名古屋錦『創業300年の老舗川口屋』の和菓子はやはりすごかった!

スポンサーリンク



名古屋老舗「川口屋」さんは創業元禄年間、300年の歴史の老舗和菓子屋です。
以前からずっと気になっていたのですが、なんと娘が買ってきてくれました!
形は奇をてらわない正統派、味も評判通り顔がほころぶおいしさでした。

 

 

創業300年の老舗「川口屋」の和菓子4種

包装紙には「趣味の和菓子」と書いてあります。
なんとなく和菓子と言うよりは、手焼のお皿かなにかのような印象ですね。

今回は4種類の和菓子をいただきました。
どんな和菓子が入っているのかとワクワクしながら箱を開けましたが、ピンクのお花も入って華やかですね。

娘によるとショーケースに和菓子が並んでいるのですが、値段も書いてないとのこと。
お買い上げのレシートもないのでそれぞれのお値段はわかりませんが、全部で1,610円だそう。

やわらかなピンクの紅椿(べにつばき)

やわらかなピンクの花弁に、黄色の花弁を添えた花椿(はなつばき)。

中の粒々は道明寺でしょうか。
なめらかな中に、ほんの少し口に残る感じが絶妙。

落葉(らくよう)

表面のポツポツとした焦茶、落葉を表現するのに焦げ目をつけているのでしょうか?

葉脈も手作業で手を掛けているのがわかりますよね。形も完璧!

黒糖あんがおいしい「笹の雪」

やわらかな白の羽二重餅に笹の葉。
ほんのりと透ける緑は春の訪れの予感なのでしょうか?

中は口どけのよい黒糖あん、羽二重餅はものすごくやわらかくて感動のおいしさ!
こちらの黒糖あんがコクがあって、今まで食べたことのない味わいでした。

お口でとろける「わらびもち」

香ばしいきなこのかおりがたまりません。

「芳光」のわらび餅も絶品ですが、こちらも甲乙つけがたくおいしいですね。
やわらかく上品な甘さのこしあんとわらびが口でとろけます。

まとめ

どれもおいしく、娘と2人でぺろりと平らげてしまいました。
甘すぎず、口どけ良く上品な味わいの和菓子は想定以上のおいしさ!

早い時間に行かないと人気のお品はすぐに売り切れてしまうようです。
お店へ行くなら午前中がおすすめですよ。

川口屋
営業時間:9:30~17:30
休業日:日祝・第4土曜日