名古屋初上陸!「プレスバターサンド」サクサクのキャラメル味がたまらない!8月末まで高島屋限定販売!




2017年にJR東京駅構内にオープンした1号店をスタートに、今では関東に4店舗を展開して年間100万個以上を販売しているという「PRESS BUTTER SAND」。いよいよジェイアール名古屋タカシマヤに一ヶ月限定のポップアップストアとして東海初上陸中です!

東京でも並ばないと買えないくらいの人気ぶりだそうで、名古屋でも初日から終日行列になっているんだそう。
そのうちに並ぼうかと気になっていたら、なんと一箱おすそ分けをいただきました!

サクっとしたクッキーにやさしいバタークリームとキャラメルクリームをサンドした、ほろりと口どけのよい焼き菓子。
さっそくレビューしてみますね。

 

 

期間限定のお店の場所は?

期間限定のプレスバターサンドのお店はJR駅構内の路面店(高島屋地下食品フロアではありません)、クラブハリエのお隣です。ブールアンジュベイクチーズタルトのある一角ですね。

行列は?

平日1時ごろに通りかかった時には20名ほど、6時ぐらいには30名ほどが並んでいました。土日、お盆にはもっと行列が長くなると予想されますね。

お盆を過ぎて少しは行列が緩和され、15分くらいの待ち時間で購入できることもあるようです。開催は8月末まで、ぜひ一度は味わってみてくださいね!

ビビットオレンジの意味って?

紙バッグは淡いグレーに白抜きのロゴ、ハンドルは印象的なビビットオレンジです。

こちらは5個入り、真ん中にプレスバターサンドと同じ「プレス」が銀箔で押されています。

留めてあるテープはこちらもビビットオレンジ、このオレンジはプレスバターサンドを作るのに使うプレス機の「鉄・熱・プレス」を表しているんだそうですよ。

プレスバターサンド5個入 1,000円税込

白のパッケージのプレスバターサンドが5つ並んだ箱。

サイズは45㎜角、プレスの形はデザイン性だけでなく、半分に綺麗にカットできるよう計算されているそうな。


和菓子の伝統製法である「はさみ焼き」で丁寧にプレスされているそうで、クリームは真ん中の”空間”に挟まれています。
上はバタークリーム、下はバターキャラメルクリーム。

クッキー生地は薄くサブレのようでサクサクとした食感、バタークリームはふわふわでクドさはなくキャラメルもやさしい味わいです。
バターもクッキーに使われる小麦粉も北海道産と素材にもこだわっています。

お味は?

見た目よりもクッキー生地は薄くてクリームも軽いため、想像よりもサクサクと軽い食感です。
とは言えホットの珈琲や紅茶と一緒にいただくのがおすすめ、日本茶でも合いそうです。

ホロホロと崩れるようなサクサクのクッキー生地はやはり独特の味わい、行列になるのも納得です。
8月末までの一ヶ月間だけジェイアール名古屋タカシマヤ 1F北ブロックデリシャスコートで販売されます。クラブハリエの向かい側ですね。

カロリーは?原材料は?

1個(22g)あたり108kcalです。

原材料はこちらをどうぞ。

賞味期限は?

日持ちは当日を含めて7日間です(購入したもの)。

価格は?

5個入 1,000円税込 / 9個入 1,710円税込 / 15個入 2,850円税込

さいごに

ほろりとした口どけのよいクッキーに、ふわふわのバタークリームとなめらかなキャラメルクリームがなんともおいしいです。
1個200円と若干お高めですが、1つ食べると満足感はありますね。

プレスバターサンド(PRESS BUTTER SAND)は、ジェイアール名古屋タカシマヤにオープンした焼きたてチーズタルト専門店「BAKE CHEESE TART」系列で今回高島屋さんに初登場したと思われます。
今度いつ来るのかわからないので気になる方は並んでみてはいかがでしょう?

プレス バターサンドの系列店ベイクチーズタルトもどうぞ↓

名古屋駅『ベイクチーズタルト』名古屋限定タルトのお味は?常温での日持ちは?パブロミニとの違いは?

2018.08.08

店舗概要

店舗名:PRESS BUTTER SAND(プレスバターサンド)
出店期間:8月1日(水)~31日(金)
営業時間:10:00~20:00(8月16日(木)は18:00まで)
出店場所:ジェイアール名古屋タカシマヤ 1F 北ブロックデリシャスコート
住所:名古屋市中村区名駅1丁目1番4号

地図