レトロ喫茶店を巡る旅

生スイーツポテト『小熊屋』大須OPEN!新感覚さつまいもスイーツ、生フルーツジュースも!場所やメニューなど

大須にさつまいも専門店『小熊屋(こぐまや)』が7月10日グランドオープン! 一足先にプレオープンにお邪魔してきました。

snsで気になっていた”さつまいもフラワー”や、さっそくTVで紹介していた”生スイーツポテト”、極上スイーツをさっそくご紹介しちゃいますね!

お店の場所は?

お店の場所は大須商店街・万松寺通、スーパーサノヤのブロック、わらび餅ドリンクのおいしいお茶屋甘工房の通りを挟んだお隣です。

元祖とりカツの併設店で、ゆくゆくはコラボメニューも考えているそうですよ。

店頭には涼し気なグレープフルーツやオレンジ、さつまいもフラワーなど思わず目を奪われますね。

メニューの種類と値段

小熊屋はさつまいもスイーツ専門店、丸ごとフルーツジュースも楽しめますよ。

  • 生スイートポテト・・500円
  • こぐまフラワー・・500円
  • こぐまサンデー・・650円
  • 丸ごとフルーツジュース・・各500円

今回、プレオープンにご招待いただいたので盛りだくさんのメニューをご紹介しちゃいますね!

生スイーツポテト

まずは小熊屋自慢の『生スイートポテト』(500円)。

糖度が高い品種「紅はるか」を使用し、オリジナルのレシピで焼き上げた冷たい焼き芋です。
焼き上げはもちろん、管理から試行錯誤を重ねて2年をかけたレシピなんだそう。

こだわりは繊維を残し、噛んだ時に繊維質が食感として楽しめる焼き上がり。口に含んでからも香りが楽しめます。

流行の”ねっとり”とはまた違う、まさにスイートポテトのような新食感なんですよ。

持ち帰って時間がたつとしっとり感が増していましたが、しっかりとした食感も楽しめて皮までおいしくいただけました。

まさに食感と甘さはスイートポテトですが、生クリームがないので重すぎず、罪悪感なくパクパクといけちゃいます。

おしゃれにラッピングしてくれるのでお土産にもピッタリ!

こぐまフラワー

インパクト大の『こぐまフラワー』(500円)、まるで大倫の花が開いたようなさつまいもチップス。

パリパリ食感と、サッと蜜を塗ったところはしっとり感、両方味わえてクセになります。 かなりのボリュームなのでシェアしても十分に楽しめますよ。

こぐまサンデー

「生スイーツポテト」と「こぐまフラワー」の両方が楽しめちゃう『こぐまサンデー』(650円)。

「生スイーツポテト」のペースト、大学ポテト、パリパリとしたこぐまフラワーはトッピングとクラッシュして底にも入っていますよ。

ソフトクリームは生クリームをブレンドし、ちょっと贅沢な味わい。生スイートポテトと一緒に食べても、こぐまフラワーにのっけても、そのまま食べてももちろんおいしい!

丸ごとフルーツジュース

大須にありそうでなかった『丸ごとフルーツジュース』(500円)、オレンジとグレープフルーツが選べます。

注文すると一つづつ、中をグリグリして果汁をしっかり絞り出してくれますよ。 まさに果汁100%のジューシーさ!

大須の食べ歩きグルメがまた進化しちゃいましたね!
2021『大須・食べ歩きグルメ 34選 』MAP付!搾りたてモンブラン、鉄板グルメなどまとめ

こちらもオープン人気店↓
大須『こびとぱん』ふわクシュのパンケーキ妖精がお出迎え?場所、メニューなど

大須の元祖さつまいもスイーツといえばこちら↓
名古屋『れこると大須』フルーツよりも甘い「焼きいもソフトアイス」が人気沸騰中!

さいごに

さつまいもスイーツ専門店、名古屋にもどんどんお店増えてますね!

新感覚の”生スイートポテト”、ぜひ体験してくださいね。

※ 記事の情報は公開日月時点のものです。
最新状況については公式サイト、お電話にてご確認くださいませ。

店舗情報&MAP

<店舗情報> 
小熊屋(こぐまや)
住所:〒460-0011 愛知県名古屋市中区大須3丁目33−1(google mapで見る
アクセス:地下鉄上前津駅 9番出口から徒歩2分
電話:
営業時間:10:00~17:00
定休日:
駐車場:無(近隣にコインパーキング有)
食べログで口コミを見る
Instagram
Twitter
Feedly
SHARE