>>ららぽーと名古屋グルメ大特集!<<

名古屋駅「文の助茶屋」で京都老舗のかき氷を堪能!きながくれは上品なお味

名古屋駅のジェイアール名古屋タカシマヤ6Fの「文の助茶屋」、京都東山で明治末期から愛されてきた甘味処です。
京都老舗の味が名古屋で気軽に味わえる人気のカフェ、こちらでもかき氷が人気なんだそうですよ。

お店では一年を通してかき氷がいただけますが、夏限定のかき氷も人気。
抹茶や黒蜜を使ったかき氷が定番ですがsnsで見かけた真っ白で美しい「きながくれ」に一目惚れ、京都らしい上品なかき氷をいただていてきました。
甘味処らしくあんこも寒天も白玉もすべて手作り、とってもおいしいかき氷ですよ。

お店は名古屋駅の高島屋6F

お店の場所は名古屋駅のジェイアール名古屋タカシマヤ6Fです。
緑ののれんがこじゃれていますね。

お店の雰囲気

店内は木の温もりを感じられる和モダンな作り、組み木を上手に使った空間が素敵ですね。
ゆったりとした窓際のカウンターが用意され、お一人様で気軽に入れます。

通路も広いのでベビーカーでも大丈夫ですね。

かき氷メニューの種類と値段

こちらは定番のかき氷、一年を通して楽しめます。

定番メニュー(税込)

  • みぞれ氷・・・702円
  • いちご氷・・・702円
  • 黒みつ氷・・・702円
  • 宇治氷・・・702円
  • 田舎氷・・・864円
  • 宇治金時・・・918円
  • 宇治の里・・・1,080円

夏季限定メニュー(税込)

  • 宇治遊び・・1,080円
  • きながくれ・・・1,080円
  • 宇治ミルク氷・・・1,080円
  • いちごミルク氷・・・1,080円
  • ミルク金時・・・1,026円

きながくれ 1,080円

さっそくお目当ての「きながくれ(1,080円)」を注文、花びらのような器もこじゃれてますね。

つやつやの白玉が2つのってます、淡雪のような氷はやさしい口どけのミルク氷。

中にはあずき、寒天、わらび餅、きなこソフトが入っているんですよ。なんとも贅沢なかき氷ですよね。

氷は三重県・美里町の天然水から作った天然氷を使っているんだそう。ミルク味の氷はふわふわでやさしい口当たり、きな粉も甘すぎず上品な味わいです。

こちらはお店自慢のわらび餅、毎日お店で手作りをしているんだそうですよ。
ぷるぷるとやわらかですがほどよいコシがあり、ほんのりとニッキがきいてうまうまです。

舌で崩れるやわらかさの寒天、粒あんも上品な甘さでミルク氷と相性バッチリです。
真っ白な氷からあれこれと出てくるなんて、とっても楽しくておいしいかき氷でした。

自慢の蕨餅はお持ち帰りもOK

店頭には自慢のわらび餅や甘酒、あんみつなどテイクアウトもできるようですよ。

その他のメニュー

その他にも甘味メニューは豊富です。一番人気は抹茶パフェ(972円税込)なんだそうですよ。
他にもお食事メニューとしておそばなんかもあります。

さいごに

レジ横には和紙で作ったあじさいとアマガエル、なんとも風情のあるお店でした。
あじさいの色合いのきれいなこと。

またあんみつなんかもいただきたきに寄りたいですね。

地図

<店舗情報>
京甘味 文の助茶屋 名古屋店
住所:名古屋市中村区名駅1丁目1番4号 ジェイアール名古屋タカシマヤ 6階
電話:052-566-1101(代表)
営業時間:午前10時~午後8時(ラストオーダー午後7時30分)
定休日:不定休
駐車場:タワーズ駐車場1,300台(30分320円)※ 5,000円以上利用で60分、20,000円以上利用で120分、50,000円以上利用で180分無料
参考サイト:http://www.bunnosuke.jp/eccube/

※ この記事は2018年7月時点の情報です。

コメントを残す