>>ららぽーと名古屋グルメ大特集!<<

天然たい焼き『鳴門鯛焼本舗』名古屋1号店が大須仁王門通に7月28日オープン!

関東・関西で人気の「鳴門鯛焼本舗(なるとたいやきほんぽ)」が名古屋に初出店!場所は招き猫広場すぐ、7月28日(土)の大須骨董市の日にオープンしました。
5月のゴールデンウィークに再オープンした「鯛福茶屋 澤屋八代目」に続き2店舗目となる一丁焼き・天然たい焼き、どんなお店なんでしょう?
さっそくオープンの日に行ってきました。

鯛焼きはパリパリ皮でサクっとおいしく、さらにはアイスもなか130円、ドリンク100円とお値打ち価格のサイドメニューも充実!
初日オープンから多くの人で賑わっていましたよ。

お店の場所は?

お店の場所は招き猫広場すぐ近く、仁王門通りにあります。

店舗横には冷房がきいた8席のイートインスペースも!これは嬉しいですね。

天然鯛焼きとは?

天然鯛焼きとは”一丁焼きの金型”で一匹づつ直火で焼きあげる伝統スタイルの鯛焼きです。
現在では定番となった6個ほどの並べた金型で焼くたい焼きは、「天然たい焼き」に対し「養殖たい焼き」と呼ばれているんですよ。

一匹づつの金型は2kgほどもあり、片手で支えながら生地と粒あんを流し込むのは熟練の技。今ではすっかり見かけなくなり、名古屋でも天然鯛焼きが買えるのはわずか2店のみだったんです。

鳴門鯛焼本舗は一丁焼きの天然たい焼きのチェーン店

名古屋であまり知られていませんが、鳴門鯛焼本舗は東京の浅草、日本橋。池袋など関東に18店舗、千日前、天神橋、梅田など関西に30店舗がある大手のチェーン店。
伝統の一丁焼きの金型で1匹づつ焼きあげることこにこだわった、関西発の「天然たい焼き」専門店だそう。

今回の大須店は、東海エリア初出店となるようです(7月7日に先に静岡でオープンしたようです)。
今後東海エリアでも展開していくんでしょうね。

メニューの種類と価格は?

天然たい焼きは「十勝産あずき(180円(税別)」「鳴門金時いも(200円税別)」の2種類。
たい焼きに金時いもあんなんて珍しいですよね。
他にアイスもなか(130円税別)、あずき入りアイスもなか(160円税別)、こちらはお手軽価格で食べ歩きに嬉しいですよね。
*28日(土)29日(日)の2日間はオープンセールですべて20円引きになりますよ!

さらには嬉しいことにドリンクはオール100円税別!
■ブレンドコーヒー■アメリカンコーヒー■カフェラテ■抹茶オレ■紅茶の5種類、すべてホットとアイスが選べます。
コーラとかオレンジジュースじゃないところがいいですよね!

十勝産あずき 180円税別

ということで「十勝産あずき」180円税別を食べてみました。すぐそばのふれあい広場で屋根の下でも座って食べられます。
併設のイートインは冷房が効いているのでもちろんそちらで食べてもオケ!

尻尾が大きくてちょっとかわいらしいたい焼き、ちょと小ぶりかな。

皮はかなり薄皮でパリッパリのカリカリで香ばしい!粒あんは少しゆるめで甘め、頭から尻尾の先までぎっしりと詰まっています。

最中アイス 130円税別

最中アイスのプレーン130円税別、粒あんが入ると160円税別です。
アイスがぎっしり、目の前で最中に挟んでくれるので皮はサクサク!アイスは昔懐かしいサッパリとしたシャーベットっぽいアイスで夏の食べ歩きにはぴったり!

抹茶オレ 100円税別

暑かったので抹茶オレ100円税別も一緒にオーダー、ミルク感たっぷりでこれで100円は安いわ~~!!

抹茶スムージー 230円税込

さらには厳選お抹茶をつかった「抹茶スムージー」もなんと230円税込!目の前で作ってくれます。

甘さ控えめでさっぱり、抹茶はしっかり、こちらも夏におすすめですよ。

さいごに

5月にオープンした大須観音すぐの鯛福茶庵の天然鯛焼き、どちらも食べてみた感想を少し。
鳴門鯛焼本舗はサイズが少し小さめ、粒あんはゆるめで甘め、皮はパリパリサクサク、頭から尻尾まであんがギッシリ、180円税別。
鯛福茶庵はサイズは少し大きめ、粒あんはほっくり甘さ控えめ、皮はサックリ少し甘め、あんこたっぷり、140円税別。

どちらがおいしいかと言えばこれは好みの問題、わたし的には生地は鳴門鯛焼本舗、粒あんは鯛福茶庵ですかね。
鳴門鯛焼本舗は鯛焼きは少しお高めですが、サイドメニューのアイスもなかやドリンクがめっちゃ安くて魅力的!夏はお世話になりそうです。

MAP

<店舗情報>
鳴門鯛焼本舗 大須仁王門通店
住所:愛知県 名古屋市中区 大須三丁目43番4号 大須ビル(google mapで見る
電話:052-262-0544
営業時間:10:00〜22:00
定休日:無休
駐車場:無(近隣にコインパーキング有)
参考サイト:http://www.taiyaki.co.jp/

※ この記事は2018年8月時点の情報です。

コメントを残す