>>ららぽーと名古屋グルメ大特集!<<

名古屋・覚王山『梅花堂』鬼まんじゅうが絶品!うまくて安い老舗和菓子屋

ほっくりとしたさつま芋を練った小麦粉で蒸した素朴な和菓子「鬼まんじゅう」。
お好きな方はおうちで作ったことあるって方も多いんじゃないでしょうか。

けれどこの「鬼まんじゅう」、愛知県だけの郷土料理なんだそうですよ。
なぜ「鬼まんじゅう」と名前がついたかと言えば、ゴツゴツとした形が鬼の持っている「金棒」に似ているからという説が有力なんだそう。

そんな「鬼まんじゅう」の名店が、名古屋・覚王山にお店を構える「梅花堂」、創業90年になる老舗なんですよ。
看板商品の鬼まんじゅうは、早い時にはお昼には売り切れてしまうほどの人気なのです。

お店の場所とアクセス

場所は地下鉄覚王山駅1番出口を出て左にまっすぐあるいて1分くらい。
賑わう日泰寺の参道の反対側ですが、平日でも昼前はお客がひっきりなしにやってきます。

店内の様子と雰囲気

店内はすっきりとしたお店です。

鬼まんじゅうは順番に蒸しあがり、ほとんどが予約で売れてしまうので行列はありません。
売れてしまうと早めに店じまいになってしまうこともあるんだそう。

和菓子の種類と値段

ショーケースに並ぶ和菓子は素朴な和菓子ばかりで、ほとんとが134円(税込)とお手頃価格!
しかも安いだけではなく、昔ながらの国産の材料を使っているというから驚きです。

季節によって多少変わるそうですが、この日店頭並んでいたのは「わらび餅」「桜餅」「大福もち」「おはぎ」「羽二重餅(よもぎ餅)」など、各134円(税込)。

さらには「切り餅」や「赤飯」も並んでいるんですよ。

ふっくら「鬼まんじゅう」/134円(税込)

鬼まんじゅうは店頭には並んでおらず、5個包装でレジ奥に並んでいました。単品で1個から買えるそうですよ。

店名の「梅」が描かれた包装紙、色は白に山吹色です。

値段は134円(税込)。安くておいしくて、素材も安心とくれば人気になるのも当然でしょう。
この日も次々とお客さんが訪れていました。

このつやつや感、見た目だけでもおいしそうですよね。

材料も作り方も昔のまま、伝統の味を守り続けているんだそうですよ。
使っているのはさつま芋、小麦粉、砂糖、ほんの少しの塩だけだそうですが、職人の絶妙な練りで仕上がりに差がでるんだそう。

割ってみるとさつま芋がごろごろ。九州と四国のさつま芋を時期によって使い分けているんだそう。
多い時には一日1,000個が売れるそうですから驚きです。

賞味期限は当日中なので買いすぎに注意です。

その他のおすすめ

もちろん鬼まんじゅう以外の和菓子もどれもおいしいのですが、わたしのおすすめを2つ。

もっちりやわらか「赤飯」/154円(税込)

一押しはこちらの扇形をした赤飯、お値段は154円(税込)。一人前づつ扇形になっているのもおしゃれですよね。

赤飯はボソボソしてあまり好きではありませんが、ここの赤飯はもっちりとやわらかく大好きです。
一度食べてみると赤飯のイメージが変わりますよ。

ふっくら「大福餅」/134円


そしてこちらのぷっくりとおいしそうな「大福餅」、お値段は134円(税込)。
今どき国産の材料を使って134円ってあり得ないお値段ですよね。

こちらのお店の大福は皮が羽二重餅ではなく”お餅”っぽくて分厚いです。

賞味期限は当日で翌日は皮が少し硬くなりますが、これをトースターで焼いてたべるとめちゃくちゃおいしいです!
あんこも甘すぎず上品な粒あん、ついつい多めに買ってしまいます。

駐車場は?

梅花堂には店舗右側に2台分の駐車スペースがあります。
店舗から少し離れているのでご注意くださいね。

店舗情報

梅花堂 (ばいかどう)
住所:愛知県名古屋市千種区末盛通1-6-2
電話:052-751-8025
営業時間:8:00~17:00*鬼まんじゅうは9:15~
定休日:不定休
駐車場:お店右隣(2台分スペースあり)

地図

コメントを残す