名古屋レトロ喫茶店巡り

北区『ダンカン』思い出の詰まった個性あふれるレトロ喫茶店でモーニング!テーブル選びも楽しいよ

Instagramのフォロワーさんのpicを見て「絶対行きたいっ!」と思っていた昭和純喫茶にやっと行けました。

ガラスのテーブルにオブジェを詰め込んだ個性的すぎる喫茶店、アクが強い店主がいるのかな~とか色々と妄想しつつ、大曽根駅から足取り軽く到着。

創業当時からほとんど変えてないという昭和感あふれる店内、物が溢れているようで統一感のある不思議な魅力的なお店だったのでした。

お店の場所は?

お店の場所は大曽根駅から徒歩3分ほど、大通りを中にはいった静かな場所です。

「カフェ・ド ダンカン」と書かれた看板の上には回転灯、赤は珍しいですね。

こちらも昭和喫茶店”あるある”のグリーンに隠れた看板。

少し開いたドアが奥にあり、こちらが入口かと思ったのですが鎖がかかってました。

どうやら昔はこちらが扉だったそうで、「ダンカン」と書かれたプレートも味わい深く立派です。

扉を開けるとまずお迎えしてくれるのがこちらのシェフ。

店内は木の温もりのある落ち着いた雰囲気、煉瓦が上手に使ってあります。

入店時に入口の扉だけ妙に新しく違和感あったのですが、扉の位置を変更したと聞いて納得。

 

事前チェックで惹かれた個性的なテーブル、思い出の品などをオーナー自ら飾りつけしたものでオープン当時からほぼそのままなんだとか。

壁に飾られた写真や絵画、ナンバープレート。

ご自分で海外へ行かれた時に買って帰ったり、海外に在住していた娘さんが送ってくれたり、お客さんのいただきものだったり。 一つづつに思い入れがあるんだそう。

キッチンはグリーンのタイル、はめ込み式の棚が昭和ですね。

メニューの種類と値段

モーニングサービスは11時まで、ドリンク代のみで「トーストと玉子」がつきます。

コーヒーや紅茶は350円昭和プライス。

こちらがお店のスペシャリテ、鉄板スパやオムライスなど喫茶店定番メニューの他に丼ものやうどんなど定食も。

  • 納豆定食・・650円
  • めんたい定食・・650円
  • オムライス・・650円
  • チキンバスケット・・580円
  • 鉄板スパゲッティ・・700円
  • 鉄板ハンバーグ・・780円

レモンスカッシュ 400円

オムライスとか食べたかったんだけど、大曽根駅ミュープラットにこの日オープンしたカフェザラメでモーニングしてきた後だったので『レモンスカッシュ』(400円税込)を。

炭酸キツめで好みの味、厚切りカットのレモンは冷凍してあり冷たくていい感じ。シロップがついてきました。

11時前だったのでちゃっかり2回目のモーニング。

なんとゆで卵ではなく目玉焼き! お箸なのも嬉しいですよね。 黄身がトロトロのでトーストとよく合います。

前身は和菓子屋さん

並んでいた写真の中に白黒の懐かしい風景を発見! 喫茶店の前はたい焼きなんかを販売する和菓子屋だったんだとか。 貴重な写真ですよね。

喫茶店としてオープンしてからは40年以上になるそうですよ。

座った席に飾られていた仮面舞踏会みたいなお面は”ホンモノ”のベネチアンガラスだそう。 確かにとっても素敵でしたが、思い出に”ホンモノ”も”ニセモノ”もありませんよね。

さいごに

山小屋みたいなこじゃれたランプ、これもオープンから大事に使っているオーナーの「お気に入り」。

脈絡のないオブジェも、それぞれにオーナーの思い出がつまってるんですね。

お話を伺いながら、このお店自体が宝箱なんだろうな~と温かい気持ちでお店を後にしたのでした。

店舗情報&MAP

<店舗情報>
ダンカン 
住所:愛知県名古屋市東区矢田1-7-19(google mapで見る
アクセス:地下鉄・名鉄瀬戸線 大曽根駅から徒歩3分ほど
電話:
営業時間:9:00~15:00
定休日:日曜日
喫煙・禁煙:全面禁煙
座席数:
駐車場:無(近隣にコインパーキング有)
食べログで口コミを見る

※ 記事の情報は公開日月時点のものです。

コメントを残す