昭和レトロ喫茶店巡り

志賀公園すぐ『喫茶みどり』おつまみはカットフルーツ!コピルアックも飲める自家焙煎珈琲の昭和純喫茶

名古屋の城北エリアで純喫茶巡り、喫茶ステンド、かかし、さんぺいなど純喫茶が多くて一度では回り切れませんね。

『喫茶みどり』はコーヒーにこだわった自家焙煎のお店、得々セットでお値打ちなさんぺいのすぐ近くです。

盛りだくさんのモーニングには間に合いませんでしたが、コーヒーに無料でつくカットフルーツが魅力! さっそくレポしちゃいましょう。

お店の場所は?

お店の場所は志賀公園のすぐ近く、1Fは駐車場で2Fが店舗。 煉瓦造りの素敵な店構えです。

店内の雰囲気は?

2Fの入口はガラス張りでいい感じです。

光がたっぷりと入る2Fの窓際席。

入口横と奥には広いテーブル席がいくつか。 ウッドをベースに落ち着いた雰囲気です。

キッチンの前には雑誌がたくさん揃っていました。

直火焙煎コーヒー

珈琲豆は直火焙煎、水は岐阜県養老郡養老町の養老岩清水を使用しているそうです。

「リントン・マンデリン豆」や「コピルアック豆」はインドネシアの輸出業者から直接取引している安心できる豆。インドネシアコーヒー輸出業者協会と繋がりがあるとはオーナースゴい方ですね。

お店の公式サイトからもお取り寄せができますよ。

当店使用のリントン・マンデリン豆及びコピルアック豆は、長年親交があるインドネシアコーヒー輸出業者協会(AEKI)のご厚意を受け、 メダンに本社があるPT. Gunung Lintong社(グヌン・リントン社)との直接取引を行なっていますので、安心してご愛飲いただけます。

メニューの種類と値段

  • リントンマンドリン・・450円
  • エスプレッソ・・500円
  • カプチーノ・・600円
  • アイスコーヒー・・450円
  • アイスウインナー・・500円
  • アイスカフェオレ・・500円

コーヒーは直火焙煎、オリジナルブレンドなどはなく定番は「リントマンマンデリン」(450円)。

希少な『コピルアック』はストレート&ブレンドでも

他にもコーヒー専門店らしくストレートコーヒーがランナップ、希少な『コピルアック』は30%ブレンドで1,300円、ストレートで3,500円。

熟したコーヒーチェリーをジャコウネコに餌として与えると豆だけ消化されずに糞として排泄され、それを集めてきれいに洗浄したものが『コピルアック』。

ジャコウネコの分泌物から採れる香料は麝香から採れる香料に似ており、麝香の香料はシャネルの香水にブレンドされているんだとか。

黒豆アイスコーヒー 500円

暑かったので『黒豆アイスコーヒー』(500円税込)をチョイス、冷やすのに少し時間がかかるといわれました。

黒豆の香ばしさとコーヒーの苦味がよく合い、さっぱりとしたアイスコーヒー。

無料でついてくるおつまみ、カットフルーツ盛合わせとミニパン!

すべてフレッシュフルーツ、マンゴーまで入ってて豪華で嬉しい。

パンは個装になっているので持ち帰ってもいいですね、ミニでもおいしいデニッシュパンでした。

スプーンが昭和でよき。根本にも柄がはいってます。

スティックシュガーの他に「沖縄宮古島産黒糖」がシュガーポットに入ってました。

コーヒーはブラック派ですが、黒糖を入れるとコクがあっておいしいかもと妄想。

今度はホットコーヒーを頼んでリベンジしなければ。

11時までのモーニングがお得!

モーニングはパンが2つ、サンドイッチが2切れ、カットフルーツの盛合わせがつくそうです。もちろん無料

今度はモーニングを狙っていきたいです。

お得なドリップパックも!

黒豆コーヒーや石臼コーヒー、コピルアックブレンドがなんと1,000円購入できちゃいます!しかも 水付きですよー。

これはお店を出てから見つけたので今度寄ったら買って帰りたい、お値打ちすぎるのでもしかしたらコロナの影響で今だけかも?

駐車場も豊富

駐車場は1F、そして目の前にもあり豊富です。

その他のメニュー

フレッシュフルーツは各600円、おつまみのカットフルーツが美味しかったのでフルーツジュースもおいしいはず。

サンドイッチはコーヒーか紅茶つき。

さいごに

場所は志賀公園のすぐ近く、西部医療センターにも近いので近くに行ったらぜひ寄ってみて下さいね。

おいしいコーヒーとおつまみが待っていますよ。

店舗情報&MAP

<店舗情報>
喫茶みどり
住所:愛知県名古屋市北区西志賀町3-79-1(google mapで見る)
アクセス:名古屋市営バス「志賀公園前」停すぐ
電話:052-912-4185
営業時間:8:00~17:00
定休日:日曜日
喫煙・禁煙:全席喫煙可
座席数:30席
駐車場:有(店舗1F、店舗前)
食べログで口コミを見る

※ 記事の情報は公開日月時点のものです。

コメントを残す