>>名古屋の食パン専門店13選!<<

名古屋・錦『川口屋』9月初め、初秋の和菓子6点

川口屋の9月初めの和菓子たちです。

創業300年の名古屋が誇る老舗和菓子処「川口屋」、2週間ごとに和菓子が変わり季節を感じられます。
9月の始めに店頭に並ぶ初秋の和菓子たち、淡い緑と紫でした。

お店の場所は?

お店の場所は名古屋・錦、地下鉄栄駅から歩いて3分くらい。

知らなければ通り過ぎてしまうくらいにさり気なく通りに溶け込んだ有名店です。

9月初旬の和菓子

この日は12時くらいに伺い、6種類が店頭に並んでいました。

  • 小萩もち
  • 秋草
  • 女郎花(おみなえし)
  • 萩の露
  • 秋茜(あきあかね)
  • 桔梗(ききょう)

緑と紫のハーモニー、色合いも上品です。
お値段は書いてませんが基本は(320円税込)、~350円税別です。

店頭に並んだ6種類、コンプリートしてきたのでご紹介しますね。

桔梗(ききょう)

ほんのり淡い紫の色をした『桔梗』、持ち帰る間に形が崩れちゃってます。

甘めの粒あんを白あんでくるみ、もちもちのういろう?生地に包んでいます。

秋茜(あきあかね)

その名の通り、トンボの秋茜が飛んでいます。

残暑の中、トンボが低いところをスーッと飛んでいくと秋を感じますよね。
最近はすっかりトンボも見かけませんが。

上用饅頭で中身はこしあん、定番です皮もこしあんも本当においしい。

萩の露(はぎのつゆ)

ぷるんと涼し気な葛まんじゅう。

中はやわらかなこしあんの周りに道明寺、透けて薄ピンクに見えていたのは2重になっていたからなんですね。
こしあんも葛に合わせてなめらか。

女郎花(おみなえし)

女郎花の花畑、おみなえしってこんな字を書くのかと初めて知りました。

淡いグリーンの皮に包まれているのは白あん、皮が少し残っているので白粒あんかな。
白あんの粒って久々に食べた気がします。

秋草

ねりきり、基本は同じだけど季節によって色合いが違って趣きがあります。

紫の粒々は”紫蘇”を使っているそう、一畝づつしっかりしてて美しい。 透明の寒天は秋露かな。

中は道明寺、あんじゃないので甘すぎないのがさすがです。

小萩もち(こはぎもち)

流れるような紫が萩。 なんでできてるんだろう。

こしあんの周りにほんのり白あん、道明寺も2色を重ねているので淡い上品なグリーンになっているんですね。

賞味期限は?

賞味期限は購入日から翌日までです。

さいごに

女将さんが「それぞれ、中のあんが違うから。」とおっしゃってましたが、同じこしあんでも少しづつ違う。
2層になったあんも気づかないまま食べてしまう人も多いだろうに。

食べるたびに感動してしまう「川口屋」の和菓子。
名古屋に生まれてよかったなぁ~とシミジミ思うのでした。

全国の和菓子歩いた畑さんの本でも冒頭で紹介されています!

川口屋の記事をもっと見てみる

名古屋・錦「むらさきや」老舗の極上あんこ和菓子おすすめ5点、名古屋松坂屋にもお店があります 林修先生も絶賛!名古屋・東区『芳光』のわらび餅はとろけるような口どけ

店舗情報&MAP

<店舗情報>
川口屋
住所:愛知県名古屋市中区錦3-13-12(google mapで見る
電話:052-971-3389
営業時間:9:30~17:30
定休日:日祝・第4土曜日
駐車場:無(近隣にコインパーキング有)
食べログで口コミを見る

※ 記事の情報は公開日月時点のものです。

コメントを残す