円税別)■山形香味噌ラーメン(980円税別)。

香川 一福

本場讃岐のうどんを、切りたて茹でたてで提供。
ミシュランガイドブック東京2年連続掲載店の、のどこしのよい細麺をお試しあれ。

かけうどん430円~、天ぷらうどん930円~。天丼やかき揚げ丼などのミニ丼をセットにできます。
注目メニューは「釜玉うどんチーズ」、冷たいぶっかけうどんにパルメザンチーズをトッピングしたららぽーと名古屋限定メニューなんですよ!

こちらもまずまずの行列といったところ。
有名店のため土日にはかなりの行列が予想されます。

RAMEN EXPRESS博多一風堂ソラノイロ

「博多一風堂」とベジラーメンで有名な「ソラノイロ」のコラボ店。
看板商品は「白丸とんこつ(780円税別)」と「赤丸とんこつ(830円税別)」。

「ソラノイロ ベジとんこつ(780円税込)」と「ソラノイロ ベジチキン」はららぽーと名古屋限定メニュー、ここでしか食べられないので要チェック!

平日は若めの男の人が少ないため、行列にはなっておらず。
土日には行列ができると思われます。

肉問屋 あさひ屋

東海エリア初出店、松坂牛など牛肉メインの本格的ステーキが堪能できるお店。
名物牛カルビ丼がおすすめ(1,280円)がお手軽価格で一押しの一品。

牛サーロイン(150g)がライス付きで1,680円、松坂牛肩ロース(130g)ステーキセットがライスつきで3,980円。
鉄板提供の本格ステーキがお値頃ですが、単価が高いのでさすがに平日の客層では行列はなし。

こちらも土日には人気になると思われます。

行列店ベスト3は?

4日間通ってみて、長い行列になっているのは「海鮮丼 つじ半」「天丼 金子半之助」「えび専門店 えび吉」の3店でした。
「芝ふく」も常に行列になっている人気店ですが、列の進みが速いのでかなりの行列でも30分ほどでレジに辿り着けるようです。

ただし平日4日間ですので、週末土日の客層になると麺類にも行列ができるのではと思われます。
狙い目はやはり開店すぐと3時~4時ごろと中途半端な時間でしょうか。

*9月30日(日)の初めての日曜日に行ってみると、早めの9時半にオープンして10時にはフードコートの772席の客席は満席。
天丼の金子半之助海鮮丼のつじ半はすでに1時間待ちの行列になっておりました。

3Fフードコート「ララキッチン」の雰囲気は?

ララキッチンのフードコートは子連れにやさしい設計、こんなに素敵なフードコートは初めて!
木の温もりのする、ワンランク上の新しいフードコートをご紹介しましょう。

広々750席

フードコートにはご紹介した10店舗がL字型に配置、客席と店舗の間は広くゆったりとしており行列を見込んで設計されています。

見通しの良い広々としたフードコートはなんと750席!
これでも夕方にはほとんどの席が埋まり、争奪戦となっていました。

カウンター席にはコセントとUSBも完備

カウンター席すべてにコンセントとUSBを完備、PC作業も可能です。(混雑時は長時間の滞在は自主規制を)
ららぽーと館内には無制限のWi-Fiも完備、最初にメールアドレスを設定すれば時間無制限で接続できます。

カウンター席の椅子は背中側に荷物が置けるように配慮したこじゃれた椅子。見た目もかわいいですよね。

靴を抜いて座卓で寛ぐ「こあがり席」

こちらは靴を脱いで上がる「こあがり席」、赤ちゃんを寝かせながら食事をされている方も。
周りに視界を遮らない程度の仕切りがあってコーナーになっているので、小さな子もちょっと目を離したすきにどこかへ走って行ってしまう心配もありませんね。

くつ箱も完備、ほっこおりと寛げる空間です。

キッズルームも完備

キッズ用のコーナーのあるフードコートも増えてきましたが、こちらはキッズの遊び場を兼ねたコーナーを完備。

クッションになっているので大きなケガの心配もありません。

さらには各店舗にはお子様メニューも揃っており、親子にやさしいフードコートとなっているんですよ。
1Fにはアオキスーパーもあるので、デイリーに遊びにきたくなってしまいますね。

さいごに

いかがでしょうか。
9月28日(金)にグランドオープンした「ららぽーと名古屋みなとアクルス」3Fのフードコートららキッチン。
お値打ちな注目グルメが目白押し!並ぶだけの価値はあると思いますよ!

駐車料金は?

  • 最初の2時間・・無料
  • お買い上げ税込1,000円以上・・プラス1時間無料
  • お買い上げ税込2,000円以上・・プラス2時間無料

ららぽーと名古屋のグルメ情報をもっと見る!
ららぽーと名古屋3Fフードコートグルメを一気に紹介!行列の人気店はどこ?
【蔦屋書店】ららぽーと名古屋「WITH FAMILY」をテーマにキッズスペースが充実!早朝8時~
『ららぽーと名古屋』最寄り駅「地下鉄港区役所」何番出口?歩いて何分?画像付きで詳しく解説

MAP

<施設概要>
ららぽーと名古屋みなとアクルス3F フードコート「ららキッチン」
住所:名古屋市港区港明⼆丁⽬3番2号 ららぽーと名古屋みなとアクルス 3F
営業時間:10:00~21:00
定休日:ららぽーと名古屋みなとアクルスに準ずる
公式サイト:http://www.honamimen.co.jp/

※ この記事は2018年9月時点の情報です。

コメントを残す