レトロ純喫茶を巡る旅

東京『荻窪邪宗門』古い映画のシーンのよう、創業67年世代を超えて愛される純喫茶

東京レトロ巡り、最後の一軒はいつか行きたいと思っていた荻窪「邪宗門(じゃそうもん)」へ。

創業はなんと昭和30年(1955年)、今年(2022年)で67年になる老舗。 創業からほぼ変わらぬであろう店内はまるで古い映画のワンシーンのよう。

昭和・平成・令和、ここだけ時間の流れがゆったりと流れるような空間です。

お店の場所は?

お店の場所は荻窪駅北口より徒歩約2分ほど、ちょとと風変わりな建物なのですぐにわかるかと思います。

店頭には年季の入ったコーヒー道具、歴史を感じますね。先日は「コーヒー100円」だった頃のメニュー表がでてきたんだとか!

邪宗門は全国に6軒、暖簾分けしてオープンしているそうです。

  • 桜ヶ丘邪宗門(2012年10月閉店)
  • 国立邪宗門(2008年閉店)
  • 荻窪邪宗門(1955年~)
  • 下田邪宗門
  • 世田谷邪宗門
  • 石打邪宗門
  • 小田原邪宗門(2019年10月閉店)
  • 高岡邪宗門(1970年~)

どこも個性的ですべて周ってみたいですね。

荻窪邪宗門を楽しむ注意点

Twitterをチェックするとわかりますが、邪宗門を初めて行かれる方に注意点を2つ。

①お店の混雑時は注文したメニューが出てくるのに1~2時間ほどかかります。

②夏はエアコンが効かないのでかなり暑いです。

時間に余裕がある時に、夏は暑いを覚悟でお店に伺いましょう。

店内の雰囲気は?

1Fはオーナーの書籍などが積まれ、現在は客席として使われているのは2Fのみだそう。

写真だけみてると昔の写真みたいですが、これは先日撮ったばかりです(笑)

窓際の特等席を。入り口から見えていた窓です。

使い込まれた椅子。

床もすてき。

メニューの種類と値段

  • ブレンド・・500円
  • ミルクコーヒー・・500円
  • ウインナコーヒー・・520円
  • スペシャルウインナーコーヒー・・600円
  • カプチーノコーヒー・・600円
  • ルシアンコーヒー・・550円
  • イタリアンコーヒー・・600円
  • トルココーヒー・・520円
  • エスプレッソコーヒー・・520円
  • カルーアコーヒー・・650円
  • アイリッシュコーヒー・・900円
  • ベネディクティンコーヒー・・900円
  • 濃縮コーヒー・・950円
  • クリームソーダ・・600円
  • サマールシアンコーヒー・・650円
  • ホットケーキ・・350円

*2022年5月現在

『ホットケーキ』(350円)と『ウインナーコーヒー』(520円)を。

おばあちゃまが2階まで急で狭い階段をトレイに乗せて上り下りされるのですが、「呼んでくれたら運ぶのに。」とほぼ皆さんが思っているのではないでしょうか。

メープルシロップとバターを別に持ってきてくれます。

手焼きのホットケーキ、おいしかった!

こちらが座っていたテーブルですね。

おばあちゃま、めちゃくちゃかわいいです! また会いに行きたい。

東京のレトロ喫茶店をさらにチェック!

さいごに

思った以上に個性的で素敵だった荻窪邪宗門、このレトロ感は演出してできるものじゃありませんね。

他にも注文したいメニューがたくさん、また再訪したいです。

※ 記事の情報は公開日月時点のものです。
最新状況については公式サイト、お電話にてご確認くださいませ。

店舗情報&MAP

<店舗情報>
荻窪 邪宗門 (オギクボジャシュウモン)
住所:東京都杉並区上荻1-6-11(google mapで見る
アクセス:荻窪駅北口より徒歩約2分
電話:03-3398-6206
営業時間:16:00~20:00
定休日:月曜日
喫煙・禁煙:
座席数:
駐車場:無(近隣にコインパーキング有)
食べログで口コミを見る