レトロ喫茶店を巡る旅

東区『キッチン アマンド』魅惑の昭和空間で味わう懐かしのオムライス!

筒井商店街界隈までレトロ散歩へ、交差点角の食料品店「かとう」さんが跡形もなく姿を消していて涙。

ラク亭、岩正、、お昼を食べようと思っていたフレンズがお休みだったので、商店街を少し離れた「キッチンアマンド」までふらふらと。

昭和過ぎる空間でオムライスいただいてきたのでレポ。

お店の場所は?

お店は筒井商店街の外れ、今池方面へ東へ歩いたところです。

解放された扉の奥があまりにエモくてふらふらと入ってしまいました。

瓦屋根にタイル壁、残されたエレガントな枠には素敵な看板が掲げられていたんでしょうね。 奥の手書きのテントもよき。

店内の雰囲気は?

店内はタイムスリップしたような昭和の空間! こんな凝った意匠がまだ残っていたんですねぇ。

創業50年超え、細かなところまで凝った意匠、当時はかなり豪華でしゃれた洋食屋さんだったんでしょう。

鏡の奥のドアはクッション素材。

カウンターのチェアもミッドセンチュリー。

凝った床はかなり昔のものかと思われますが、きれいに残っているのにビックリ。

大理石のカウンターに添えられた調味料。お店は古いですがきれいにされています。

オムライス

ふら~と引き寄せられるように入ったので、とりあえず壁にかかれたメニュー『オムライス』(680円)をオーダー。

680円だから単品で出てくると思ったら、ちゃんとお味噌汁と白菜のお漬物とセットで出てきて驚きです。
ランチタイムサービスなのかな?

パセリが洋食屋さんの品格を主張してる!

薄焼き卵に包まれた王道のチキンライス、トマトソースもおいしい。

王道の洋食メニューはこちら

王道の洋食メニュー、お値段もお値打ちです。

さいごに

マスターと上品なママさんがお二人で切り盛りされており、50年超えてるとおっしゃってました。
キッチンも昭和で、壁紙などは張り替えているんでしょうが大きくは変えていない様子で、きっとこだわりのお店なんだろうなと思いました。

来た時にはお店の真ん前にレクサスが横付けされており、店内でネクタイ姿のおじさんがお昼を食べてました。
きっと思い出の味をわざわざ来たんでしょうね。

目的のお店はお休みでしたが、素敵なお店に出会えて大満足! 帰りに筒井松月でおまんじゅうを買って帰りました!

※ 記事の情報は公開日月時点のものです。
最新状況については公式サイト、お電話にてご確認くださいませ。

店舗情報&MAP

<店舗情報>
キッチンアマンド
住所:愛知県名古屋市東区豊前町3-19(google mapで見る
アクセス:地下鉄 車道駅から徒歩6分
電話:052-935-6341
営業時間:【昼】11:00〜14:00【夜】17:00〜21:00
*特製ランチは日・祝休み
定休日:木曜夜
喫煙・禁煙:
座席数:18席
駐車場:無(近隣にコインパーキング有)
食べログで口コミを見る