>>名古屋パルコ西館レストラン新店まとめ8店<<

名古屋・栄 創業300年『川口屋』のお正月和菓子6点

今年は年明けからインフルエンザで臥せっており、ちょっと遅めの初投稿となりました。
去年2018年は初投稿はなんだったかと遡ってみたら、なんと今年と同じく川口屋、どんだけ好きなんだっ(笑)

味とビジュアルはもちろん、季節の移ろいと和の風情を感じられる川口屋の和菓子たちは飽きることなく今年も通いますよ~。
まずはお正月の和菓子からご紹介しますね。

お店の場所は?

お店の場所は名古屋錦、地下鉄栄駅1番出口を出てから歩いて4分ほどの場所にあります。
飲み屋などのビルが立ち並ぶ中、ここだけガラリと雰囲気が違ってすぐにわかると思います。

お正月の和菓子

営業開始の1月5日(土)の10時頃に伺って、並んでいたのはこちらの8品です。

  • 花びら餅
  • 五葉松(ごようまつ)
  • 鶴薯蕷(つるじょうよう)
  • 紅梅(こうばい)
  • 若松きんとん
  • 我が春
  • 椿餅(つばきもち)
  • 松笠(まつかさ)

今回は8点の中から6点を購入してきました。

花びら餅

一般的な花びら餅はほぼ半円なんですが、川口屋さんはちょっとのっぺりとした形。うっすらと見える桜色がかわいらしいです。

やわらかな求肥に紅あん。塩味がきいていて最後に牛蒡の香りが鼻に抜けます。

鶴薯蕷(つるじょうよう)

赤い小さな点で丹頂鶴なんて、なんとも風情ありますよねぇ。

翼を休めて寝ているところでしょうか。くぼみの部分は尾っぽみたいだけどどうなんでしょう?
あれこれ想像してみるのも楽しいです。

中は紅あん、花びら餅とは若干固さが違います。

若松きんとん

若草色のきんとんに小豆がのっかっています。

中は道明寺、絶妙な色合いがなんとも美しい。

五葉松(ごようまつ)

渋い松です。

もっちりとしたよもち餅に粒あんがたっぷりと詰まっています。
よもぎの味がしっかりとしておいし~。

我が春

この形は焼き印が変わりますが中は黒糖あん。
うっすらと見える色は今回は桜色ですが、黄色だったり、緑だったり。

コクのある黒糖あんにやわらかな求肥は間違いないおいしさです。

紅梅(こうばい)

ふっくらとした肉厚感と上品な赤、思わず見とれてしまいます。

中はなんと三つ重ね、ハートみたいですね。甘さ控えめでなめらかな口あたりは感動ものです。

お値段は?

お値段は書いてありませんが、基本は320円税込。和菓子によって+20円~50円が加算されることがあります。
今回の花びら餅は370円税込、紅梅と鶴薯蕷が340円でした。

さいごに

今回もどれもおいしくいただきました。
また来月にどんな和菓子が並んでいるのか楽しみです!

川口屋の記事をもっと見てみる

MAP

<店舗情報>
川口屋
住所:愛知県名古屋市中区錦3-13-12(google mapで見る
電話:052-971-3389
営業時間:9:30~17:30
定休日:日祝・第4土曜日
駐車場:無(近隣にコインパーキング有)
※ この記事は2019年1月時点の情報です。

コメントを残す