レトロ喫茶店を巡る旅

『ココトモファーム』グルテンフリーのバウムクーヘンのお店、覚王山に2021冬OPEN!

犬山城下町で話題のバウムクーヘンのお店『ココトモファーム』、犬山城下町で! バーになったワンハンドスイーツのバウムクーヘン、SNSでも見たことがあるんじゃないでしょうか。

犬山の米農家がつくった生米粉を使用したグルテンフリーの2021年冬には名古屋市千種区・覚王山にもオープン予定なんだとか。

気になるバウムクーヘン、一足先にご紹介しますね。

グルテンフリーのバウムクーヘン「ココトモバウム」

米粉を使ったグルテンフリーのバウムクーヘン。 挽きたての生米粉を使うことで、もちもちふわふわの食感です。

*こちらはミュープラット神宮前に出店時の様子です。

食感と風味で4種からチョイス!

米粉を使ったココトモバウムは「白米・玄米」、さらに「ソフト・ハード」をチョイスができます。
食べ比べてみたくなりますよね。

白米or玄米をチョイス

白米(精米したお米)
  • 玄米から糠層(種皮・ブラン)や胚芽を除いて食べやすくしたお米のことをいいます。
    素材の自然な甘さを感じられる、あっさりとした味わいとやさしい口どけ感が特徴のバウムクーヘン
玄米(精製する前のお米)
  • 収穫したイネから籾穀という外皮を外した状態のお米のことをいいます。
    お米本来の栄養素をすべて含んでいる、ビタミン・ミネラル・植物繊維が豊富で濃厚なコクが特徴のバウムクーヘン

ソフトorハードをチョイス

ソフト(丸い)
  • 甘すぎない後味とやさしい口どけが特徴
ハード(ごつごつ)
  • 香ばしい風味ともっちり食感が特徴

バウムクーヘンの種類と値段

バウムクーヘン(ホール)

  • ソフトバウム
     白米・・1,400円
     玄米・・1,500円
  • ハードバウム
     白米・・1,800円
     玄米・・1,900円
  • ハードバウム ブラウニー
     ブラウニー・・1,500円

バウムクーヘン(カット)

  • ソフトバウム
     白米・・250円
     玄米・・280円
  • ハードバウム
     白米・・400円
     玄米・・450円
     ブラウニー・・500円
  • ハードバウム スティック
     白米・・850円
     玄米・・900円
     ブラウニー・・1,000円

縁えんバウム

  • 苺・・500円
  • 檸檬・・500円

犬山城下町で”映え”食べ歩きスイーツとしても人気沸騰中のワンハンドスイーツ。
「縁えんバウム」とは、犬山と縁を結んで欲しいという気持ちから名付けたそうです。

ココトモプリン

  • プレーン・・500円
  • おいしい花子&オレンジ・・550円
  • 犬山の桃・・550円

賞味期限は?

賞味期限は約2週間。

2021年冬・覚王山にオープン予定!

2021年冬には覚王山の日泰寺参道にも新店舗がオープン予定です。
また詳細わかりましたらこちらでお知らせしますね。

ココトモファーム犬山城三之丸店

犬山城からすぐ、犬山城下町に犬山城三之丸武術系古城跡の趣を残した店舗があります。
バウムクーヘン工房も見える売店で、犬山の素材を使ったスイーツを販売、お土産にぴったりですね。

無料の休憩スペースや多目的トイレ、授乳室も完備されているそう。次に犬山城下町に遊びに行く時にはぜひ寄りたいです。

2021最新『犬山城下町 食べ歩きグルメ 実食25選』串グルメやプリン、御朱印や体験も! 2021【愛知・名古屋】バームクーヘンのおいしい人気店8選!専門店の焼きたてバウムや本場ドイツ、老舗洋菓子店など

さいごに

新感覚の生米粉を使った、選べるバウムクーヘン、面白いですね!

今回はジャーマンスープレックスで調子にのってたくさん買ってしまい、名鉄パレにも寄りたかったのでパスしましたが、覚王山オープンしたら食べ比べてみたいと思います!

※ 記事の情報は公開日月時点のものです。
最新状況については公式サイト、お電話にてご確認くださいませ。

店舗情報&MAP

<店舗情報> 
ココトモファーム覚王山店
住所:愛知県名古屋市千種区山門町二丁目47番(google mapで見る
アクセス:地下鉄東山線 覚王山駅徒歩1分
電話:
営業時間:
定休日:
喫煙・禁煙:
座席数:
駐車場:
無(近隣にコインパーキング有)
食べログで口コミを見る
Instagram
Twitter
Feedly
SHARE