犬山城下町 食べ歩き28選!御朱印や体験も!

名古屋デパ地下【プリン対決6選】あなたは固いプリン派?VSやわらかプリン派?

皆さん、プリンはお好き? 老若男女で嫌いな人ってまずいないんじゃないでしょうか。

懐かしの「固いプリン」が話題ですが、とろとろプリンだっておいしい。
ってことで、名古屋のデパ地下でテイクアウトできるプリン、あれこれ食べ比べてみました!

個人的にコスパも含めた総合ランキングで並べてますがいずれも名店のこだわりの味、どれを買ってもハズレはなし。
あなたはどっち派かな? あ、おまけつきです。

懐かしの「固いプリン」

丸福商店「こだわり珈琲店の名物プリン」

セレクトスーパーでも購入できるお手軽プライス、丸福珈琲店「こだわり珈琲店の名物プリン」。

(154円税込)とプチプラながらお味は優秀!
カフェでもこちらのプリンカップを使っていますが、言われないとカッププリンとわからない手作り感です。

原材料もごくシンプル、王道の味。

カラメルもほどよく苦味がきいて、やわらかさもちょうどいい感じ。
日持ちも16日間と長めで嬉しい。

商品名 こだわり珈琲店の名物プリン
発売元 丸福商店
消費期限 製造日より16日
価格 154円税込
容量 105g
カロリー 不明
原材料 牛乳、クリーム、全卵、砂糖、水飴
販売場所 名古屋三越7F、ラシック名古屋「北野エース」

ケーニヒスクローネ「カスタードプリン」

画面からは伝わりませんが、ずっしりと重いです。
重量表示はありませんが、計ってみたら丸福珈琲店の倍ありました(笑)

プリンだけ載せるので、貧弱に見えないようにと小さめの器をチョイスしましたが溢れそう。
シェアしてもよさそうなくらいの量です。

こちらも原材料がごくシンプル、カラメルからんでめっちゃおいしいそう。

しっかり固めで卵の味がしっかり、カラメルも苦味があって王道のおいしさです。

(324円税込)なのでコスパ的にはかなり優秀! おいしさもトップクラス。
日持ちが翌日までと短いのでご注意を。

商品名 カスタードプリン
発売元 ケーニヒスクローネ
消費期限 当日含め2日間
価格 324円
容量 210g
カロリー 293kcal
原材料 牛乳、卵、砂糖、バニラビーンズ
販売場所 JR名古屋タカシマヤ、名古屋三越、松坂屋名古屋店

モロゾフ「カスタードプリン」

アラフィー世代にはお馴染み「モロゾフ」のプリン。
今も変わらず分厚いグラスに入って販売されています。

「プリンらしいプリン」といいましょうか、崩れちゃったけど絵にかいたようなプリン。

ちなみに10月に購入したので「ハロウィンバージョン」。
一回り小さめサイズも販売されてます。

しっかり固めで卵もたっぷり。カラメルはさほど辛くなく万人向けかな。

商品名 カスタードプリン
発売元 モロゾフ
消費期限 当日含め3日間
価格 324円
容量 170g
カロリー 239kcal
原材料 牛乳、鶏卵、砂糖、カラメル(砂糖、水飴、異性化液糖、食塩)
販売場所 名鉄百貨店、名古屋三越、松坂屋名古屋店

ハウスプリン(おまけ)

相方が「固めのプリンって言ったらアレだろ!」とドヤ顔でおすすめしてきたのがコレ。

「ハウスプリン」、発想が庶民すぎて泣ける。 スーパーで見つけたら懐かしすぎてまた泣けた。
お値段は安心価格の(148円税別)。

今は「卵原料不使用」、「牛乳不使用」バージョンを購入すればアレルギーの子でも食べられる仕様、さすがハウス。

ほぼ箱の画像通りに完成! これで1/3個分、型はパステルのプリンカップを使いまわしてます。

固さはちょうどど「たまご豆腐」っぽい感じ。
懐かくておいしいけど甘くて味がチープ、(+50円)で「丸福珈琲店」の方が本格派。

商品名 プリンエル
発売元 ハウス
消費期限 早め
価格 100円くらい
容量 123g
カロリー 172kcak(1/3袋分)
原材料 【粉末プリン】砂糖、練乳パウダー、ゼラチン、バターパウダー、寒天、水溶性ゼラチン、食塩、酵母エキス、ゲル化剤(増粘多糖類)、香料、着色料(アナトー、くちなし)
【粉末カラメルシロップ】砂糖、でんぷん、カラメル色素、増粘剤(カラギーナン)、香料
販売場所 全国スーパー等

 

今風?とろとろプリン

治一郎

バウムクーヘンのお店ですが、プリンも同じくらいに人気の「治一郎」。

バウムクーヘンもやわらかいけど、プリンもかなりやわらか派。
器に盛ると形を残さないので「やわらか派プリン」はカップからそのまま食べるのがやはり正解。

たまごより生クリームが主張、カラメルは苦味があって大人の味わい。

トロトロで飲めるくらい。
単品で食べた時はおいしかったんだけど、食べ比べてみると卵と牛乳より生クリームっぽく「これプリンなん?」って感じでした。

原材料も「クリーム(乳製品)」がトップになってますからね。

商品名 治一郎のプリン
発売元 治一郎
消費期限 当日含め3日
価格 378円税込
容量 120g
カロリー 396kcal
原材料 クリーム(乳製品)、鶏卵、牛乳、砂糖/香料
販売場所 松坂屋名古屋店、ららぽーと港アクルス

パステル「なめらかプリン」

やわらかプリンの先駆者?パステル「なめらかプリン」。

器にのせると形は保ってますが、やはり崩れますのでカップのままでどうぞ。

さほど苦味はありませんがカラメルもおいしい。

スプーンで大きくすくうと形が崩れるくらいのやわらかさ、でも牛乳と卵の味もしてちゃんとプリン。

商品名 なめらかプリン
発売元 パステル
消費期限 製造日より3日(購入したもの)
価格 324円税込
容量 123g
カロリー 279kcal
原材料 牛乳、クリーム(乳製品)、加糖卵黄、砂糖、カラメルソース、香料、増粘多糖類
販売場所 名鉄スイーツステーション

感じる「甘さ」は個人差あり?

ご紹介したプリンも、前記事の「バウムクーヘン食べ比べ」も、次女子と同じもの食べて感想を聞いてみました。
そうすると「これは甘い」と感じる商品が違うんですよね。

「ハウスプリン」わたしはOKの甘さでしたが、次女子は甘くて「一度には食べきれない」そうです。

反対にわたしが甘くて「一度には食べられない」のは、次女子押しの治一郎のプリンとバウムクーヘン。

個人差なのか、世代差なのか? ちょっと面白いですね。
ぜひ実際に食べてみて味を確かめてみて下さいね!

「バウムクーヘン博覧会2019」ご当地バウム詰合せの中身とお味レビュー!

さいごに

さて、どれだけ食べたことありますか?
また見つけたら追加していきたいと思います!

コメントを残す