伊勢名物『赤福朔日餅』一年分を総まとめ!立春大福から雪餅まで一挙紹介

スポンサーリンク



このブログも開設から一年めぐりました。
いつもごご訪問いただいていらっしゃる皆さん、本当にありがとうございます。
伊勢神宮の本店では何時間もの長い行列が出来る、一年に一度しか買えない『朔日餅』を1年分ご紹介します。ー

 

伊勢神宮には昔から毎月一日には早起きをして神宮へ参拝する「朔日(ついたち)参りというならわしがあります。
無事に過ごせた一ヶ月を感謝し、また新しい月の無事を願ってお参りに赴きます。
そのため毎月一日はおはらい町やおかげ横丁は朝早くからお店をあけて賑わいます。

「朔日餅」昭和53年から元日を除く毎月朔日(ついたち)に季節に合わせた餅菓子を販売するようになったそうです。
他のお店も参拝が始まる5時からお店をあけて「朔日がゆ」などを用意し参拝客を迎えてくれます。
そんなおもてなしの心から生まれた「朔日餅」をご紹介しましょう。

2月は立春大福餅

2月の朔日もちは「立春大福」です。
なんとも目出度い名前のついた朔日餅は贅沢に2種類入っています。
「火の用心」のお札もついてきて、昔の風情を思わせます。

赤福2月の朔日餅はきなこと白の豆大福「立春大福餅」

3月/よもぎ餅

3月の朔日餅はよもぎ餅です。
よもぎの香が春の訪れを感じさせる和菓子です。

赤福3月の朔日餅は春が香る「よもぎ餅」

4月/さくら餅

4月の朔日餅は「さくら餅」です。
塩気のきいた桜の葉とこしあんが絶妙においしい春を代表する和菓子ですよね。

赤福4月の朔日餅『さくら餅』道明寺で作ったもっちり味が最高

5月/かしわ餅

5月の朔日餅は「かしわ餅」です。
ぷるんとしたお餅がおおきなかしわの葉に包まれたかしわ餅は端午の節句にかかせない和菓子ですね。

赤福5月の朔日餅『かしわ餅』もっちり皮と上品なこしあん

6月/麦手餅

6月の朔日餅は「麦手餅」。
麦の粉をまぶした素朴な味わいの和菓子です。
一緒に入っている「麦粉」で懐かしい麦かきを味わえます。

赤福6月の朔日餅『麦手餅』香ばしい麦の香かおる素朴な素朴さがたまらない

7月/竹流し

7月の朔日餅は竹流しです。
竹筒に水ようかんを流し込んだ風流な和菓子です。
水ようかんに竹の香がほんのりと染み込んで味わい深いのです。

赤福7月の朔日餅は見ためも涼しげな”竹流し”

8月/八朔粟餅

8月の朔日餅は「八朔粟餅」です。
一見は普通の赤福と変わりませんが、中のお餅は粟をこしあんには黒糖を使っています。
こちらも素朴な味わいです。

赤福8月の朔日餅『八朔粟餅』粟餅にコクのある黒糖こしあんが絶品

9月/萩の餅

9月の朔日餅は「萩の餅」です。
お萩ですね。
塩味が効いた粒あんがおいしいです。

赤福9月の朔日餅はほんのり塩味のきいた”萩の餅”

10月/栗餅

10月の朔日餅は栗餅です。
形を残したもち米で栗の甘露煮をくるんでいます。
あんも栗あん、上には栗のトッピングと栗づくしの贅沢なお餅なのです。

赤福10月の朔日餅は栗をまるごと一つ包んだ「栗餅」

11月/えびす餅

11月の朔日餅は「えびす餅」です。
こちらもめでたい名前で柚子と黒糖の2種類の味が楽しめます。
商売繁盛と開運招福を祈願する縁起物の和菓子なのでぜひ食べてみてくださいね。

赤福11月の朔日餅”ゑびす餅”は柚子と黒糖2つの味を楽しめます

12月/雪餅

12月の朔日餅は「雪餅」です。
大地に見たてたお餅に雪を降らせています。
毎年一緒にいただける「火の用心」のお札が風情があります。

赤福12月の朔日餅は雪化粧をしたもっちり食感の『雪餅』

まとめ

赤福さんが通年販売している和菓子は「赤福」だけ。
他には「赤福ぜんざい」、暑くなると「赤福氷」(伊勢の店舗のみ冷やしぜんざい)があるだけです。
そのため毎月1日だけに販売される季節の和菓子は特別感があり、早朝から長い行列ができるんでしょう。
赤福さんったら商売上手ですね(笑)。

それぞれの月の伊勢千代紙の包装紙もどれも風情があって楽しめますよ。
見ても食べても季節を感じられるのは嬉しいですね。