名古屋レトロ喫茶店巡り

名和『シロキヤ洋菓子店』昭和レトロなケーキ屋さんの喫茶室でティータイム!アクセスは?駐車場は?

愛知県東海市・名和の創業昭和38年、レトロな佇まいを残す『シロキヤ洋菓子店』。

実はNHKでも紹介された、全国からレトロ喫茶好きがやってくる聖地ともいえるお店、やっと足を運んできたのでご紹介!

お店の場所は?

お店の場所は国道247号線、名古屋市中区の我が家から車で20分ほど。

実際にお店まで行って見上げると、丸みを帯びたフォルム、真ん中の丸い窓、ロゴの文字、昭和レトロなかわいらしさに感動!

店内に入るとケーキが並んだショーケース、その上には”あのイラスト”の描かれたレトロな照明看板。

一目実物をみたかったこちらの看板は大切に店内に飾られていました。

なんとこちらの看板、お店のお客さんが作ってサプライズで持ってきてくれたものなんだとか!  お店が愛されているのがわかりますね。

イートインはどこ?

お店でケーキを食べる予定がイートインはどこ?、と思ったらショーケースの右手にあるこちらの木の扉の向こうがイートインスペース、 上に「喫茶部」と書かれていますね。

ドアを開けるとケーキやだけど和風な雰囲気、立派な木柱の仕切り、テーブルは一枚板です。

キッチンもいい感じ、コーヒーチケットが並んでいるので常連さんもたくさんいるんでしょう。

メニューの種類と値段

メニュー表は壁に掲げられています。

  • コーヒー・・400円
  • 紅茶・・400円
  • ミルク・・400円
  • 生クリームをたっぷり使ったウインナーコーヒー・・500円
  • 生クリームをたっぷり使ったココア・・500円

  • バタートースト・・350円
  • ミックストースト・・600円
  • ミックスサンド・・600円
  • フルーツパフェ・・550円

*ケーキセットは終日50円引き、10時まではモーニングがあるそうです。

ケーキセット

『コーヒー』(400円税込)と『メリーパフ』(288円税込)をチョイス、パパンは『モンブラン』(288円税込)。

ドリンクは殻付きピーナッツつき。

『メリーパフ』、メニュー名までレトロで胸キュンですね!

昭和なパフェやプリンアラモードについてくるグリーンの「アンジェリカ」にグラニュー糖とパウダーシュガーのWトッピング、 中にはバナナが隠れていました。

ケーキをのせたペーパーにもシロキヤ洋菓子店のロゴとイラスト、かわいい。

フォークもレトロ。

テーブルで写真撮ってたら、オーナーがシロキヤのロゴとイラストの入ったナプキンとマッチをテーブルまで持ってきてくれました!

マッチの横には「ゆっくり走ろう東海市を」って書いてあるの。シロキヤさんが創業した昭和38年、まだまだ自家用車が珍しかったからね。

ちなみにこちらの味わい深いイラストは初代オーナーの自作なんだそう。マッチ・ラベル 1950s-70s の本でも紹介されているんですよ。

初代オーナーは信楽焼きのタヌキがお好きだそうで、お店の奥コーナーにもタヌキが戯れる立派な置き物や、お店の裏にも傘を被った大きなタヌキが飾られてました。

半世紀以上愛される人気は商売繁盛の縁起物と言われるタヌキが一役かってるのかもしれません。

昭和レトロなすりガラスの前に飾られた折り紙細工も常連さんが作って持ってきたものなんだとか。

2年ほど前からは常連さん以外にも、全国からレトロファンがカメラ片手にわざわざお店に来るんだとか、そんな話をしてくれながら昆布茶も出していただきました。

洋風のおしゃれな天井と丸いランプと和風の照明、和洋折衷の不思議な魅力のシロキヤ洋菓子店。レトロ好きにはたまりません。

駐車場は?

駐車場はお店南側に5台ほどあります。

名古屋駅からのアクセスは?

名古屋駅からのアクセスは名鉄名古屋駅から名鉄常滑線名和駅まで23分。名和駅からは歩いて5分ほどです。

さいごに

お店の前を仕事でよく通るから今度連れてってやるとパパンの「連れてく詐欺」から1年ほど、念願かなってやっと行くことができて満足。

気さくな2代目ともお話できて楽しいティータイムでした、また行きたい。

店舗情報&MAP

<店舗情報>
シロキヤ洋菓子店
住所:東海市名和町背戸田44-3(google mapで見る
アクセス:名鉄常滑線 名和駅から徒歩5分
電話:052-601-3939
営業時間:AM8:00~PM7:00
定休日:火曜日
喫煙・禁煙:全席喫煙可
座席数:
駐車場:無(近隣にコインパーキング有)
食べログで口コミを見る

※ 記事の情報は公開日月時点のものです。

コメントを残す