~アムールデュショコラ2022特集~

『銀座ウエスト本店』クラシカルなティールームでケーキセット

やっと伺いました、憧れの『銀座ウエスト銀座本店』。 

実は東京来るたびに銀座ウエストの焼菓子を買って帰ってて、本店のカフェに行きたいと思ってたの。

薄暗くなった街を銀座へ向かいつつお店に辿り着くと、想像していたよりも渋くて落ち着いた雰囲気。ますます銀座ウエストのファンになっちゃいました。

お店の場所は?

お店の場所は、東京メトロ銀座駅C2出口より徒歩5分、JR有楽町駅より徒歩10分ほど、今回は有楽町から歩いて向かいました。

本店と言うからには煌びやかなシャンデリアのある2階だてくらいのビルかと勝手に思ってたら全然違ってた(笑)。

旧店名である「洋菓子舗 ウエスト」がしっくりするような路面に沿ったこじんまりとしたお店。

有名店で大きくなってもお店を広げすぎず、堅実さを忘れていないんですね。

入り口近くに順番待ちを登録、電話番号を登録すると順番をお知らせしてくれますし、レシートのコードで順番を確認できます。

夕方で行列も少なく1組待ちでした。

売店で焼き菓子を購入

待っている間に自分用にお土産をゲット、自分用なのでバラで購入します。

バラ一つ200円くらいかな、ロシアケーキ「ヴィクトリア」や「リーフパイ」が人気です。

ギフト用のボックスも多く並び、まとめて購入されるスーツ姿の方もいらっしゃってさすが銀座だな~と。

ケーキは450円~500円くらい、夕方5時ですがスカスカですね。 その日に作ったケーキは売り切りなんでしょう。

昭和時代にタイムスリップしたみたいなレトロな店構えに胸キュンキュンしますねされているのもデパ地下と違って男性の方で新鮮でした。

店内の雰囲気は?

入った時には満席でしたが、一日歩いて疲れた足を延ばしてゆったりしている間に人も少なくなりました。

モカブラウンのビロードのチェア、白い小さなカバーがエモすぎる。

メニューの種類と値段

詳しいメニューは公式サイトへどうぞ。
https://www.ginza-west.co.jp/shopinfo/menu.html

白いテーブルカバーの上には生花。

ケーキセット

ケーキセットは(ドリンク代+330円~)、トレイに乗せてテーブルまでもってきてくれます。夕方で種類が少ないのがちょっと残念。

『フレッシュハーブティー』(1,100円)、フレッシュハーブがあるなんて本格的。 

しかもテーブルに運ぶトレイから香りが届き、ゆたかな香りでとってもおいしかった! 歩き疲れた体に染みわたる。

ケーキは「モンブラン」を、冷凍されていないケーキですね。生クリームおいしい。

お値段(1,430円)とちょっとお高め、でもフレッシュハーブおいしかったので満足です。

壁に飾られている写真は創業当時のものでしょうか。「グリル ウエストギンザ」となっています。

昭和22年( 1947年)銀座にオープンした「ウエスト」の出発点はレストランでありました。

船旅全盛時代の郵船よりシェフを招いて、街でコーヒー一杯10円の当時、コース1,000円の料理を出していたウエストは、開店後わずか半年余りで施行された都条例により「75円以上のメニュー」が禁止されたため、やむなく製菓部門のみを残し、喫茶に変身いたしました。

銀座ウエスト公式サイトより

コーヒー1杯10円でコース料理1,000円、現在ならコーヒー一杯500円、コース料理50,000円の高級店でしょうか。

当時の建物から建替えているようですが、ほぼ変わらない佇まいですね。

購入したお菓子、こっそり一人で食べます(笑)
名古屋で買えるお店がなく、お取寄せはバラでできないので東京来るとほぼ毎回買ってるお気に入りです。

一番好きなのはこちら「フルーツバー」、大好き! 

東京の純喫茶をさらにチェック!

さいごに

銀座ウエスト本店、期待を裏切らない素敵な空間でした! 

※ 記事の情報は公開日月時点のものです。
最新状況については公式サイト、お電話にてご確認くださいませ。

店舗情報&MAP

<店舗情報>
銀座ウエスト 銀座本店 (GINZA WEST【旧店名】洋菓子舗 ウエスト)
住所:東京都中央区銀座7-3-6(google mapで見る
アクセス:東京メトロ銀座駅C2出口より徒歩5分/JR有楽町駅徒歩10分
電話:03-3571-1554
営業時間:[月~金]9:00~22:00(L.O.21:30)(売店は23:00まで)[土・日・祝]11:00~20:00(L.O)
定休日:無休
喫煙・禁煙:全席禁煙
座席数:52席
駐車場:無(近隣にコインパーキング有)
食べログで口コミを見る
 
Instagram
Twitter
Feedly
SHARE