名古屋レトロ喫茶店巡り

金山駅南に高級スーパー『サポーレ 熱田店』10月オープン!場所は?規模はどのくらい?

金山駅南に瑞穂区でお惣菜がおいしいと人気の高級スーパー『フーズパビリオン サポーレ』が2020年10月にオープン予定です。

サポーレと聞いてもピンとこない方もフルーツタルトやパフェが人気の『アルベイユ』は聞いたことがあるのでは?

実は『アルベイユ』もサポーレの系列店で、果物屋から大きくなったというサポーレのこだわりのフルーツを使っているんですよ。

今回は三重県の本店、瑞穂店に続き3店舗目となる『サポーレ』、出店予定地が近いのでとっても楽しみ。
どんな規模の店舗になるのか予想してみました。

サポーレ 熱田店(仮称)概要

名称:(仮称)サポーレ熱田店

所在地:名古屋市熱田区新尾頭二丁目411番 ほか8筆

敷地面積:6,795㎡

延床面積:3,422㎡

店舗面積:1,963㎡

建物の構造:鉄骨造1階建て

営業時間:午前9時00分~午後9時45分

駐車場の収容台数:101台

開店予定日 :令和2年10月予定

サポーレ熱田店の場所は?

サポーレ熱田店がオープンする予定の場所は、スシロー熱田店の向かい側。 そう、以前にスシローがあった場所。

金山駅からは歩いて行ける?

金山総合駅から徒歩5分ほどと充分に徒歩圏内ですね。

サポーレ熱田店の規模は?

「大規模店舗」とありますが、どのくらいの大きさかと近くの「イオン金山」と比較してみます。

敷地面積:6,795㎡×2,723㎡(イオン金山)

延床面積:3,422㎡×11,200㎡(イオン金山)

店舗面積:1,963㎡×5,120㎡(イオン金山)

イオン金山に比べると、敷地面積は約2.5倍、延床面積は約1/3(イオン金山は4フロア)、店舗面積は2/5

以上から推測するに『サポーレ 熱田店』はフロア1Fのみの平屋建て食料品メイン、駐車場は広く平面または屋上と留めやすいとのでは思われます。

金山近くに2年ほど前にオープンした大型スーパーバローと比べて、大型というより中型くらいになるのかな。

また詳しいことが分かり次第に追記しますね!

店舗情報&MAP

<店舗情報>
サポーレ 熱田店(仮称)
住所:(google mapで見る)
アクセス:
電話:
営業時間:9:00~21:45
定休日:
駐車場:有(101台)
食べログで口コミを見る

※ 記事の情報は公開日月時点のものです。

コメントを残す