犬山城下町 食べ歩き28選!御朱印や体験も!

知多・武豊さつまいも専門店『芋ちゅう』ぐっさん家&マツコで紹介された大学芋!

週末は、おいしい海鮮丼が食べたいという次女子のリクエストに応えて知多までドライブに行ってきました。
目指すはなみ平、海鮮ランチが安くておいしいお気に入りのお店です。

この時期に知多へ行くと必ず寄るのが、いちご大福がおいしいいちご堂。
さらに今回は相方の希望で、ぐっさん家に登場した『芋ちゅう』にも寄ってきましたのでレポしますね。

お店の場所は?

お店の場所は知多・武豊です。
ペーパードライバーのわたくし、車に乗っている間はほぼ寝ている人なのでカーナビで辿り着いてください。

店内の雰囲気は?

お店に入ると左側にショーケース、右側にレジとこじんまりとしたお店です。
奥にカフェもあったようですが、メニューらしいものも見当たらず気づきませんでした。

メニューの種類と値段

  • なると金時(徳島産)大学芋・・630円税込
  • 紅あずま 大学芋・・410円税込
  • 紫芋 大学芋・・680円税込
  • ぱりぱり芋・・410円税込
  • いもどーなつ(2個入)・・410円税込
  • サブレ・・170円税込

なると金時芋は「マツコの知らない世界」で、紅あずまは「ぐっさん家」で紹介されたようです。
マツコの見逃したなぁ(笑)

ってことで今回はマツコの「なると金時芋(630円税込)」と、いちばん人気の「ぱりぱり芋(410円税込)」の二つを購入。

和風のビニールバッグに入れてくれました。

トアルコトラジャコーヒー@アクアイグニス大府

帰り道、食後に甘いものが食べたいという次女子の食欲を満たそうと、去年7月大府にオープンしたクアイグニスに寄ってみました。

賛否両論の笠原シェフのレストランとパン屋さん、他には地元の特産物などがおしゃれに並んだ、おつなSAって感じ。

お昼は済ませたので喉だけ潤そうと思ったら、笠原シェフのレストラン「笠庵」の前にこんな看板が、、、。
「幻のコーヒー トアルコトラジャ」を使用、これは飲んでいくしかないでしょ。

どうやらテイクアウトじゃなく、お店の中で飲んで行ってもいいようですが次女子はコーヒー飲まないから休憩所でいただくことに。

せっかくなんで、さきほど買ってきた「芋ちゅう」を茶菓子にいただきました。

まずは立派な「なると金時」、170g入りで630円税込です。

と思ったらなんと冷凍してあるそうで、凍ってて食べられない。
冬場は2時間くらい解凍が必要だそうで、レンジは使わず自然解凍で食べてくださいとのことらしい。
こうゆうのってわかりやすく書いとくか、レジで一言説明するべきじゃないのか?

ってことで撮影だけ。いい感じの照り具合、食欲がそそられます。

自宅に帰って夜にいただきましたが、外はパリパリ、中はふっくらでおいしかったです。
でもこの一欠片が100円ですからね、おいしくて当然かと、、、。

ぱりぱり芋 380円税込

こちらはすでに解凍されてて、おいしくいただけました。

薄くそがれた芋に白ごまがたっぷりとかかっていて香ばしい。

ついつい手がでて、3人であっという間にたいらげました。

わたし的には吉芋花火の方が好みかな。
でも相方は「吉芋花火は“刺さる“と痛いからこっちが好き。」とおっしゃる。

相方さんの食べ物の好き嫌いの基準ってさ。
食べやすさ>>>>>>味、な訳よ。

そりゃ人それぞれで色々な好みってヤツが存在する訳なんだけど、コイツとは食べ物の好みでは一生わかりあえねー!と改めて思ったのでした。

日持ち(正味期限)は?

日持ちは冷蔵庫で当日から3日間です。
冷凍状態で購入するので、吉芋花火のように冷凍保存技は使えませんね。

さいごに

素材のよいお芋を使っているからかもしれませんが、冷凍なのに(これは私感)お値段高め。
ぱりぱり芋は他にはないオリジナルで、こちらはわざわざ買いに寄るのもありかも。

店舗情報&MAP

<店舗情報>
芋ちゅう
住所:愛知県知多郡武豊町字下田18(google mapで見る
電話:0569-72-1388
営業時間:9:00~18:30
定休日:火曜日
駐車場:有
食べログで口コミを見る

※ この記事は2019年3月時点の情報です。

コメントを残す