アムールデュショコラ2023特集記事

【閉店】北区『みもざ』ランプシェイドが素敵な純喫茶

去年の秋に訪問した北区の純喫茶『みもざ』、令和4年12月20日で閉店されます。

おしゃれなランプシェイド、並んだ丸みを帯びた大きな窓、Pullと書かれたドアハンドル、どれもお気に入りだったのになんとも寂しい。

閉店前にkikiさんとお邪魔してお別れしてきました。

前回の訪問レポ↓
【閉業】北区『みもざ』渋くておしゃれ昭和レトロな純喫茶

お店の場所は?

お店は比良駅から徒歩6分ほど、西区と北区の境目かな? 駐車場はお店の横に「P」とあり、1~2台停められそうですね。

PULLと書かれたレトロなハンドル。

ネコちゃんのシール、このシール昔はやってわたしも持ってました。

店内の雰囲気は?

渋い赤のソファー、ランプシェイド、ガラス製のランプシェイド、大きな窓、一段上がった奥のスペースを仕切るウッドの衝立(「てすりこ」と言うらしい。)。

あらためて画像で見ても大好きな雰囲気。

カウンターに並んだ照明も丸いと思いきや、かなり凝ったフォルム。

照明とテーブルやソファーなど調度品としっくりと合ってる。

焼うどん

『焼うどん』(500円)、もちろんしょうゆ味。

ピラフ

『ピラフ』(500円)、みそ汁かサラダがつきます。

コーヒー350円、サンドイッチとコーがセットで780円、良心のかたまりのような純喫茶。もちろんお料理もおいしい。

ママさんはまだまだお若く、閉店の理由を尋ねてみました。

仕入れていたコーヒー卸会社が11月で閉業、仕入れ先を変えると融通がきかなくなること。
何もかもが値上げしてしまい、いっそのこと閉店することにしたそうです。

コーヒー豆もかなり値上げしているし、仕入れさきが変われば350円では出せないでしょう。
そもそもコーヒー卸会社が閉業するのも豆の輸入価格が高騰しからかもしれません。

帰りに暗くなって映える灯りを見ながら、もう少しでこれが消えてしまうのかと思うとなんとも切なくなりました。

なんとなく違和感があり帰ってから画像を見直すと、やはりテントが新しくなってました。

ママさんはまだまだ続けるおつもりだったのでしょう、余計に切ないですね。

レトロ純喫茶巡りをさらにチェック

さいごに

やっとコロナが少し収束してきたかと思ったら、次々と値上げラッシュ。同じように閉店されるお店が増えそうですね。

ママさんもお疲れさまでした、すてきな空間をありがとうございました。

※ 記事の情報は公開日月時点のものです。
最新状況については公式サイト、お電話にてご確認くださいませ。

店舗情報&MAP

<店舗情報>
喫茶みもざ
住所:愛知県名古屋市北区喜惣治1丁目112(google mapで見る
アクセス:比良駅から徒歩6分
電話:052-901-7157
営業時間:7:30~19:00
定休日:水曜日
喫煙・禁煙:完全禁煙
座席数:
駐車場:有(店舗横)
食べログで口コミを見る