名古屋昭和純喫茶を巡る

草餅がうまい『孝和堂本店』手摘み蓬で作る伝統の味わい!中村公園すぐ、予約はできる?

創業90年近くの老舗和菓子屋『孝和堂本店』で、草餅(よもぎ餅)を買いに行ってきました。

店主自らお店総出で手摘みをした蓬を使い、昔ながらの伝統を守って作る草餅。そのおいしさに県外からもわざわざ足を運ぶファンがいるんだそう。

噂の草餅、さっそくいただいてみました。

お店の場所は?

お店の場所は地下鉄東山線中村公園駅4番出口をでてすぐ。

交差点をまたぐようにそびえる、大きな赤門のふもとにあります。

老舗の威厳が漂う店構え、昔は名古屋駅方面へ荷物を運ぶ行商人がこちらの店先で一休みしたんだとか。

店内の雰囲気は?

店内は改装しているそうですが、大きな柱などは残っており風情がありますね。

店頭に並ぶのは、おはぎや草餅、お花見団子など。

赤飯や切餅なども並び、地元で愛されてきた町の和菓子屋さんです。

お店自慢の草餅、おはぎ、春の和菓子などいただいてきました。

赤門とお店を描いた素敵なイラストが描かれた箱にいれてくれます。

草餅 210円税込

お店自慢の『草餅(よもぎ餅)』は210円税込。

やわらかな新芽だけを手摘みし手作る自家製蓬を使っているそうで、香りも味わいも上品です。

一つづつ手であんこを包んで作る、この手作り感がいいですね。

考和堂の和菓子はどれも大きめですが、特にこの草餅はかなりずっしりとボリューミィ。

愛知県産作手(さくで)のもち米を米のまま仕入れ、前日に使う分だけ米粉に挽いて使うというこだわりぶり。

もっちりとした餅の中には粒あんがぎっしりと。

草餅が買える時期は?いつからいつまで?

草餅は収穫した分がなくなり次第に販売終了です。
通常は1月下旬から6月中旬くらいまでだそうです。

おはぎ 200円税込

一年を通して店頭に並ぶ定番『おはぎ』(200円税込)も人気。
こちらもぷっくりと大きめサイズ。

香ばしい香りのきな粉の中にも粒あんがぎっしり。

こだわりのもち米もほどよく粒を残してもっちりとした味わいです。

さくら餅 190円税込

さくら餅は道明寺ではないのですね。新鮮でおいしいです。

花見団子 170円税込

こちらも一回り、いや二回りくらいに大きな花見団子。淡い色合いが上品ですね。

賞味期限は?

草餅の賞味期限は当日中。
生の米粉を使い、保存料・添加物など未使用のために固くなりやすいのでその日のうちに食べるのがおすすめ。

その日のうちに食べるともっちりやわらかですが、翌朝は少し硬くなっていたのでトースターで焼いて食べました。これまた香ばしくて美味。

おはぎや桜餅も当日中、花見団子は翌日まででした。

草餅は予約がおすすめ

大人気の草餅、平日でも2時くらいには完売してしまうそうなので予約がおすすめです。
電話で1個からでも取り置きしてもらえますよ。

出来たて和菓子を店頭でほおばる!

「和菓子は出来立てが一番美味い。」との信念で、一日に何度も小分けをして店頭に”出来立て”を並べているそう。

その昔おいしい和菓子をほお張って一休みしたように、今でも店先や店内の椅子に腰かけて和菓子をいただくこともできるとか。

スタッフに一言声を掛け、風情のある店先で作りたての和菓子をいただくのもまたよいですね。

さいごに

昔ながらの製法を守り、毎日店内で職人が手作りをした和菓子をその日のうちに売り切るという孝和堂本店さん。

県外からも足を運ぶのも納得のお味でした。

店舗情報&MAP

<店舗情報>
孝和堂 本店 (こうわどう)
住所: 愛知県名古屋市中村区鳥居通5-32(google mapで見る
電話:052-471-6246
営業時間:8:30~19:00
定休日:月曜日(祝日の場合は営業)
駐車場:有(店舗北)
食べログで口コミを見る

※ 記事の情報は公開日月時点のものです。

コメントを残す