レトロ純喫茶を巡る旅

一宮『白鳥』メニュー豊富、お座敷あり、昭和の賑わいを残す大箱な純喫茶

一宮レトロ純喫茶巡り、一宮駅でレンタル自転車を借りて(なんと一日借りて300円!)一宮の街を回りました! 

シェルボンホミーから30分ほどのんびり走って「白鳥(はくちょう)」さんへ、喫茶店・レストラン・居酒屋さんを足して割ったような、ちょっと面白い純喫茶でしたよ。

お店の場所は?

お店の場所は一宮駅から6キロほど、駐車場が豊富なので車が便利ですね。

わたしは自転車で6㌔でも、途中で気になるお店に寄り道しながら平気ですが正直おすすめしません(笑)。

一宮駅から名鉄バスで「大日々野」バス停で降りて徒歩2分くらい、県道を折れてすぐです。

喫茶店というには大箱、外観からはレストランといった雰囲気ですね。

店内の雰囲気は?

入ってすぐ大きなショーケース、食品サンプルが並びます。 和食、喫茶メニューまで豊富、ファミレスっぽい感じかな。

店内はかなり広く、右側の2段ほどステップを降りたところが喫茶スペースで現在はこちらをメインに使っているようです。

広々としたコーナーソファー、落ち着いた雰囲気ですね。

喫茶スペースから見ると、奥にもまた広いスペースが。

奥はなんとお座敷になっているんですよ! 

テーブルも大理石、ちょっとリッチな雰囲気です。

エントランスに置かれたジュークボックス、曲名はすべて手書き! 動くのかな?せっかく遠出したのだから動くなら聞きたかったな~(今さら)。

エントランスにはカウンターも置かれており、大勢のお客が出入りして食事やアルコールを楽しみ賑やかだったんだろうなぁ。

ショーケースの上に鎮座された招き猫様も由緒ありそう。

ミッドセンチュリー風のチェア、箱詰めの瓶、純喫茶風壁紙、この画だけ見るとまさに昭和(笑)

創業56年、東京オリンピックの年かな?  日本中が元気だった時代ですよね。

メニューの種類と値段

メニューは豊富、ドリンクはもちろん定食も充実です。

クリームソーダ 

『クリームソーダ』(500円)を、小さめの菓子パン(あんぱん)と柿ピーがついてきました。モーニングじゃありませんよ。

さくらんぼのトッピング、よきすねぇ。

最後にはこぶ茶も持ってきていただけました。

テーブルゲーム機は電気ついてるので現役ですね!

一宮のレトロ純喫茶をさらにチェック!

さいごに

とっても豪華な店内にビックリ、中途半端な時間に伺いましたが、朝やお昼は地元の方が集まるんでしょうね。

禁煙なのでファミリーOK、広いのでファミレス感覚で使えますよ。

※ 記事の情報は公開日月時点のものです。
最新状況については公式サイト、お電話にてご確認くださいませ。

店舗情報&MAP

<店舗情報>
白鳥
住所:愛知県一宮市浅井町大日比野東屋敷2376(google mapで見る
アクセス:石刀駅から4,102m
電話:0586-51-1288
営業時間:7:30~17:00(L.O.16:30)【土曜】7:30~10:00(L.O.9:30)
定休日:月曜日
喫煙・禁煙:禁煙(喫煙ルームあり)
座席数:
駐車場:無(近隣にコインパーキング有)
食べログで口コミを見る