レトロ純喫茶を巡る旅

丸の内『料亭 河文』名古屋最古の料亭で懐石ランチ

丸の内『料亭 河文』へ、400年の歴史のある名古屋最古の料亭です。

庶民には敷居が高く、こちらの門をくぐることができるとは! 

実は旅行会社開催のランチツアーに参加したのですが、雰囲気だけはしっかりと味わってきたのでレポ。

お店の場所は?

何度も通り過ぎた”だけ”の料亭河文、やっと暖簾をくぐることができました。

両側には蓮。

国指定の「登録有形文化財」。

門をくぐると生け簀。

左手入口の暖簾には「葵の御紋(三つ葉葵)」、尾張徳川家ご用達だったからなんだとか。

店内に入ると7月のは室礼「七夕飾り」、有松絞りの短冊が飾られていました。

そして廊下にもも「葵の御紋」が。

入口近くにはソファーとテーブルが並んだお部屋が。 こちらは待合室かなにかかな。

迷路のような廊下を進んで奥の間へ。

水鏡の間

会場である「水鏡の間」、一番奥になるようです。

長い歴史の中で国賓の会食にも使用された
由緒ある会場「水鏡の間(みずかがみのま)」。

大きなガラス窓からは
水面に美しく光が反射するお庭「水鏡」と
四季折々の表情が趣深い日本庭園を一望いただけます。

窓の外には水が貼られた庭、庭園を臨む贅沢な空間です。

舞台では結婚式など記念写真が撮影されるようですよ。

懐石ランチ

テーブルには「本日のお品書き」と白いナプキン。

  • 先付
  • 御椀
  • 御造
  • 焼物
  • 御食事
  • 甘味

先付

胡麻豆富、烏賊、アスパラ、花穂紫蘇、山葵、土佐醤油

華やかな器に花穂紫蘇。

御椀

海老真丈、短冊人参、木の芽

海老がごろっとぷりっと。

御造

鯛、伊佐木、青紫蘇、紅蓼、甘日大根、山葵

鯛はこりこりと。

焼物

甘鯛松笠焼き、胡瓜、茗荷、大根おろし和え

御食事

鯛御飯、綿糸玉子、三葉、清汁、朧昆布、浅月、祝粉

上品なお味でぺろりと。

甘味

抹茶冷製汁粉

これがとってもおいしかったの。

ツアー用なので通常提供される料理よりも、内容や盛り付けも簡易なものかと思いますが、どれも上品でとってもおいしくいただきました。

料亭河文からすぐのレストランカワブンのランチなら気軽ですよ↓
丸の内『ザカワブンナゴヤ』庭園を望む和モダンなイタリアンで贅沢ランチ!バスクチーズケーキも

さいごに

今回は「体験ツアー」みたいな感じでしたが、雰囲気は十分に楽しませていただけました。

いつかはちゃんとした料理もいただきたいなぁ、誰かお付き合いしてくれないかしら。

※ 記事の情報は公開日月時点のものです。
最新状況については公式サイト、お電話にてご確認くださいませ。

店舗情報&MAP

<店舗情報>
料亭 河文
住所:愛知県名古屋市中区丸の内2丁目12-19(google mapで見る
アクセス:地下鉄丸の内駅4番出口より徒歩5分
電話:052-222-0873
営業時間:11:30~13:30(L.O/L.I)/17:30~20:00(L.O/L.I)*完全予約制
定休日:水曜日
喫煙・禁煙:全席禁煙
座席数:
駐車場:無(近隣にコインパーキング有)
食べログで口コミを見る