名古屋・覚王山『おこぼ餅』気の利いたギフトや「ビジネス手土産」に大人気!




名古屋・覚王山の『和菓子菓寮ocobo (おこぼ)』、人気有名店のひしめき合う激戦区ながら口コミで評判を集めるお店です。

賑わう日泰寺参道から少し離れた住宅街にあるにもかかわらず、わざわざ足を運びたくなる和カフェなんです。
看板商品の『おこぼ餅』はもっちりとしたやわらかさとやさしい甘さで、他では味わえない上品なおいしさと大人気なんだそうですよ。

気の利いた手土産としてはもちろん、大事な「ビジネス手土産」としても重宝されているんだとか。
以前から気になっていたお店、今回やっと足を運んでみました。

 

 

お店の場所と行き方

お店の場所は地下鉄覚王山駅4番出口を出て左に折れます。
2分ほど歩いて”動物病院”のある角を右に入れると右側に看板が見えます。

店内の様子と雰囲気

お店はカウンターのみ10席のこじんまりとしたお店です。
木の温もりがする落ち着いた店内ですね。

テイクアウトメニューの種類と値段

おこぼ餅

一番人気の「おこぼ餅」は単品190円(税込)、5個入950円(税込)です。
賞味期限が3日~4日(季節によって異なります)、ある程度日持ちするのも手土産で人気の理由でしょうね。

その他の和菓子

ドアから入ってすぐの左側にショーケースがあります。
おこぼ餅の他にも、みつ豆やあんみつ、季節の和菓子をテークアウトすることができますよ。

あんみつ(560円税込)~、豆かん(つぶ餡なし)が430円(税込)~、賞味期限2日。
きな粉葛寄せ(500円税込)、賞味期限1日。
季節の和菓子は季節によって2週間ほどで変わるそうで、この日は「かしわ餅」でした。

おこぼ餅5個入り/950円

今回は5個入りの箱で持ち帰り、お値段は950円(税込)です。

山吹色の薄紙にまかれて上品ですね。

サイズは4.5㎝ほど、41gで、小さなおまんじゅうくらいの大きさでしょうか。

弾力があり、持った感じは羽二重餅ですがカットすると白ではなくかなりの黄土色。
これは「糖蜜羹(とうみつかん)」の色で、和三盆を作るときにでる糖蜜なんだそうですよ。


中にはくるみの粒々が入っていて、食感が楽しめます。
よく口にする羽二重餅よりももっちりとした食感、それにくるみの香ばしさが加わって今まで食べたことがないおいしさです。

ほんのりとやさしい甘さは、甘いものが好きではなくてもこれはおいしく食べらるのではないでしょうか。
「外さない手土産」として人気なのがわかる気がしました。

この日はカフェも利用しましたが、スーツ姿の男性が何人かまとめ買いして領収書もらってました(笑)
こちらのお店でしか買えないので、余計に喜ばれるんでしょうね。

カフェならお得なセットも

おこぼ餅は1個から気軽にテイクアウトができますし、カフェでもいただくことができますよ。
月・火曜日(平日のみ)だけの限定で、「おこぼ餅」と「季節の和菓子」とミニ甘味がセットになった「観月セット」もありますよ。

まとめ

さらにはショーケースの横には、カフェで使っているというお茶っ葉や、作家さんの食器が並び買うことができるようです。

おこぼ餅は日本人ならきっと老若男女誰でも嫌いな人はいないだろうな、という上品な味わいでした。
普通の羽二重餅だと思っていただくと、ちょっとした感動があると思います。

失敗できないビジネス手土産や、大事な人への贈り物に迷ったら、ぜひとも「おこぼ餅」を思い出してみてくださいね。

食べログで口コミを見てみる

店舗情報

和菓子菓寮ocobo (おこぼ)
住所:愛知県名古屋市千種区観月町1-8 ツインビービル1F
電話:052-752-6789
営業時間:12:00~18:30(L.O17:30)
定休日:水曜・木曜
駐車場:無(近隣にコインパーキング有)
参考サイト:http://ocobo-wagashi.com/

地図