~アムールデュショコラ2022特集~

浅草『銀座ブラジル』手作りサンドがおいしい純喫茶

東京レトロ巡りの最終日は東京で一人暮らしをしている長女子と待ち合わせ、その前に浅草を回って純喫茶に寄りました。

3回目の正直で「ハトヤ」を目指すものの今回も撃沈、すぐ近くの「ブラジル」へ。 浅草は回り切れないくらいに純喫茶がある魅惑のエリアですね。

お店の場所は?

お店の場所は浅草駅から徒歩4分ほど、ハトヤと同じ通りの商店街の通りの2階。

ショーケース横の階段を上がります。

サンドイッチがメイン、平日は660円でモーニングセット(右下)も食べられるみたい。

右下の『元祖ロースカツサンド』(1,100円)が人気みたいで、皆さんオーダーされていましたよ。

ワクワクしながら2階へ、渋い雰囲気が伝わります。

店内の雰囲気は?

アールを描くカウンターがすばらしい。

階段には「Ginza BRAZIL」のロゴ。

こちらの壁は銅板なのかしら?

セットメニューの種類と値段

モーニングは平日のみ、この日は日曜なのでモーニングはなく14時までのサービスメニューをいただきました。

  • Aランチ(ハムサンド)・・880円
  • Aランチ(コンビーフサンド)・・880円
  • Bランチ(フライチキン)・・1,100円

セットドリンク

  • ブレンド珈琲
  • アイスコーヒー
  • アメリカン珈琲
  • アイスオーレ
  • カフェオーレ
  • アイスティー
  • 紅茶

サンドイッチを注文すると、こちらのセットがテーブルに運ばれてきます。 ナプキン入れがエモい。

地元名古屋ではなかなかお目にかかれない「コンビーフサンド」を注文、ドリンクはカフェオレです。

独特な人参の花びら風サラダ。 冷凍ではなく生じゃがいもから作ったフライドポテトがついてきます。

コンビーフにコールスローサラダ、ふわふわの食パンでとってもおいしい!

お隣の常連さんは食べきれないからと、アルミホイルとビニール袋を貰って半分持って帰ってました。
アルミホイルってのが下町風でいいな~。

時間に余裕をもって来店しましょう

サンドイッチは作り置きせず手作り、混みあうと時間が1時間ほどかかってしまうことも。

おいしいサンドイッチを食べるため、時間には余裕を持ってお店へ行きましょうね。

東京レトロ純喫茶をさらにチェック!

さいごに

手作りサンドイッチがおいしい浅草の人気純喫茶、ママさんたちも元気で下町の喫茶店気分を味わえました。

※ 記事の情報は公開日月時点のものです。
最新状況については公式サイト、お電話にてご確認くださいませ。

店舗情報&MAP

<店舗情報>
銀座ブラジル 浅草支店 
住所:東京都台東区浅草1-28-2 2F(google mapで見る
アクセス:浅草駅(つくばEXP)から徒歩4分m
電話:03-3841-1473
営業時間:9:00~17:30
定休日:水曜日
喫煙・禁煙:全席禁煙
座席数:
駐車場:無(近隣にコインパーキング有)
食べログで口コミを見る