創業380年徳川藩主に愛された「両口屋是清」の銘菓は素朴なおいしさ

スポンサーリンク



久々に「両口屋」さんのお菓子を買ってきました。
名古屋の銘菓だけにお遣い物などではいただくのですが、実は自宅用に購入するのは初めてかもしれません。

 

 

先日東京へ遊びに行った折、デパ地下好きとしては銀座三越と東京駅の大丸を一巡りしてみました。
その際「両口屋」の店先が賑わっていたのですよね。
これはなんだか以外でした。

ちょっとしたお遣い物から、法事、お抹茶のお菓子として、名古屋人なら子どもの頃からたびたび口にしているのに自分では買わない(お遣い物としては買ってます)。
地元の銘菓ってそんなものかもしれないですね。

 

今回買ってきたのは定番の「銘菓詰合」。
こちらを書くのに「両口屋」さんの公式サイトを覗いてみたのですが、
「両口屋」さんの歴史の奥深さにちょっと驚き。

創業は寛永11年(1614年)と380年の歴史があります。
あの「赤福」さんでも創業1707年と「両口屋」の方が100年ほども歴史の古い老舗なのですね。

第二代尾張藩主徳川光友公よりも直筆表看板「御菓子所両口屋是清」をいただいているそうです。
名古屋の和菓子文化はお武家さんが育てたと言われますが、それを裏付けるようなお話ですね。

 

旅まくら・志なの路・よも山の3種類の詰め合わせです。
贈答用ではなく簡易箱で2段になって倍の量が入っているのですが、これだけ入っても918円と1,000円しないんですよ。

 

志なの路

砂糖引きをほどこした香ばしい玉子皮の焼き菓子。

玉子皮の上の白いのはお砂糖をふいています。
さっくりとした皮になめらかなこしあん、どこか懐かしい素朴な味です。
あんの中の白いのは外の生地が入り込んだものらしいです。

 

旅まくら(茶通)

自慢のこしあんを存分に味わえる1品です。
昭和25年には愛知国体開催の際に昭和天皇と皇后の両陛下に献上されたそうです。

薄皮で上と下側だけが焼いてあります。
香ばしい黒ゴマの風味がアクセントになります。
ぎっしりと詰まったなめらかなこしあんで、こぶりながら満足感があります。

 

よも山

こちらの焼印はもみじだそうです。
季節ごとに変わり、梅や桜など6種類の焼印があるそう。

小麦粉の素朴な皮に甘めのこしあんがお茶によく合います。
こちらよも山のこしあんはほろっと崩れるくらいの固さです。

3種類のお菓子には北海道産小豆を使った同じこしあんを使っていて、
水分量を微妙に調節し、それぞれの皮に合う独特の味わいを出しているそうです。
どちらも安定のおいしさ。

あまりに身近すぎて気づきませんでしたが、「両口屋」さんもっと自慢してもいいくらいですね。
「をちこち」や「二人静」も食べたくなってきたのでした。

 

ちなみに東京デパ地下で名古屋で買えない銀座ウエストのお菓子を買って帰りました。
ネットなんかで見たことはあるのですが食べたのは初めて。
こちらも老舗のやさしい味わいでした。