お値段以上の満足度!浄心『オステリアオルカドーロ』のランチをいただきました!




西区浄心の『オステリアオルカドーロ』のランチに行ってきました。
こちらのランチ、コスパが抜群と奥さま方の間で評判なんですが、期待以上に大満足!おすすめのランチです。

 

 

お店の場所

お店の場所は地下鉄浄心駅④番出入口から右へまっすぐ徒歩3分ほど。
駅からは意外に近いです。

寄木細工のこじゃれた扉です。
ランチは予約が優先だそうなので予約をした方がよさそう。または電話を入れてから出かけるとスムーズですよ。

ランチのメニュー

こちらがランチメニュー。

基本は「前菜の盛り合わせ・パスタ・パン」で1,000円、それに+をしていく面白いスタイルです。

  • 本日のお魚料理 1,000円
  • 本日のお肉料理 1,000円
  • ドルチェ 300円
  • ドリンク 200円

こちらが本日のメニュー、せっかくなのでデザートまでのフルオーダーでお願いしました。

パスタは3種類。
ソースもですが、それぞれパスタも違うんだそう。「タリオリーニは細麺」「ピーチはうどんのようなもっちり麺」「タリアティレは平たいリボン状の麺」。しかも麺は自家製なんだとか。

豪華!前菜の盛り合わせ

こちらが『前菜の盛り合わせ』。
こじゃれたイタリアンなら、これだけでもう1,000円取られそうな豪華さです。

ミニトマトのキャロルセブン、自家製生ハム、安納芋とミンチのサラダ、真サバのカルパッチョ。
どれもおいしくて大満足!

パンは玉ねぎの入ったフォカッチャ、これも自家製!お代わり自由なんだそうですよ。

自家製生麺のパスタ

まずは「自家製サルシッシャとパルミジャーノチーズのトマトソース ピーチ」。
麺は見た目はうどんのようですが、もっちもち麺がめっちゃおいしい!ミンチたっぷりのトマトソースはチーズと相性バッチリです。

こちらが「白身魚のスモークとロマネスコのペペロンチーノ タリオリーニ」。
ブロッコリーのような野菜が「ロマネスコ」、カリフラワーの一種とのこと。白身魚はスモークチキンのような味わいでした。

麺は卵が入っているのか黄身がかかって、コシがしっかりとしたラーメン麺みたいな感じです。
オイルベースのソースがあっさりとして美味!
個人的にはソースはこちら、麺は”ピーチ”の太麺が好みかな。

肉と魚料理

こちらが”お魚料理”の「アイナメのオーブン焼き~西洋わさび風味~」。
手前のしっかりと焦げ目がついているのは「たけのこ」。
魚はパサつかずあっさりとやわらか。焼きトマトが最高においしかった。

お肉料理

「三元豚バラ肉の赤ワイン煮込み」。
添えられているのは「芽キャベツ」だと思われます。

ナイフでカットしようと思ったら、くたっとやわらかくフォークを使ったほうが簡単でした。
トロトロにやわらかくてソースも見た目ほどくどくなく、下に敷いてあるマッシュポテトとお肉とソースを一緒に口にいれると絶妙にうまうま!

デザート『洋なしのタルト』

こちらが『洋なしのタルト』。
黄色いトッピングはなんと「ほうずき」、赤い粒は「ザクロ」、なんとも美しい彩りです。

ドリンク+デザートで500円。
くったりと煮込んだ梨もおいしくて、これだけのクオリティのデザートならお値打ちだと思います。

「ほおずき」初めて食べてみましたが、”プチトマト”みたい食感でした。
こちらのタルトも自家製なんだとか。
生麺、ハム、フォカッチャ、デザートなんでも自家製で手をかけてるから、このお値段でなんとかやっていけるんだとか。

お値段以上に満足ができるおススメのランチでした。
ぶっちゃけランチはディナーに来てもらうためのお試し価格だそうなので、是非ディナーにも足を運びましょうね。

オステリアオルカドーロ
営業時間:ランチ11:30~13:30(L.O) 14:30/ディナー17:30~22:00(L.O)
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)