>>名古屋の食パン専門店13選!<<

名古屋 錦『川口屋』4月の和菓子6点

創業300年と言われる名古屋・錦の「川口屋」、今月も伺ってきました。
どんな和菓子が並んでいるのか、毎回お店へ伺うのが楽しみです。

「さくら餅」と「椿もち」は先月末と変わらず、散りゆく桜の「水面の桜(みなものさくら)」、藤の和菓子が増えてましたよ。
さっそくご紹介していきますね。

お店の場所は?

お店の場所は名古屋錦、地下鉄からは栄町ビルを地上にあがり、歩いて4分ほどの場所にあります。

店頭に並んだ和菓子6点

4月下旬に伺い、店頭に並んでいた和菓子はこちら6点、わらび餅が品切れしたようです。
お値段は書かれていませんが、この日は各320円税込でした。

  • 桜もち
  • 藤棚(ふじだな)
  • 椿もち
  • 水面の桜(みなものさくら)
  • 井出の里(いでのさと)
  • 藤の花

並んでいた6点を購入してきました。

藤の花

美しい藤色のあんに、藤の花が流れるように描かれています。

中は粒あんです。

藤棚(ふじだな)

こちらも藤、棚から零れ落ちるように垂れる藤の花。

もちっとやわらかな皮にこしあん。

井出の里(いでのさと)

井出は現在の京都府綴喜(つづき)郡井手町、山吹の名所として知られているそうです。黒い点はなんだろう?
2色の山吹のきんとんが美しい。

きんとんに包まれているのは明道寺。

水面の桜(みなものさくら)

写真で上手く映りませんでしたが、ぷるんとした生地の下に桜の花がうっすらと見えています。
「水面の桜」とはなんとも風情がありますね、桜色なのは水の上に散った桜の花びらなんでしょう。

ぷるんとした生地になめらかな2色のこしあん、塩漬けの桜と一緒にいただくと絶妙!

椿もち

椿の葉の鮮やかな緑が印象的な「椿もち」。

つるんとした艶のある白に濃い緑、シンプルながら絵になりますね。

のどごしがよく、これは大好きです。

桜もち

塩漬けの桜の葉2枚に挟まれた「桜もち」。

中は関東風の桜餅です。

やわらかな餅にこしあん、塩漬けの桜の葉と一緒にいただくとクセになる味わいですよね。

さいごに

桜の和菓子はそろそろ終わりでしょうか。
そろそろ「五月の節句」の和菓子が並ぶかも、また近いうちに伺いたいです。

川口屋の記事をもっと見てみる

店舗情報&MAP

<店舗情報>
川口屋
住所:愛知県名古屋市中区錦3-13-12(google mapで見る
電話:052-971-3389
営業時間:9:30~17:30
定休日:日祝・第4土曜日
駐車場:無(近隣にコインパーキング有)
食べログで口コミを見る
※ 記事の情報は公開日月時点のものです。

コメントを残す