名古屋レトロ喫茶店巡り

名古屋・錦『川口屋』紫陽花きんとん、河辺の蛍、わらび餅など6月の和菓子8点をご紹介!

街中で紫陽花(あじさい)の花を見かけるようになり、もうそんな時期なのかと中区・錦の「川口屋」へ。

季節に合わせて和菓子が入れ替わる川口屋さん、紫陽花をイメージした和菓子はアートのような美しさ。

一つひとつ丁寧に作られた和菓子たちはもはや「芸術作品」、6月に購入した和菓子をご紹介しますね。

お店の場所

お店の場所は名古屋錦、地下鉄からは栄町ビルを地上にあがり、歩いて4分ほどの場所にあります。

白いのれんが目印ですよ。

6月に店頭に並ぶ和菓子

6月初旬

  • わらびもち(こし・粒)
  • 紫陽花(あじさい)
  • 紫陽花きんとん
  • 若鮎
  • ぬれ燕(つばめ)
  • 青梅(あおうめ)
  • 一声(ひとこえ)
  • 花の露(はなのつゆ)
  • 岩清水(いわしみず)

6月下旬

  • わらび餅(こし・粒)
  • 沢辺の蛍
  • 紫陽花きんとん
  • 若鮎
  • ぬれ燕(ぬれつばめ)
  • 青梅(あおうめ)
  • うず潮(うずしお)
  • 水無月(みなづき)

*値段はかかれていませんが320円~360円くらい。

紫陽花きんとん(あじさいきんとん)

2018年購入

やわらかな3色のグラデーションのきんとんに寒天の雫がのった「紫陽花きんとん」、繊細な色遣いと盛り付けはもはや芸術ですね。

春と夏に挟まれた雨の季節に、雨の中で咲き誇る美しい花。
梅雨のうつうつとした気持ちを消し去ってくれるような魅力をお菓子で表現しています。

中には紫蘇を練り込んだ道明寺、カットしても色合いが美しい。

シソの塩気と道明寺のもっちり感、中身があんでなく塩味のきいた道明寺なので甘すぎません。

青梅(あおうめ)

2018年購入

こちらも今の季節にぴったりの「青梅(あおうめ)」、絶妙な色合いとなめらかなフォルムが美しい。

熟さない梅の実。
梅は梅雨の頃、瑞々しい浅緑の芳香のある実を結びます。

粒あんを一度白餡で包み、その周りはもちもちとした弾力のある外郎製(ういろうせい)の生地で梅の格好をつけました。

ういろのもちっと感と甘めの粒あん、上品な白あんが絶妙。

花の露(はなのつゆ)

薄くてやわらかな葛の下黄・緑・ピンクがうっすらと見えています。

露とは空気中に含まれる水蒸気が植物の葉などで水滴となったもの。
紫陽花の花についた露をイメージしたお菓子です。

2018年購入

こし餡の周りを一度三色に染め分けた白餡で包み、磨りガラス状に粉取りした柔らかな生葛で仕上げました。

葛は口に入れますと少しひんやりとし、暑い時期にさらりと召し上がっていただけます。

ぷるぷるの葛と上品なこしあんがこれまたおいしい。

岩清水(いわしみず)

2018年購入

透明感のある寒天に白いんげんと小豆。
石底の見える澄んだ川面に青もみじが流されているイメージでしょうか。

底には緑の「藻」。
豆の味わいがしっかりとしておいしいです。

うず潮(うすしお)

2020年購入

渦の焼き印に、胡麻を練り込んだふんわり生地の素朴なおまんじゅう。

鳴門海峡で発生する渦を巻きながら激しく流れる海水。

大渦の時には直径30mにもなる、力強い渦潮を意匠としたお菓子です。

お醤油の塩気をほんのり感じる蒸饅頭には砕いた胡麻が練り込まれています。

中には小豆の風味がしっかりとし感じられる粒餡がはいっています。

しっかりとした粒あんと塩気のある皮が絶妙なコラボレーション、シンプルだけに素材の良さを感じます。

沢辺の蛍(さわべのほたる)

2020年購入

透明な葛を通してほんのり姿を見せる蛍、やわらかな光を放ちながら飛ぶ蛍の情景が浮かびます。

蛍は日本で長居歴史をもっており、日本最古の和歌集「万葉集」にはすでにホタルに関する歌が含まれているそうです。

夏の夜の風物詩であるあの小さな光を和菓子で表現しています。

つるんとつややかな蒸した葛の中にはグリーンの餡で包んだ滑らかなこし餡がはいっています。
生葛とはまた違う食感をお楽しみいただけます。

中を割るのは手品の種をあかすみたいで興冷めかしら。 こしあんの滑らかさが夏にぴったり。

わらび餅(こし)

2020年購入

香ばしいきなこをたっぷりとかけた「わらび餅」、こし餡と粒餡を選べますがわたしはこし餡派。

ぷるぷるのわらびに滑らかなおしあん、お味も口当たりもとても上品。

芳光と同じく夏は販売休止で今年は6月27日まで、秋にはまた登場します。

水無月(みなづき)

2020年購入

京都で6月30日夏越祓(なごしのはらえ)に厄払いとして食たべられる「水無月(みなづき)」、名古屋ではあまり馴染みはないですよね。

ういろうにしては食感が?と思ったら葛入りのようです。やわらかく炊いた小豆粒がおいしいです。

*引用分は川口屋さんのInstagramからお借りしました。

川口屋さんはコロナによる緊急事態制限で店内の入場制限を設け予約を推奨されています。そのためInstagramを新設し和菓子の紹介をされています。
見るだけでも楽しいのでぜひ。

賞味期限は?

生菓子の賞味期限は翌日までです。

川口屋の生菓子は松坂屋名古屋店でも買えます

川口屋の生菓子は「季節の生菓子の詰め合わせ」を、名古屋市中区・栄「松坂屋名古屋店」の地下食料品売り場でも購入することができますよ。

販売日は【火曜日・金曜日】のみ、人気なので午前中で売り切れてしまうこともあるのでお早めにどうぞ。

さいごに

季節ごとに移り変わる和菓子たち、備忘録としてご紹介していきたいと思います。

全国の和菓子歩いた畑さんの本でも冒頭で紹介されています!

川口屋の記事をもっと見てみる

名古屋・錦「むらさきや」老舗の極上あんこ和菓子おすすめ5点、名古屋松坂屋にもお店があります 林修先生も絶賛!名古屋・東区『芳光』のわらび餅はとろけるような口どけ

店舗情報&MAP

<店舗情報>
川口屋
住所:愛知県名古屋市中区錦3-13-12(google mapで見る
電話:052-971-3389
営業時間:9:30~17:30
定休日:日祝・第4土曜日
駐車場:無(近隣にコインパーキング有)
食べログで口コミを見る

※ 記事の情報は公開日月時点のものです。

コメントを残す