>>名古屋の食パン専門店13選!<<

名古屋・栄地下『ラムチー』小倉あんトースト!地下鉄開業から地下街を見守る老舗喫茶店

名古屋・栄、森の地下街にある老舗喫茶店「ラムチー(RAMCHY)」へ、粥餐庁 (カユサンチン)のお隣です。
昭和32年に地下鉄の開業と同時に先代がオープンしたそうで、現在は2代目がお店を継いでいるそう。

森の地下街に並ぶ90店舗のうち、開業から続いているのはラムチーを含めて4店舗というから老舗中の老舗といったところ。
名物という「小倉トースト」をいただいてきました。

お店の場所は?

お店の場所は名古屋・栄地下「森の地下街」です。
クリスタル広場から東山線のホームへ続く階段を上がって左すぐにあり、地下街にしっくりと馴染みすぎて目立ちません。

店内には4人テーブル席とカウンター席。
ウッドのテーブルと椅子は20年ほど前に入れ替えたそうですが、こちらもいい感じに使い込まれてます。

カウンターはスッキリとして無駄がない。
その昔「純喫茶」と呼ばれた頃は、珈琲だけを提供するお店がほとんどでキッチンはシンプルなお店が多いですね。

カウンター席のチェアーの布、煉瓦、木の床、無機質な地下街の中で温かみを感じます。

天井の灯り、創業からではないと思いますがレトロでいい感じ。

メニューの種類と値段

ドリンク

  • ブレンドコーヒー・・380円
  • アイスコーヒー・・380円
  • ウインナーコーヒー・・450円
  • 紅茶・・380円
  • アイスティー・430円
  • アイスティーオーレ・・430円
  • ミルク・・380円
  • カフェオーレ・・430円
  • ココア・・480円

ストレートコーヒー

  • モカ・・480円
  • マンダリン・・480円
  • コロンビア(日・月)・・480円
  • ブラジルサントス(火)・・480円
  • キリマンジャロ(水・木)・・480円
  • グァテマラ(金・土)・・480円

トースト

  • バター・・280円(140円)
  • ジャム・・340円(170円)★バターもついてます
  • ハム・・400円(260円)★シンプルでうまい!
  • 小倉・・・400円(200円)★名古屋名物
  • バター(厚切りトースト)・・320円
  • ジャムバター(厚切りトースト)・・370円
  • チーズ(厚切りトースト)・・)420円
  • ハムチーズ(厚切りトースト)・・480円

ジュース

  • 果汁・・各420円
    (マンゴ・オレンジ・野菜と果実・トマト)
  • 生ジュース・・各480円
    (バナナ・パイン・りんご・レモン)
  • 生ジュースミックス・・500円
  • スカッシュ
  • 生レモンスカッシュ・・500円
  • スカッシュ・・各380円
    (コカ・コーラ・ジンジャーエール・メロンソーダ)
  • アイスクリーム・・500円
  • クリームソーダ・・500円
  • クリームコーヒー・・500円

創業当時は「コーヒーのお店」として看板を出していたそうで、ストレートコーヒーもメニューに。
コカ・コーラやジンジャーエールを「スカッシュ」としてるところもレトロでいいなぁ。

お水とおしぼり(使い捨てじゃないよ。)

テーブルの脇にはドレッシングボトルの「シロップ」とシュガーポット。

シュガーポットのメタリックな蓋と灰皿がリンク!

まずはブレンドコーヒー、ネルドリップだそうです。
老舗喫茶店は底が見えないくらいの濃厚コーヒーが定番だけど、こちらのお店はさらっとして後味すっきり。

『小倉トースト ハーフ』(200円)、ティータイムならハーフくらいがちょうどよく嬉しいサイズ。

「小倉スティック」と呼ばれるスティック状になったサンド、確かにこれは食べやすい!
マーガリンもたっぷりで、温かく香ばしいトーストと相性バッチリ。

ホント「あんこ」ってコーヒーとよく合うなと思う。あんこ好きの名古屋が喫茶店王国となったのも必然か?

モーニング 530円

モーニングはオープンから11時まで。
コーヒー(ホットorアイス)、バタートースト、ジュース(野菜と果実・トマト・オレンジ)のセットで530円。
または「小倉トースト(M)」とコーヒーで610円とボリューミィ。

アットホームな雰囲気にほっこりする

窓際には「老舗喫茶店あるある」で脈絡のない小物が並んでいます。わたしてきには常連さんのお土産?とか想像してますが、実際にはどうなんでしょ?

整えられたブックスタンド、マスターは綺麗好きのようです。
わたしの愛読書、大竹敏之さんの名古屋の喫茶店完全版もあります(笑)

この本によると異国情緒漂う「ラムチー」という店名、マスターの名前「いちむら」を逆から読んだんだとか!
初代は「らむちい」というミニコミ誌を発行するほど文化人だったそうで、店内壁飾られたアートは購入もできるようでした。

さいごに

入ってきた常連さんが「ホット」と声を掛けて席に座ってコーヒーチケットを取り出すと、マスターがササっと新聞をテーブルに差し出す。
老舗喫茶店の醍醐味はまだまだ続いてますね。

常連さんらしき方は皆さんスモーカーでして、店内に入ると一服していました。
最近は老舗の喫茶店もどんどん完全禁煙になっており、あのコンパル大須本店でさえ土日は完全禁煙!店内が煙るほどモクモクしてたのに(笑)

喫煙者も年配の人が多くなってきたこの頃、色々な意味で「ラムチー」はオアシスってことでしょう。
今度はまたモーニングにいこう。

店舗情報&MAP


<店舗情報>

ラムチー (RAMCHY)
住所:愛知県名古屋市中区栄3-5-12(google mapで見る
電話:052-971-6110
営業時間:【平日】7:00~21:00【日曜】12:00:~18:00
定休日:第1・3日曜日
喫煙・禁煙:全面喫煙可
座席数:29席(カウンター5席 テーブル24席)
駐車場:無(近隣にコインパーキング有)
食べログで口コミを見る

※ 記事の情報は公開日月時点のものです。

コメントを残す