保存版【赤福朔日餅まとめ】一番人気はどの朔日餅?ジェイアール名古屋タカシマヤの予約方法




大人気の赤福朔日餅(ついたちもち)。1月を除き2月~12月まで毎月違ったお餅を楽しむことができるんです。
伊勢本店に早朝から並ぶ姿がすっかり有名になってしまいましたが、関西・東海エリアではデパ地下で予約も可能なんですよ。

じゅのも毎月の楽しみとしてジェイアール名古屋タカシマヤで予約をしています。
お饅頭もおいしくて楽しみですが、それぞれ季節に合わせて包まれた美しい伊勢千代紙も見どころです。
ジェイアール名古屋タカシマヤでの予約の仕方も合わせてご紹介しますね。

 

 

朔日餅とは?

伊勢神宮には昔から毎月一日には早起きをして神宮へ参拝する「朔日(ついたち)参り」というならわしがあります。
無事に過ごせた一ヶ月を感謝し、また新しい月の無事を願ってお参りに赴きます。
そのため毎月一日はおはらい町やおかげ横丁は朝早くからお店をあけて賑わいます。

「朔日餅」昭和53年から元日を除く毎月朔日(ついたち)に季節に合わせた餅菓子を販売するようになったそうです。
他のお店も参拝が始まる5時からお店をあけて「朔日がゆ」などを用意し参拝客を迎えてくれます。

朔日餅まとめ

そんなおもてなしの心から生まれた「朔日餅」を風情ある伊勢千代紙とご紹介しましょう。

2月の朔日餅はめでたい「立春大福餅」

2月の朔日もちは「立春大福」です。
梅とうぐいすなど春の芽吹が描かれた素敵な伊勢千代紙に包まれています。

なんとも目出度い名前のついた朔日餅は贅沢に2種類入っています。
「火の用心」のお札もついてきて、昔の風情を思わせます。
6個入りで740円(税込)

赤福・2月の朔日餅『立春大福餅』きなこと白の豆大福のおめでたいお餅

2017.02.02

3月の朔日餅は春が香る「よもぎ餅」

3月の朔日餅はよもぎ餅です。
残念ながら柄が綺麗に出てませんが、お内裏様とお雛様の紙雛が描かれた伊勢千代紙、色合いも春らしくて素敵。

よもぎの香が春の訪れを感じさせる和菓子です、中は粒あん。
価格は6個入り620円、10個入り1,030円。

赤福朔日餅『3月はよもぎ餅』春が香るよもぎの中は粒あん

2017.03.02

4月の朔日餅は道明寺のもっちり感「さくら餅」

4月の朔日餅は「さくら餅」、春らしい桜の花の包装紙です。

塩気のきいた桜の葉とこしあんが絶妙においしい春を代表する和菓子ですよね。
お値段は6個入り740円(税込)、10個入り1,240円(税込)。

赤福朔日餅『4月はさくら餅』道明寺で作ったもっちり味が最高

2016.04.01

5月の朔日餅は五月節句にかかせない「かしわ餅」

5月の朔日餅は「かしわ餅」、包装紙は菖蒲「あやめ」です。

ぷるんとしたお餅がおおきなかしわの葉に包まれたかしわ餅は端午の節句にかかせない和菓子ですね。

赤福・5月の朔日餅は『かしわ餅』もっちり皮と上品なこしあん

2016.05.01

6月の朔日餅は素朴な味わい「麦手餅」

6月の朔日餅は「麦手餅」、力強い麦の穂の伊勢千代紙です。

麦の粉をまぶした素朴な味わいの和菓子、箱の中に一緒に入っている「麦粉」で懐かしい麦かきを味わえます。
お値段は6個入り620円(税込)、10個入り1,030円(税込)。

赤福朔日餅『6月は麦手餅』香ばしい麦の素朴さがたまらない

2016.06.01

7月の朔日餅は竹の香る「竹流し」

7月の朔日餅は「竹流し」包装紙は”笹舟”、風情がありますね。

竹筒に水ようかんを流し込んだ風流な和菓子、水ようかんに竹の香がほんのりと染み込んで味わい深いのです。
お値段は5個入り780円、10個入り1,550円。

赤福・7月の朔日餅は『竹流し』見た目も涼やかな青竹の香りの水ようかん

2016.07.02

赤福7月朔日餅の大きな竹に詰まった「竹流し特大」はインパクトも特大

2017.07.02

8月の朔日餅は粟餅と黒糖あん「八朔粟餅」

8月の朔日餅は「八朔粟餅」、大きく実って頭(こうべ)が垂れた麦の穂の包装紙です。

一見は普通の赤福と変わりませんが、中のお餅は粟をこしあんには黒糖を使っており素朴な味わいです。
お値段は8個入り720円(税込)、12個入り1,030円(税込)です。

