>>犬山城下町 食べ歩き21選!御朱印や体験も!<<

久屋大通『ショコラトリータカス』大人贅沢チョコレートパフェがゴージャス!

今年6月で4周年を迎える「ショコラトリー タカス」、世界最大のショコラの祭典「サロン・デュ・ショコラ」で2018年に金賞を受賞した名古屋が誇るショコラトリー。

ぜひ行ってみたいと思いつつ、高級感のある店構えにちょっと近寄りがたい感じだったのですが4月から豪華なチョコレートパフェが登場したとの聞いて伺ってきましたのでレポしちゃいます。

お店の場所は?

お店の場所は、地下鉄久屋大通出口「GATE2A」を出てすぐ目の前です。

店内の雰囲気

お店に入ると高級ブティックのようにシックな雰囲気。

まずはショーケースにボンボンショコラが並びます。常時30種類ほど並ぶそうで、お値段は300円~500円税込。

きな粉味のガナッシュ「めで鯛(350円税込)」や「バジル(350円税込)」、これは食べてみたいなぁ。

ケーキにパンも並んでました!

焼菓子も美しく並び、見て回るだけでもワクワクしちゃいます。

カフェスペース

奥に進み、数段の階段をああるとカフェスペース、思ったほど広くありません。
シャンパンやワインも飲めるそうで、奥はバーのカウンターみたい。

ゆったりとしたソファー席、高級感あります。

天井がこれまた凝りに凝ってる!(笑)古い柱はどこかから調達してきたのかしらん。

チョコレートパフェ 2,000円税込

チョコレートパフェの名前はストレートに「チョコレートパフェ」、お値段は2,000円です。

下から赤ワインゼリー、ガトーショコラ、シロップに着けたカシス、3種類のジェラードとモリモリ!

トッピングはボンボンショコラにショコランジェ、マカロンにナッツと豪華すぎるラインナップっ!
チョコ、バニラ、ピスタチオのジェラードにこれだけのれば2,000円でも納得のコスパ。

ボンボンおいし~。

ガトーショコラも濃厚、最後は赤ワインゼリーでさっぱりです。
思った以上にボリュームたっぷりで贅沢なパフェ、チョコオランジェおいしかった!

MAROU(マルゥ)も入手可能

カフェの入り口にディスプレイされたチョコレートは「MAROU(マルゥ)」、2人のフランス人によるベトナムのチョコレートブランドで日本では収入困難なんだそう。

特徴は1枚にひとつの産地のカカオしか使わない「シングルオリジン」、そしてカカオの選定から自社で一貫して行う「ビーントゥバー」を採用しているんだとか。

「シングルオリジン」、「ビーントゥバー」、豆から焙煎して作るとか、チョコってコーヒーみたい。
お値段は小さなタブレットが500円税込~、大きなサイズが1,250円税込~でした。

ドリンクメニュー

ドリンクメニューはコーヒー500円税込~、紅茶は700円税込~。ラブシャンと同じくカップ&ソーサーはイッタラのタイカ、欲しいっ。

さいごに

さすがショコラトリータカス本店、高級感あふれる店内で食べる贅沢パフェは最高でした。
ラブニューシャンゼリゼより大人の感じ。今度はケーキが食べたい。

店舗情報&MAP

<店舗情報>
ショコラトリー タカス (CHOCOLATERIE TAKASU)
住所:愛知県名古屋市中区丸の内3-19-14(google mapで見る
電話:052-973-0999
営業時間:10:00~20:00(L.O.19:30)
定休日:月曜日
喫煙・禁煙:完全禁煙
座席数:10席
駐車場:無(近隣にコインパーキング有)
食べログで口コミを見る

※ 記事の情報は公開日月時点のものです。

コメントを残す