昭和レトロ喫茶店巡り

尾頭橋『名古屋ちゃんぽん 時鳥(ほととぎす)』地産地消の自家製麺&スープのご当地グルメ

名古屋のご当地ちゃんぽんのお店が、中川区尾頭橋にオープンしたと聞いてさっそく食べに行ってきました!

食材は愛知県産のものを使い、麺もスープも自家製なんだそうですよ。

お店もおしゃれ、野菜もたっぷりのあっさり味。女子にもおすすめの新名古屋名物をレポしちゃいましょう。

お店の場所は?

お店の場所は、JR尾頭橋駅近く。店舗大通りから入ったところでこちらの看板が目印です。

小料理屋さんのようなおしゃれな店構えです。

店内の雰囲気は?

店内の広くておしゃれ、カウンター席なのでお一人様も入りやすいです。

荷物の籠が用意されているので、荷物の多い女子には嬉しいですよね。

まずは入り口すぐの券売機で食券を購入します。

  • 特製ちゃんぽん・・1,250円
  • ちゃんぽん・・850円
  • コーチン玉子かけごはん・・350円
  • ごはん200円

トッピング

  • 味玉・・100円
  • カキの佃煮(2個)・・160円
  • ホタテ・・160円
  • 炙り赤えび・・220円
  • 鶏むねチャーシュー・・100円
  • おつまみキムチ・・100円

名古屋ちゃんぽんって?

ちゃんぽんといえば「長崎ちゃんぽん」と思っていたんですが、全国各地にはご当地ちゃんぽんなるものが存在するそう。

名古屋名物きしめんから着想した平打ち麺、愛知県の地鶏スープなど、愛知県の食材を集めたのが「名古屋ちゃんぽん」。

  • 名古屋コーチン
  • 愛知県の地鶏「錦爽(きんそう)どり」でとったスープ
  • 愛知県産小麦「きぬあかり」の自家製麺
  • 大矢蒲鉾商店の名古屋かまぼこ
  • カクキュー八丁味噌
  • ヤマシン白醤油

江戸時代から続くカクキュー八丁味噌やヤマシン白醤油、最新マシーンを使って店内で作る令和時代の自家製麺。

愛知県の食材と歴史までちゃんぽんした極上の”ご当地ちゃんぽん”なんだそうですよ。

特製ちゃんぽん 1,250円税込

テーブルにはお水、箸、れんげなど一揃いが用意されています。

ちょっと贅沢に『特製ちゃんぽん』(1,250円税込)をいただきました。

野菜はニラ、もやし、玉ねぎ、きゃべつがたっぷりなのが嬉しい。

定番のちゃんぽんに「炙り赤えび」「味玉」「ほたて」をトッピングした贅沢な一杯!

炙った赤えびが香ばしくておいしいです。

コリコリっとした食感の名古屋コーチンの粗挽きミンチ。

スープは濃厚だけどあっさり、鶏足(もみじ)がたっぷり入っているのでコラーゲンたっぷりでトロミがあるんだとか。

きしめん風に平打ちにした自家製麺はもちもちでやさしい味わい。おいし~。

ちゃんぽん 850円税込

こちらは定番『ちゃんぽん』(850円)、いかと海老で炒めた野菜たっぷりで、女性ならこちらでも十分に満足できそうです。

コーチン玉子かけごはん 350円税込

名古屋コーチンの卵を使った『コーチン玉子かけごはん』(350円)も食べてみたい。

さいごに

新ご当地ちゃんぽん「名古屋ちゃんぽん」。地産地消で国産素材たっぷりで麺もスープも自家製と、身体も喜ぶ一品でした。

野菜もコラーゲンもたっぷりなので女子にもおすすめですよ~。

店舗情報&MAP

<店舗情報>
名古屋ちゃんぽん 時鳥 (ホトトギス)
住所:愛知県名古屋市中川区尾頭橋3-3-3 サンベアーマンション金山 1F(googlemapでみる
アクセス:JR東海道本線 尾頭橋駅から徒歩6分
営業時間:[火~日]11:30~14:00/18:00~20:30
定休日:月曜日
駐車場:店舗前に1台(近くにコインパーキングあり)
食べログで口コミを見る

※ 記事の情報は公開日月時点のものです。

コメントを残す