赤福・8月の朔日餅は『八朔粟餅』粟餅にコクのある黒糖こしあんがたまらない

2016.08.02

9月は塩のきいた粒あんがうまい「萩の餅」

9月の朔日餅は「萩の餅」、萩の枝の包装紙です。

いわゆる”おはぎ”ですね、塩味が効いた粒あんがおいしいです。
お値段は6個入り740円(税込)、10個入り1,240円(税込)。

赤福・9月の朔日餅は『萩の餅』塩味がきいた粒あんがうまいおはぎ

2016.09.02

10月:栗尽くしの「栗餅」

10月の朔日餅は「栗餅」、かわいい栗の包装紙です。

形を残したもち米で栗の甘露煮をくるみ、さらに中のあんも栗あん、上には栗のトッピングと栗づくしの贅沢なお餅なのです。
お値段は6個入り930円(税込)、10個入り1,350円(税込)。

赤福・10月の朔日餅【栗餅】栗をまるごと一つ包んだ栗づくしのおはぎ風

2016.10.02

11月の朔日餅は柚子と黒糖香る「ゑびす餅」

11月の朔日餅は「ゑびす餅」、お祭りの絵柄かな?

こちらもめでたい名前で柚子と黒糖の2種類の味が楽しめます。
商売繁盛と開運招福を祈願する縁起物の和菓子なのでぜひ食べてみてくださいね。

お値段は6個入り740円(税込)、10個入り1,240円(税込)。

赤福・11月の朔日餅『ゑびす餅』は柚子と黒糖2つの味を楽しめて超お得!

2016.11.02

12月の朔日餅は雪をかぶった「雪餅」

12月の朔日餅は「雪餅」です。

大地に見たてたお餅に雪を降らせています。
毎年一緒にいただける「火の用心」のお札が風情があります。
お値段は6個入り620円(税込)、10個入り1,030円(税込)。

赤福・12月の朔日餅は『雪餅』大地の色に雪化粧をしたもっちり大福

2016.12.02

ジェイアール名古屋タカシマヤ他名古屋での予約方法

伊勢の赤福では夜中から行列のできる「朔日餅」、実はジェイアール名古屋タカシマヤ、松坂屋名古屋店、三越名古屋店の地下食品フロアにある「赤福」で予約で確実に手に入れることができるんですよ。

予約方法

赤福の店舗で予約券に名前と電話番号を記入し「予約引換券」を受け取ます。電話予約は不可。
予約券がないと引き換えできないのでご注意を、支払いは代金と引き換えになります。

毎月一日に朔日餅を受け取りに行くと、順番待ちをしている間に予約を聞きに店員さんが回ってくれます。
ついつい翌月分も予約をするのでエンドレスですね(笑)

予約受付期間

販売月の前日1日~(2月のみ前々月12月~)。
だいたい20日頃までは受付してくれますが、7月の「竹流し」など、人気の月は早めに〆切りますのでご注意くださいね。

購入場所

受取場所は予約時に説明があります(たまに変わるので)

商品お渡し時間

正午~午後6時の間に受け取りに行きましょう。
午後6時に間に合わない場合は、電話を入れておくと取っておいてくれます。

予約なしでの当日販売

数に余裕があれば1時から予約券なしでの販売もしていますが、販売開始の1時前から行列ができます。
また人気の七月「竹流し」など当日販売がない場合もあります。

また各店舗で6時以降から受取にこなかった残り分を販売しています。
*予約の受取りが6時以降になる場合は店舗に連絡をすると取り置いてくれます。

 

まとめ

赤福さんが通年販売している和菓子は「赤福」だけ。
他には「赤福ぜんざい」、暑くなると「赤福氷」(伊勢の店舗のみ冷やしぜんざい)があるだけです。
そのため毎月1日だけに販売される季節の和菓子は特別感があり、早朝から長い行列ができるんでしょう。
赤福さんったら商売上手ですね(笑)。

それぞれの月の伊勢千代紙の包装紙もどれも風情があって楽しめますよ。
見ても食べても季節を感じられるのは嬉しいですね。

さいごに

さて、一番人気の朔日餅はどれだと思いますか?7月の「竹流し」なんです。
最近では”本物の竹”を使った水ようかんも、なかなお目にかかれなくなってしまいました。
それがお値打ち価格で手に入るのですから、行列に並んでも欲しくなりますよね。

竹の数も限られるため、この月だけは早めに予約をすることをおすすめします。
予約を締め切った後だと1年待たないといけませんよ。

2018年7月に赤福から新発売になる4色の赤福が入った「いすず野あそび餅」の予約方法はこちら↓

赤福新商品【いすず野あそび餅】予約は?抽選申込方法は?当日買える?ガラケーでも大丈夫?

2018.06.29